フィリピンの駐在妻、マニラの駐在妻!マニラ駐在のコンドミニアムのおすすめ。子供、子連れの駐在妻は?


 

フィリピンの駐在妻は、自分の周りでは

少なくとも日本よりも楽しく暮らし、ストレスのない

子育てを楽しんでいます。

 

 

フィリピン在住者による現地情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンで駐在妻を

しなければいけなくなったとしたら、

色々不安がありますよね。

 

 

そこでここでは、フィリピンに駐在する時の

おすすめのコンドミニアムや、

子連れでも安全かどうかなどについて説明します。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンの駐在妻、マニラの駐在妻のコンドミニアムの探し方。駐在員の給料などをブログで紹介

 

日本国内の出張だと、会社がアパートやマンションなど

住む場所まで指定してくれる事が多いですが、

フィリピンへの駐在になった場合はそうはいきません。

 

フィリピンに駐在する事になった場合、

なんと自分で住む場所を

見つけないといけないのです。

 

 

さて、フィリピンの駐在妻としては

できるだけ安全で便利な場所に

住みたいですよね。

 

フィリピンに住むなら形態としては

まずコンドミニアム一択ですが、

場所はどうでしょうか。

 

 

フィリピンで治安が良いのは

まず一番の都会であるマニラ。

 

そしてビジネスビルが並ぶ

マカティやロックウェルが

おすすめです。

 

 

特にマニラは買い物が便利なので、

マニラで駐在妻をしている

日本人女性は多いです。

 

また、マニラ駐在する人が多いので

コンドミニアムもたくさん建てられており、

選択肢も多いのでそこから選ぶのは楽しいです。

 

 

ちなみにフィリピン駐在員の

給料はピンキリですが、

個人の家賃負担は0の所がほとんどです。

 

ですから自分が良いなと

思ったところを優先して選びましょう。

 

 

加えてフィリピンは物価が安いので、

貯金をするにはもってこいの国です。

 

 

参考に、マニラで駐在している人の

ブログを紹介します。

 

 

「アラサー独女バリキャリ海外駐在中@マニラ」

 

日本で暮らしていると海外の生活は

中々イメージしにくいですが、このような個人ブログを読むと

何が便利で何が不便なのかも分かるようになります。

 

 

「なぜマニラ駐在妻生活で、心が重く苦しかったのか考えてみた」

 

また、こちらのブログでは

フィリピンの駐在妻生活で辛かった事が

素直に書かれています。

 

 

現地に行ってショックを受けないように、

ある程度勉強してから行くのがおすすめです。

 

 

フィリピンは光と陰がハッキリとしている国です。

 

都会は日本のように栄えていますが、

そこから少し離れると物乞いがいたりバラック家屋が

立ち並んでいたりと、悲しい現実がすぐ傍にあります。

 

 

ぜひそのあたりも理解した上で、

駐在しましょう。

 

 

 

フィリピンへ子連れで駐在。フィリピン駐在員の給料や子供との生活をブログでチェック

 

夫婦でフィリピンに駐在するのはまだいいとして、

子供を連れていくとなると違った心配もありますよね。

 

また子連れとなるとさらに経費がかかりますが、

子連れだとフィリピン駐在員の給料は

増えたりするのでしょうか。

 

 

フィリピンへ子供を連れていく場合、

手当が付与される事がほとんどです。

 

だからお金面は心配しなくて大丈夫です。

 

実際、英語教育を施すために

フィリピンに敢えて子連れで

駐在している人も多いくらいです。

 

 

基本的に駐在期間は3年~5年ほどで終了しますが、

フィリピンに駐在している子供は

その間で英語を話せるようになります。

 

子供をフィリピンに連れていくのを迷っている人は、

子連れのフィリピン駐在ブログを

読んでみるのをオススメします。

 

 

そこには、フィリピンでの子供との過ごし方や

子供の成長などが記録されているので

かなり参考になります。

 

おすすめのフィリピン駐在ブログはコチラです。

 

 

「子連れでマニラに住んでみる」

 

「アキラ海外ブログ」

 

 

 

まとめ。フィリピンの駐在妻について

 

フィリピンで駐在妻生活をする場合、

住む場所はマニラやマカティ、

ロックウェルなどがおすすめです。

 

 

また子供の英語教育になるので、

母子で日本に残るのではなく

子供も連れていくという選択肢もあります。

 

 

どっちが良いか迷った場合は、

ぜひ先に駐在生活を行った先輩たちの

ブログを読んでみる事をおすすめします。

 

 

セブでよく遊ぶ越永。

自分と同じく、温泉やマッサージが大好きです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

自分の中から無邪気が無くなってしまったあなたへ。

 

コンサルで子供の時のような好奇心を取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授