日本人が最も取りやすく強力な永住ビザとは?

日本以外に永住ビザを取りたいと

考えたことはあるだろうか?

俺自身もそうだったように、日本という閉塞感に満たされた

国で先行きに不安を感じ、他の国に将来の居場所を確保したい

という自然な発想を持つ日本人が増えている。

ここでは移住者の立場で永住ビザのメリットと、

日本人が取りやすい永住ビザを語ってみたい。

永住ビザのメリット

まずは当然ながら、このビザがあれば好きなだけ

その国にいられ、日本と同じように永住できるということ。

例えばこのフィリピンでは、ビザなしもしくは観光ビザで

入国する際、その時点で出国のためのチケットを

あらかじめ用意しておく必要がある。

永住ビザがあればこのような面倒な準備の必要もなく、

また現地でのこまめなビザの延長手続きも不要になる。

さらに現地で仕事する場合には当然、永住ビザがあると

就職が有利に。これは就学の場合も同様だ。

そしてこのビザがあれば、現地人と同様の福祉サービス

享受が永住者にも認められる。国によってはこのメリットは大きい。

最も強力な永住ビザは、フィリピンのクオータビザ

30497556253_e494f031f4_b

永住ビザについては、日本よりも安全で綺麗といわれる

シンガポールはすでに取得条件のハードルが高く、これは

ヨーロッパやオーストラリア、アメリカなども同様。

そしてこのビザは人気のマレーシアも資産条件が

上がりつつあり、永住希望者にとっては残念なニュースが多い昨今。

そんな中、フィリピンのクオータビザはその取得の容易さ、

権利の強さで異彩を放つ世界有数の永住権。

俺が移住したこのフィリピンでは日本人に様々なビザが

認められており、長期滞在や永住にかなり向いた国。

ただし本当の意味での安定した永住ビザといえば

リタイアメントビザ、そしてこのクオータビザになる。

日本人で現地に住んでいる人はフィリピーナと結婚して

いるケースも多いが、結婚ビザは最悪離婚したら

永住権は当然なくなるので(笑)。

このクオータビザには、取得条件の容易さや権利の強さという点で

世界の永住権と比べても大きなメリットがある。

年齢に関係なく、約500万円をフィリピン政府の指定する

銀行に入れて手続きを踏めば、クオータビザ取得後は

そのお金はあなたが自由に使える

しかも年間のリニューアル費用は

たったの700円程度

フィリピンのリタイアメントビザを

永住のために検討する人も多いが・・・

200万円や500万円のお金をビザ取得後も自由に使うことが

できないので、実質その金額を支払ってビザを買うような形になり

永住者にとってメリットが大きいとはいえない。

いずれにせよ、永住ビザによって

こんな美しい世界があなたの身近になる。

「日本から海外に移住したいんですが、

ビザのことが分からないので教えてもらえますか?

フィリピンなら数百円ですか?」

移住とビザのことを

テツに教えるのは時間がかかる・・・

そう直感的に悟った俺は(笑)、ちょうど考えていた

一時帰国の予定を早めて彼と会うことにした。

移住とビザ

そもそも海外移住をしたいと思った時、国際結婚や

現地に駐在員として働く予定がなければ、永住向けを含め

ビザについては自分で準備する必要がある。

まずは、各国の在日大使館に申請して容易に

取得できる観光ビザか、国によって認められている

ビザなしでの入国

日本人のパスポートは世界的にも信頼が高く、ビザなしで

これだけ多くの国に入国できるパスポートは他に類を見ない。

俺がフィリピンに移住後永住ビザを取るまでそうしていたように、

現地で延長の手続きをすれば長期滞在することが可能。

もちろん条件は国によって異なるが。

一方で、あなたが上記以外で移住する場合には、学生ビザ・

就労ビザ・永住ビザなど様々な種類があり、国によって全く違ってくる。

移住して働くための就労ビザの場合は取得方法が多岐に

わたるため、それぞれの国について事前に調べておきたい。

また移住後に働きたいとしても、就労ビザだけで大丈夫な

国もあれば、別に労働許可証が必要な国もあるので注意。

労働許可証が必要な時は、その条件下での就労となる。

自由度の点では、移住後一定期間内なら何度でも出入国できる

マルチプルビザと、1回だけのシングルビザの2種類。

移住ならやはり、安定する永住ビザ

29845165412_a6a8b0c999_b

移住するなら永住ビザ。

これは俺自身が実感する。

なんといっても魅力的なのは、永住ビザによって

その国の社会保障が受けられること。

これは国によるが、例えばオーストラリアの場合は

オーストラリア国民と同等に、年金や医療保険などの

サービスを受ける権利がある。

そして現地企業が永住ビザを持っている外国人を

優遇するため、就職に有利。国によるが、さっき語ったように

永住権があればそのまま仕事ができるところも多い。

学校で勉強する際にも、

永住ビザがあると割引になるケースも。

何より、移住後ビザに関する

面倒な手続きが不要になることは

永住者にとって助かる。

フィリピンの場合は、延長すれば

かなりの長期間観光ビザだけで住めるが・・・

何しろ何度もイミグレーションに行くのが煩雑。

そして1回の更新料は数千円でも、回数が続くとバカにならない。

入国拒否や強制送還リスクがないことも安心。

観光ビザだけを延長しながら出入国を繰り返していて、

観光目的ではないとみなされ強制送還された事例も。

こういったことが永住権によってなくなる。

現地の人と結婚する予定がない限り、日本人が

現実的に取れる永住ビザとしては、やはりマレーシアとフィリピン。

マレーシアの場合はMM2H。50歳未満の場合は

約1,500万円以上の資産を保有し、約900万円の

定期預金をマレーシア国内で組むことで取得可能。

現在マレーシアでは、この条件が

厳格化される方向で動いている。

コメント

  1. きいおみ より:

    永住ビザほしいなん。参考にして・・・
    >>どこにいても、そして安定させれば
    自動的な収入になるWebビジネスの入り口として
    ほとんど文章がいらない
    というハードルを下げた手法を
    今回ご紹介した。
    とはいうものの・・・
    毎月のより大きな収入を求めるなら、
    ブログやメルマガと組み合わせるほうが
    効果が大きいのは当然のこと。
    そこで、今回特別に
    Another Project
    (主にGoogle Adsenseで稼ぐ方法)
    Project of Life
    (ブログとメルマガを組み合わせ、
    さらに収入を大きくする方法)
    のメンバーを限定募集。

  2. みーあきゃっと より:

    フィリピンのクオータビザ良さそうですね。結婚ビザは離婚したらなくなってしまうんですね。初めて知りました(笑)500万入れておくだけで自由に使っていいなんてすごくいいですね。

  3. makostyle より:

    まず永住ビザなど取得がとても難しいもので、とても一般庶民の私のようなものでは取得できるものではないと思っていました。シンガポールなどは魅力的ですがもう相当困難なのですね。フィリピンのクオータビザなら頑張ったら取れるかな?

  4. ユウゾラ より:

    やはり欧米などで永住ビザの取得は、私にはまず無理ですね。マレーシアでも資産条件が上がっているとのことですので、これも現状無理です。でも憧れますよね。欧米は無理でも英語が普通に通じるフィリピンという手もありですね!

  5. ひで より:

    現地で就労するなら永住ビザが欲しいですね。近年ではテロや難民の増加で欧米を中心に審査が厳しくなっています。フィリピンは比較的取得しやすいと聞いていましたが、なるほどクオータビザですか参考になりました。

  6. ニック肉食 より:

    クオータビザという方法があるんですね。あまり永住について考えた事がなかったので、(旅行はよく考えるんですが)そんな方法があると初めて知りました。

  7. あい より:

    ビザって期限があるし
    取得するのにも色んな手続きがあって
    なんか難しそうと思っていました。
    海外に行った事がないので
    まずはパスポートから!

  8. toki より:

    フィリピンのクオータビザはユニークというか、興味あるシステムですね。しかし、もし私が取りたいのは永住ビザです。オーストラリアは理想的ですね。昔は白人しか取れなっかのですが。