タホがファミマで!フィリピンと日本のレシピや作り方…スイーツのタホの値段は?東京・大阪・名古屋など


 

タホをファミマで買えるのですが、

ミニストップのハロハロといい・・・

 

意外なところでフィリピンスイーツが採用されますね(笑)。

 

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンの「タホ」をご存じでしょうか。

 

 

フィリピンでは定番のスイーツですが、

これが日本のファミマでも

買えるようになりました。

 

その値段、日本の専門店の

情報もお知らせします。

 

 

 

スポンサードリンク

タホがコンビニのファミマで!フィリピンと日本のタホは違う?レシピや作り方、値段は…

 

タホがファミマで買えるように

なったということです。

 

タホというフィリピンの定番スイーツは、

日本ではまだ知らない人も

多いのではないでしょうか。

 

 

タホはフィリピンでは

ハロハロと並んで人気のスイーツなので、

日本でもヒットするのではないでしょうか。

 

 

2019年、日本では

タピオカミルクティーが大ヒットしました。

 

ブームも落ち着いてきたようですが、

次にヒットするスイーツとして

タホも候補に挙がっています。

 

 

タホのレシピやルーツを

簡単に説明します。

 

 

タホのルーツは中国で、

中国から伝わった豆腐が

もとになっています。

 

 

フィリピンは、もともと植民地であった

スペインの影響を受けた料理、文化があるのですが、

それより前に中国のから伝わった豆腐がもとになっています。

 

フィリピン人は甘いものが非常に好きなので、

ここでどんどん甘くなっていったのでしょう。

 

 

タホは、日本の絹ごし豆腐のような

滑らかな豆腐を温めて、タピオカのような「サゴ」と

黒蜜をかけて食べるシンプルなスイーツです。

 

日本でタホを作るなら、

絹ごし豆腐とタピオカを

代用しても問題ないです。

 

 

甘いものですが、

フィリピンでは朝食にすることも多く、

定番中の定番と言ってもよい食べ物です。

 

街中ではタホ売りのおじさんを

見かけることも多いです。

 

温かいスイーツというのも

これまでありそうでなかった

感じがして魅力的です。

 

 

原料は豆腐なので栄養価があり、

なによりヘルシーです。

 

健康に気をつかう人や

冷たいものが苦手な人にも

嬉しいスイーツだと言えます。

 

 

豆腐を温めて甘くして食べるということに

抵抗がある人もいるかもしれませんが、

豆乳を使ったスイーツはたくさんあります。

 

豆乳プリンなどを想像してみると

分かりやすいです。

 

 

実際にファミマのタホは

「飲む豆乳プリン」という

商品名で売られています。

 

日本人が味を想像しやすい

ネーミングで安心感があります。

 

 

豆乳が苦手な人には

受け入れられないかもしれませんが、

豆乳好きには嬉しいスイーツです。

 

 

フィリピンではタホの値段は

約20ペソ、日本円で約45円です。

 

現地ではこの値段ですが、

日本のファミマでは258円です。

 

 

比べてしまうと高額だと感じますが、

タピオカミルクティーと比べると安価ですし、

日本でのスイーツ代だと思えば妥当ではないでしょうか。

 

 

 

フィリピンのスイーツやデザートのタホ専門店は?東京・大阪・名古屋など日本のタホが食べられる店をご紹介

 

タホはフィリピンの定番スイーツですが、

東京の高円寺駅前の「303 mAtcHa LaB」

というスイーツ専門店で買うことが出来ます。

 

珍しい抹茶味のタホもあるということなので、

自分も非常に興味があります。

 

 

タホというフィリピンのスイーツが

食べられる大阪の専門店は見つかりません。

 

ですが、フィリピン料理が

楽しめる店はあるので、

今後増えるのではないでしょうか。

 

 

タホが食べられる

フィリピン料理の店は、

名古屋の大須にあります。

 

 

フィリピン専門スイーツ店「LA MERIENDA HALO」には、

ハロハロやウベという紫芋を使ったソフトクリームなど

フィリピンのスイーツが数多くあります。

 

ここのタホは新しいスイーツとして

少しずつ人気が出ています。

 

 

タホというフィリピンの定番スイーツが

日本で手軽に食べられるようになりました。

 

ファミマでも発売されたことにより、

タホの専門店も話題になり、フィリピンスイーツの

人気がますます高まる予感がします。

 

 

 

まとめ。タホをファミマで!

 

フィリピンでタホを食べたことがある自分には、

ファミマのタホは別物と感じる可能性は高いですが、

日本人好みにアレンジしてあるはずなので興味深いです。

 

タホは、タピオカに続くブームになるかもしれません。

 

 

タホにとにかく目がない安広。

自分と同じくフェミニストです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

チャレンジする機会がほしいあなたへ。

 

コンサルを受けて好奇心旺盛な若い心を取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授