冷凍うにの解凍!冷凍ウニの解凍の仕方…急ぎのうに解凍の仕方(解凍方法)、解凍後の塩水や賞味期限、レンジなど

スポンサードリンク


おそらく、あなたも大好きな「うに」。

今では年中いつでも美味しく頂ける食材ですが、

冷凍や解凍の仕方によっては味が台無しになることも。

 

うにをいざお家で調理する際、

やはり生もので長持ちしないので、

早く使い切らなくてはならないのが難点ですよね。

いただいたりしてもその日に使う予定にないと、

嬉しいながら困ってしまうと思います。

そこで今回は、うにをお家で長く保存することが出来るのか

冷凍うにの解凍の仕方や解凍後、塩水などについて

お伝えしたいと思います。

生のうにを冷凍・解凍するならこの方法で…繊細な風味を残すテク

うには家庭用冷凍庫で冷凍にすると組織が壊れやすく

美味しくいただくにはなかなか難しいかもしれません。

それでもウニを冷凍する場合は急速冷凍に近い方が良いので、

あらかじめ冷凍庫に金属のバットを入れて、

カチカチに冷やしておきましょう

そのよく冷えた金属バットを使用して、うには冷凍します。

うにの水分はしっかり取り除きましょう。

よく冷えたバットに薄く並べて冷凍しましょう。

解凍の際は袋に入れてしっかり空気を抜き、

氷水での流水解凍が良いです。

ですがあまり冷凍にむいてない事もあり、

解凍後にドロドロになってしまう場合もあります。

その時はクリームソースなどにして、

調理するのをおすすめします。

また急速冷凍であれば風味も残せますが、

まず家庭用の冷凍庫では難しいでしょう。

冷凍ウニの解凍の仕方…解凍にレンジは使える?うにの正しい解凍方法は?うに解凍の仕方

電子レンジを使ってのうにの解凍は、

生のうにの冷凍ですとあまりおすすめできません。

冷凍する前に蒸したりして、

調理した後の冷凍したうにでしたら、

冷蔵庫で解凍した後に、

電子レンジで温めて食べるということは出来ます。

解凍自体には電子レンジは使わない方が良いでしょう。

やはり解凍するなら、

流水解凍がおすすめです。

少し手間ではありますが、

まだ美味しく調理出来るぐらいに解凍出来ますよ。

冷凍うにの解凍の時間は?方法はじっくり?それとも素早く急ぎで?

冷凍したうにの解凍方法ですが、

ゆっくりと解凍していくのにはむきません。

ですが温めたりする短い時間での解凍も、

あまりおすすめできませんので、

流水解凍でそれなりの時間がかかってしまいます。

またすでに冷凍して販売されているものは、

半解凍ぐらいが良いようです。

うにの冷凍…冷凍ウニの解凍後の賞味期限はいつまで?やっぱりすぐ?

解凍した後のうにですが、

なるべく早く使ってしまいましょう。

解凍するだけで組織が壊れ風味がなくなってしまうので、

それから日が経つほど美味しさはなくなってしまいます。

使う分だけ解凍して早く使ってしまうのが、

美味しく頂けるでしょう。

塩水うには冷凍できる?間違わない保存方法とは?冷凍うにの解凍、塩水の場合

 

 

やはりりもともと冷凍がむいていないので、

塩水うにでもあまりおすすめできません。

 

少しでも長く保存する方法としましては、

塩水を捨てて醤油などで漬け込んでおくと、

多少の保存が効きます。

うにを冷凍すると味はどうなる?通販でも鮮度は保てる?

 

先程も書きましたとおりうにを冷凍してしまうと、

味が落ちてしまいます。

解凍後にドロドロになってしまったりしますので、

そのままで食べることはまず出来なくなってしまいますね。

味に伴い鮮度も残念ながら落ちてしまいます。

うには食べる分だけをよく見極めて購入したり、

もらった時もその日のうちか、

翌日には食べてしまう方が良いでしょう。

せっかくですから美味しくいただける方が良いですよね。

冷凍うにを解凍したものと塩水保存のものはどちらが美味しい?

 

冷凍うには解凍後にドロドロになってしまい、

風味を損なってしまいます。

塩水保存ですと味の前に、

菌の増殖が気になります。

これでは食べる以前の問題ですよね(笑)。

ですが塩水保存のうにも、

きちんと冷蔵庫に保存してさえいれば、

3日は保ちますので、

この内であれば

塩水保存したうにのほうが美味しくいただけます。

また先程書いたとおり、

塩水を捨てて醤油などで漬け込んでおけば、

もっと保存期間は延びますよ。

塩うにを解凍したら?風味を活かす食べ方ご紹介

塩うにの解凍後は生臭くなってしまいがちです。

なのでお酒をかけて焼きうににすると、

生臭さもなくなり美味しく頂けますよ!

生臭さもなくなれば、

風味を感じやすくなりますのでおすすめです。

 

うに(ウニ)の解凍…そもそも冷凍できるか。急速冷凍と解凍の方法

うには冷凍できるが、あまりお勧めはできないのです

家庭用冷蔵庫では冷凍に時間がかかるためにウニの

細胞組織がこわれてしまい

解凍したときにどろどろに溶けてしてしまうから

身くずれを防ぐために、

ウニを冷凍する前にブランチングという方法が。

生のうにを短時間さっと熱湯に

くぐらせて表面を固め殻を作るようにし、

解凍時に水分が出るのを防ぐのです。

最近はブランチング処理をした

うにも売られているので、それを使うのも一つの手。

冷凍するときのコツは、

加熱処理をして水分を飛ばしてから

冷凍すること。

ウニの内臓を取り除き耐熱容器に入れて蒸し、

フリーザーバッグに入れて冷凍する方法なら、簡単。

時間があればパスタソースにする

という方法も。

生のまま冷凍するのは

家庭では難しいが挑戦する場合の注意点は、

「急速凍結させること」。

急速凍結すれば、ウニの組織が壊れる

解凍しても味や風味が悪くならないのです。

詳しいやり方は次で説明します。

うに(ウニ)の冷凍方法。冷凍した後の保存、賞味期限は?塩水うにの賞味期限切れ

うにをおいしくいただくには、鮮度が重要

生のまま冷蔵保存が可能なのは、

業者から手元に届いた日や

もらった日から2、3日ほどですが、

殻付きの場合はより悪くなりやすいから、

冷蔵する場合でもすぐに殻から

取り出したほうがいいです。

うにをもらったらすぐに殻から外すことを鉄則に。

そして、賞味期限内であっても

鮮度が落ちれば味も悪くなるから、

できるだけ早く食べることが大切。

うにを冷凍した場合はいつまで食べられるのでしょう?

うにを冷凍できる期限を鮮魚の

プロに聞いてみると、最長1か月くらいということ。

でもやはり、ウニは冷凍には

あまり向かないから期限以内であっても

早く食べたほうがいいです。

ウニの甘さなどや風味が十分に味わえるのは、

新鮮なうちに食べてこそなのです。

うに(ウニ)の冷凍を解凍…解凍方法より重要な冷凍保存のコツ

うまく冷凍できれば、うまく解凍できて、

生臭くならず美味しくいただけます。

生のうにの冷凍保存方法を紹介。

まず、うにの水分をよくふき取ります。

その後、よく冷えた金属トレーの上に載せて冷凍。

コツは、急速凍結させるためできるだけ

厚みがないように並べること

うになど魚介類の冷凍技術は

日々進歩していますが、

うにに関しては技術に頼らず人の

知恵を利用するところも大きいんです。

素早く冷凍してうにの組織をこわさない

という注意点を守ることが、

美味しいうにを食べるためには必要。

うにの冷凍方法を紹介したが、

うにをネット販売する業者のサイトでは

うにの冷凍はできない、

控えたほうがいいと書かれていることが多いですね。

生を冷凍するのはできるだけ避けたほうがいいと言えます。

冷凍したうに(ウニ)を解凍する方法。冷凍うに(ウニ)の解凍時間は?冷凍ウニは解凍後すぐ食べる?

うにを冷凍した場合の解凍方法を紹介します。

まず業者から取り寄せた場合、

「自然解凍してください」と書かれていることが多いです。

その場合は冷蔵庫で自然解凍

解凍時間の目安は5時間ほどで、

半解凍の状態で止めることが

うまく解凍するためのコツ。

身くずれが防げて味が損なわれないからです。

自然解凍以外の方法も。

そう、氷水解凍。

海水と同じ3%の塩分濃度の

氷水に凍ったうにを入れて解凍。

半解凍で取り出すと身くずれしないのです。

解凍時間は冷蔵庫で自然解凍する場合

と同じで半日ほどですが、

外部の気温によって多少かわるかもしれません。

家庭用冷蔵庫で冷凍した場合は

業務用の冷凍とは違い、

たとえ半解凍で取り出しても

ドロドロに溶けだしてしまうことが考えられます。

注意点は、冷凍のやり方がよくないと

うまく解凍できないということ。

溶けだしてしまった場合はパスタソースにする、

臭う場合は酒をふりかけて蒸すなどの方法をとります。

解凍後は、当然ながらあまり時間を置かず

食べるようにしたいですね。

冷凍うに(ウニ)の解凍方法でよく聞かれる「うにの解凍はレンジもOK?」

レンジでうにを解凍できれば、

用意するものも特にないからとても便利だと思いますが、

たとえ優れた解凍機能があるレンジでも

残念ながら答えはNo

うにを扱うときの注意点として、

水分が多く細胞組織がこわれやすいから

長期の保存や冷凍には向かないということを

知っておいてもらいたいです。

レンジでの解凍が可能なのは、

水分の少ない市販の一般食品や調理済みの食品、

パンやうどん、ご飯など。

だから、生のうにではなく蒸しうにや

塩うになど火を通したものであれば

レンジで解凍できて味も変わらないです。

その場合は、どうしても熱の入りにムラができやすくなります。

できるだけ厚みや量を均一にして

レンジにかけることがうまく解凍するコツ。

自然解凍や氷水解凍は確かに時間がかかるが、

時間をかけてゆっくり解凍しなければ風味が失われてしまいます。

冷凍ウニ、解凍後のお楽しみ。冷凍うに(ウニ)の食べ方。うに(ウニ)の貝焼きなど、冷凍ならではのレシピや食べ方を紹介

うにの冷凍や冷蔵は、北海道や

東北のふるさと納税の返礼品として人気が高く、

自分で買わなくてももらう機会もあるかもしれません。

ウニは冷凍したまま料理に

使えることが多く、いろいろな食べ方が。

https://recipe.rakuten.co.jp/word/

冷凍ウニは、うにを冷凍し調理する

楽天の人気レシピを紹介するサイト。

誰でも簡単にすぐ作れるうにの貝焼きのレシピを紹介。

1.冷凍のうにを冷蔵庫で自然解凍する。5時間ほどで半解凍になればOK。

2.内臓を取り出し、殻に入れて500Wのレンジで30秒加熱する。

3.はしなどでうにに3か所ほど穴をあけてそこにだしじょうゆをたらす。

次に、身くずれしても作れるうにのパスタを紹介。

1.牛乳1/2カップをフライパンに入れて火にかけ中火で温める

2.冷凍うにを加えて沸騰したら弱火にして醤油小さじ1を加えて煮る。

  5分ほどしたら火を止める。

3.粗熱が取れたら玉子2個を割って加える。火にかけず混ぜる。

4.4にゆでたパスタを加える。さらに持って

  刻みのりや刻み大葉をトッピングする。

まとめ

 

うには寿司屋で生で食べるイメージを

持っている人が多いと思いますが、

たくさんもらったときなど冷凍してもいいのか?という疑問が。

冷凍は無理ではないが、

美味しく食べるために

注意しなければならないことがあります。

大切なコツを紹介してきました。

 

うにを冷凍するのはあまりおすすめできませんでした。

長期保存へのアドバイスにならず残念な気持ちです。

 

 

ファミリーレストランなどでも、

うにを使った料理を食べられるようになり、

少し前よりは食べる機会が増えたように思います。

和光に戻ると、

一番近い新倉のファミレスでうに料理を頼んでいるのは、

何を隠そうこの自分です(笑)。

少し前では私には、

気軽に手がとどくような食材ではないイメージでした。

これだけ気軽に食べられるようになったうにを、

お家で料理に活かす方も増えているのではないでしょうか。

生のうには、できるだけ新鮮なうちに

食べるのが一番おいしいが、

それができない場合は火を通して冷凍したほうがいいでしょう。

冷凍うには、和風、洋風いろいろな料理に使えますが、

それぞれの料理でウニの風味もかわるから、

ぜひそのバリエーションを楽しんでほしいです。

そんなうにも、冷蔵では何日か保ちますので、

その何日かで美味しく調理して頂きましょう。

スポンサードリンク



コメント

  1. るまんど より:

    ウニを冷凍にしたことはありませんが、解凍が難しそうなのは想像できます。
    ブランチングして急速冷凍すればよいのですね。
    でも冷凍にしないでできるだけ食べてしまうのがやっぱり一番ですよね。

  2. かな より:

    うにの冷凍は失敗すると大変なことになりそうなので勇気が入りますね、笑
    やはり生モノは新鮮なうちが1番ですね!

  3. さら より:

    ウニを冷凍、、、ですか、笑
    解凍が難しそうですし、お寿司もですが生物は新鮮さが一番ですよね、、興味はありますが、笑

  4. あや より:

    ウニ大好きですが、冷凍という発想は流石にありませんでした。使いたい時に解凍したりできれば1番いいですが、難しそうですね。

  5. なつ より:

    うにの冷凍は怖いです。お寿司全般新鮮なうちが1番ですよね。お腹を下すことを考えたら、無理してでも食べます!

  6. わかな より:

    うにの冷凍想像していませんでした。水分しっかり取らないと、冷凍焼けしてべちゃべちゃになりそうですね。

  7. さなえ より:

    あまりウニは好きではないのですが、
    北海道でとれたてのウニをたべた時はおいしい!と感激しました。
    やはりウニは新鮮なうちに食べた方がいいと思いますよ。