脱サラで失敗する5つの理由

スポンサードリンク


「失敗してもいい。脱サラしてみます」

松永が脱サラして農業を始めようとしていたのが

佐久だったので、慌てて海外を勧めたのが去年の春(笑)。

スポンサードリンク

脱サラで失敗する理由とは?

フィリピン移住前後から、自分の國學院時代の同級生を始め、

周りにアントレプレナー(起業家)が軒並み増えた。

じっくり観察すると、脱サラに失敗し

うまくいかない人の理由に、どうやら共通点がある。

初期投資が大きすぎる

これはまさに、俺のオヤジが脱サラして神宮前で

アパレル会社を始めたときの失敗。

最初はアパートの一室で小さくTシャツのデザインなど

から始めるはずだったのに、周りに押されて一等地にオフィスを契約、

売れにくい高価な服のデザインなど、形から入ってしまった。

業種によるが、最初の数年は赤字が続くことを覚悟

しなければならないから、初期投資はその後に大きく影響する。

固定費が大きすぎる 

これも脱サラ失敗の理由としては顕著だ。

固定費の代表で利益を大きく圧迫するものが、

社員の給料つまり人件費。

これもやはりオヤジの失敗であり、東証の近くに住む

石井の場合はうまい方法をとった。

オヤジは仕事が少ない最初から数名のスタッフを雇ってしまい、

いきなり給料支払いのプレッシャーとストレスに追われることに。

一方の石井はスポットで外部の人に依頼するなど、

内部に人を置かずアウトソーシングをうまく活用。

同じように打ち合わせの場合だけレンタルオフィスを

利用するなどすれば、やはり大きな固定費である

事務所も、借りたり購入する必要などはない。

利益率が低い

もし、あなたが扱おうとするものがあまりに原価率が

高かったり薄利な場合は、再検討が必要だ。

最初から大きなネットワークで大量に商品やサービスを

さばけるような状況は稀だから、労働時間の増大で

ストレスも増える。

脱サラに人気のWebビジネスでもジャンルによって

利益率の差は大きく、例えばせどりなどの物販では

利益率30%だと高い方なのに、俺のようなブログや

メルマガでの商品紹介では95%が普通だったり(笑)。

この利益率も、成功と失敗を分ける一要素となる。

安定収入がない

金額は小さくても、毎月安定的に収入を得られることが大切。

最も危険なのは、脱サラ後に一つの取引先に

ほとんどの収入源が集中していること。

銀行や大手の証券会社ですら倒産の危険があるこの国では、

「大丈夫」などという過信でどこかに依存することが

一番危ないマインドだ。

失敗しないためには、少額でも毎月振込のある取引先を

複数分散して持っておくことが理想。

在庫を持ってしまう

中国輸入国内amazon販売で俺が懲りたこと(笑)。

脱サラして始めるのに、国内せどりなどは確かに

手がつけやすく、キャッシュの回転率も悪くはない。

しかしやはり、在庫のリスクで失敗の危険がつきまとう。

あなたが今から始めるなら、在庫を持たないビジネスを

是非検討してほしい。

脱サラで失敗する一番の原因

26014984482_70ed4ca975_b

覚悟ができていないこと

そもそもこれが、一番の失敗の要因だったりする。

ただ会社が嫌だから、

人に使われるのが向いてないから、

社長と呼ばれたいから(笑)

・・・

こうした軽いノリで脱サラするなら、統計が示すように、

結局サラリーマンに戻る90%以上の仲間入りになる。

最初は10倍大変で、収入が10分の1になる。

この覚悟があなたにあるなら、あなたは起業家に向いている。

ただしこれは、店舗などリアルビジネスの場合。

俺がそうしたように、「どのジャンルで戦うか」を選ぶことが、

覚悟と同じくらい大切だと確信している。

スポンサードリンク



コメント

  1. まあや より:

    脱サラにしても準備もなく無計画にすべきことではないですね。

    計画をたててやりたいことをするのが順序ですね。

  2. えのん より:

    怖いよね、脱サラで失敗なんて。
    まずは、海外に行きたい。
    ドバイは、アラブにありながら治安の良い都市ということで、
    久々にタクシーに乗らず徒歩でいろいろ出かけてみた。
    初日はトータル2時間歩いたので、さすがに足が痛く
    フィリピンでもしない日焼けが激しく痛んだ(笑)。
    国際空港では珍しく日本人の老夫婦も見かけたが、
    個人的に気づくのはやはり、フィリピン人の多さ。
    ただフィリピンとは全く異なり、交通量が多いにも
    かかわらず信号や道路がしっかり整備されていて、
    交通量が多いのに滞りなく流れる。

  3. cocot より:

    脱サラですか…
    続くかわからない状態で一等地は怖いですね。
    借金を抱えることを考えるとやはり、最初は小さく行きたいですね。良い話には穴がありますからあまら良い話には乗らない方が良いと私も思います。

  4. マックス より:

    脱サラには憧れますね。やはりやるからには一国一城の主になりたいと思います。しかし色々な覚悟をもって真剣に取り組み、リスクの小さい方法方を取らないと難しいものなのですね。

  5. カオ より:

    脱サラしたいという願望はないのですが、成功するには勇気がないとできないですよね。
    かといって最初からとばしてしまうと失敗する。起業するのも大変なことなんですよね。

  6. せるりあん より:

    私の父も脱サラしました。
    私は就職しないで、最初からフリーみたいな感じで仕事してます。
    遺伝ではないですけど、親が脱サラ組だと子も同じようなことをするって
    ことは結構あるような気がします。環境も影響してますよね。

  7. あや より:

    脱サラ、ほんと勇気がいる事ですよね。もし私の主人がそんな事言ったらドキドキしてしまうと思います。そもそも計画性がある方ではないので大反対しますが。笑

  8. キセル より:

    私はまだ脱サラを考える時期でないし、周りにもそのような人はいないですね。脱サラを考えるような環境にいないのかもしれないですね。いずれにしても仕事を辞めて起業するということは覚悟が必要で、その周りの人たちにもその覚悟を示すことが大切だなと思いました。

  9. ユウゾラ より:

    なるほどです!以前ネットオークションやアマゾンなどで販売をしていましていましたが結構在庫をもたねければらなず精神的に経済的にきつい思いをしました。身軽な方がいい!

  10. アカ より:

    脱サラってラーメン店とかのイメージがありますね。
    ほとんどのお店がすぐにつぶれてしまいますが、
    やっぱりお金とか維持費がたくさんかかるんですね。
    私にはできませんね。

  11. mini より:

    初期費用がかからないビジネスはやっぱりインターネット関係なんでしょうか。インターネット業なら海外でも起業するにあたり手が出しやすいのかなぁ。起業憧れます。

  12. ひかり より:

    脱サラして成功する人は
    本当に少ないと思います。
    かなりの覚悟がないとだめですね。
    初期投資は大切であると思っていましたが
    高すぎるのも考え物ですね!!

  13. 中川創聖 より:

    私もフリーなどで起業などをして自由な働き方をしたいと思っています。そのため現在Googleアドセンスを中心に頑張っています。少しずつですが収入は上がってきたような感じがします。私もDANさんのように自由な働き方ができるように頑張っています。