海外で起業するなら熱いのは?

スポンサードリンク


日本の起業家が海外に注目し始めたのは、

今に始まったことではないが・・・

海外といっても、どこで起業してもいいはずがなく、

始める場所を間違えると、海外起業で一発当てるどころか

国内でサラリーマンをしていた方がずっとマシだったと

いうことにもなりかねない(笑)。

海外起業で注目のエリアといえば?

時代を見据えると、海外起業なら東南アジアだ。

海外起業家のみならず、多くの投資家が東南アジアに

注目しているように、ここには投資や起業で海外で

成功するための要素が揃っている。

例えば、俺が住んでいるこのフィリピン

マニラやセブを中心に飲食産業がとても盛り上がって

いて、天ぷらや丼もの、ラーメン、お好み焼きなど和食は

フィリピン人も大好物。

また日本のアニメや漫画なども知名度は高いので、日本の

グッズに良い反応を示すことは明白。人口が1億を超えて

なおも増え続けるこの国では、まだまだビジネスチャンスが

あるといえる。

確かに、海外でもビジネスチャンスといえば様々な場所が

ある。人口が世界一で市場規模の大きい中国での起業、

それをいずれ超えると言われるインド。

また、増え続けるイスラム教徒に関わるハラル認証などを

海外での次のビジネスチャンスとして提唱し、起業を推進

する人達も。

海外のどの国に貢献しながら、経済的な豊かさを

得るか」・・・俺がもし改めて起業するなら、まずは

こうした基準で考えるだろう。

俺の場合は、友達が多く縁があり、通ってみて

心地よかったフィリピン。しかし人によってはタイかも

しれないし、バングラディシュかアゼルバイジャンかも

しれない。

特にそうした事情がないなら、海外のその国での

言葉の通じやすさ

対日感情

滞在ビザ

日本からの距離

経済成長の状況

治安

などを総合的に勘案して、起業を決めることになる。

18512504160_4abe0d05b0_b

海外で起業するときの視点

海外で、もしあなたがこれから個人事業主として、あるいは

法人をつくろうとするなら、是非とも「好きなことで起業する」と

いう視点を持ってほしい。

かの天才スティーブ・ジョブズも、日本のベストセラー作家で

俺のメンターでもある本田健も強調していること。

これはただの理想論ではなく、長期的に勝ち続ける

ためには絶対に外せない要素だから。

俺の知る限り、アメリカで大好きな趣味で起業して

ミリオネアになった人達が4人いる。

競馬、手作りの枕、刺繍、そして造園。

彼らの成功体験をよく知るほどに、大好きなことで

経済的な豊かさを手に入れることの面白さ、やりがいの

大きさを学べる。

PS.

世界一の品質だと信じて疑わなかった日本ブランドに

疑いを持ち始めたのは、受験仲間だった白石がどこかの

サプリメントを食べて体調不良になり、病院に通って

いたのを聞いてから。

会計士試験の受験生活を続けていたある日、

興味もないサプリメントを母ちゃんの勧めるままに、

何となく口に入れる。

次の日も母ちゃんが用意してくれるから、

何の気なしに水で流し込む。

数週間、数カ月たって気づいたのは、偏頭痛が

まったく起きていないこと。不定期に出ていた

ものもらいも、鼻血も。

気になって調べてみて行きついたのは、やはり

人の体は栄養で動いているという、当たり前の事実。

ものもらいは抵抗力、鼻血は粘膜に関係。

偏頭痛も含め、体の栄養素が関係している。

気がついたら、そのサプリメントを毎日自分から

求めるようになり、一日でも欠かすと生きた心地が

しないほどになった(笑)。

この実感から、俺の食べているアメリカ発の世界的

栄養補給食品ブランドがいかにすごいかを思い知った。

自社農場は4か所に分かれているが、俺も現地訪問した

最も古いカリフォルニアの農場は80年間、一番新しい

ブラジル農場でも20年以上、農薬どころか化学肥料も、

水道水すら通してない土壌。

それを合わせて、ほぼ日本の神奈川県と同じ面積を

1社が所有しているなんて、ありえない。

だからこそ、例えばこのブランドのサプリメント(マルチ

ビタミンミネラル)では、21種類の野菜と果物を種や皮、

芯を含めてまるごと摂ることができる。

そんなサプリが他にないことは、ユーロモニター

インターナショナルという世界的な調査会社の

データで明らかになっている。当然、売上も世界No.1。

母ちゃん、改めてありがとう(笑)。

スポンサードリンク



コメント

  1. まあや より:

    海外新出にあたりアジアはよさそうですね。
    起業するならやはり好きな分野がいい(笑)