会話で目を見つめるとき…目が合う、目が泳ぐ、目をそらす男性・女性の心理は?目線や会話での心理学


 

会話で目を見つめるなら、

そのタイミングを考えましょう。

 

恋人同士でない限り、タイミングを間違えると

変な勘違いにつながります(笑)。

 

 

コミュニケーションスキルを味方にして
自由なライフスタイルを手にするには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

「会話で目を見つめるにはどうしたらいい?」

 

「会話で目が合わない」

 

とお悩みの方・気になっているという方に、

こちらの記事では会話で目を見つめる方法や

目線をどこにするのかといったことを紹介します。

 

 

 

会話で目を見つめるとき!目を合わせられない、目が泳ぐ…目線を女性からそらす男性の心理

 

会話中に目を見つめる方の心理とは

どのようなものがあるのでしょうか?

 

 

目を見つめる、見つめられるのは

話し手にも聞き手にも

まったく違った印象を与えます。

 

 

たとえば、会話中に

目が泳ぐ人を見たらどうでしょうか。

 

 

「この人が言っていることは本当なのか?」

 

「何か隠したいことがあるのではないか?」

 

「自分のことをあまり好きではないのかな?」

 

 

といったマイナスの印象を

与えてしまうことが多くあります。

 

 

中には気になる女性がいて、

会話中に目が泳ぐ女性の気持ちが

知りたいといった男性もいるかもしれませんね。

 

 

基本的に相手が会話中に目が泳ぐ、

会話中に目が合わせられないといった場合には、

下記のような心理があることが多いのです。

 

 

・人と話すことに緊張している

 

・居心地が悪いのでなんとか話を引き出そうとしている

 

・頭の回転と話したいことが追いついていかない

 

・他に考えていることがある

 

 

などが挙げられます。

 

 

他にも理由はあると思いますが、

目が泳ぐといった状況であればこのようなことが

考えられるのではないでしょうか。

 

 

「会話で目が合わないのが自分でもわかるからいやだ」

 

「どうやって目を合わせればいいの?」

 

と悩んでいる方へむけて、

会話での目線の位置について

次の項で紹介します。

 

 

 

会話での目線はどこ?右上、右下、左下の目線で会話する心理学!目が合う時間や複数で会話して目が合う時

 

会話での目線は顔を真っ直ぐ見つめると、

相手にとっての信頼度が高いことが多いです。

 

しかし、今まで相手と目線を合わせるのが

苦手だという方にとって、相手の目を真っ直ぐに見つめる

というのはかなりハードルが高いように感じますよね。

 

 

会話をしているときの

目線の位置でおすすめなのが

口や首・あごや眼・鼻の間です。

 

相手の顔のどこかに目線があれば、

相手もある程度会話をしているときに目が合うため

「目が泳いでいる」と捉えられることは少ないでしょう。

 

 

目線の位置においては、

会話中にどこに目線があるかで

心理を学べることもあります。

 

 

会話中目線が右上であれば、

視覚的に構成すると映像を創造している

ということなので、怪しい視線と言われています。

 

 

会話中目線が右下に行く場合は、感触・味の感覚などの

感情の感覚にアクセスしていることが多く、

あいまいな返答になることもあります。

 

 

また、会話中の目線が左下に行く場合には、

自分自身と対話をしている状態であることが多いので、

考えている状態であると言えます。

 

 

恋愛において複数人と会話しているときに

何度も目が合うなら、相手が意識していることが

多いため、少し期待してもいいかもしれません。

 

しかし人によっては

好きな人の目を見つめることが

できないことももあります。

 

 

じっくりと観察することも必要だと言えます。

 

 

 

まとめ。会話で目を見つめることについて

 

会話で目を見つめるということは、

相手にとっても自分に対する信頼度を

あげることにも繋がります。

 

目線が合わない人と、何度も目が合う人とでは

自分の話を聞いてもらっている感じが

まったく違いますよね。

 

 

話しているときに全然目が合わないと、

マイナスの印象を与えてしまうことにも

なりかねません。

 

人の話を聞く時は、

何度か会話中に目を合わせることで

信頼度が上がります。

 

できるだけ目を合わせるのがおすすめです。

 

 

自分も以前は人と目を合わせるのが苦手でしたが、

「人の目を見る」ことを意識づけているうちに、

会話中に人の目を見て話すことができるようになりました。

 

 

会話中に目を見つめることを意識づけることで、

自然と目を見つめることが

できるようになると思います。

 

 

人の目を見て話せない吉村。

自分と同じくフェミニストです(笑)。

 

 

最後に、

 

もっとエキサイティングな目標を立て、

それを達成したいあなたへ。

 

ノウハウを学び、もっと楽観的に

コミュニケーションできるようになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授