イタリアの就職率!就職は日本人も可能?就職難の就職事情…現地の企業に就職するための活動や求人。大卒の就職先は?

イタリアの就職率は、ご想像の通りコロナ後

救いようのないレベルに。

観光大国だけに、その打撃は深刻だ。

そんなイタリアで就職するなら、

イタリアの状況に詳しいエージェントが必須。

おすすめはこちらだ。

↓↓↓イタリアに強い転職サポート

信頼できる優秀なエージェントを味方にすれば、

厳しい状況のイタリアでも案件に巡り合える。

良い案件を得るのに必須なのは、職歴書の

速やかなアップロード。転職に成功している人は

全員行動が早い。

観光大国として不動の地位を誇り、GDPランキングでも

トップ10に入り続けるイタリア。日本人にも人気の国だけに

現地で就職して住みたいという人も多い。

ただし、たまに観光で訪れるのと

現地に移住して働くのは大違い。

この記事ではイタリア就職のマイナス面から紹介していこう。

イタリアでの就職、日本人の就職率は?就職活動など現地の就職事情について

イタリアの経済成長率は、2012年から悪化し、

15年にはわずかに上向いたが、

16年の失業率が13%弱で、日本の約4倍

特に、若い人の失業率が高く、3年以上前は50%であった。

国全体が不景気の中、当然就職難で、

新卒大卒者の多くが一時雇いに甘んじている現状で、

自ずから、日本人の就職率も厳しい状況である。

イタリアの新聞記事によると、

イタリア人の平均給与は、

手取りで1327€、約20万円である。

同記事によると、

35歳までの平均給与は800~1000€だそうだ。

このような厳しい状況の中で、

日本人が就職するには、どんな条件が必要なのだろうか。

イタリアで仕事を探すには、

インターネットなどの求人情報で探すのだが、

求人の数自体が日本より少ない。

外資系企業の求人サイトのよく見かける条件は、

『日本語、イタリア語、英語ビジネス程度、

中国語ができればなお歓迎』というものが多い。

イタリアで仕事をするには、

イタリア語と英語が必須条件になる。

イタリアには、ラボーロ・ネーロ

(闇労働)と呼ばれる仕事がある。

現金払いで、帳簿に載せない労働で、

意外と身近にある。

注意点は、ビザや税金、年金で、

不利になる場合があることや給料の遅延や

未払いのトラブルに巻き込まれる可能性があることだ。

イタリアで就職する問題点

そもそも、イタリアで就職するための

ビザの取得が難しい。

同じヨーロッパでも、オランダのように日本人が

優遇される場所もあるが・・・残念ながらこの

イタリアの場合、なかなかハードルが高い。

イタリアでのビザ取得の難しさを理由に、日本企業が

現地に支社や営業所を設けるのが難しくなっていて、

日本採用で就職し現地駐在という選択肢が少ない現状。

何しろ、就職できてもイタリアの給料は低い。

月150,000円あたりが相場であるにも関わらず、

人件費も物価も高いイタリア。

日本のように交通費が出るわけではないので、

場所を選ばないとそれも負担になる。

海外で仕事をした場合は現地の言葉を日本に戻ってから

活かせることがメリットの一つだが・・・イタリア語の場合、

中国語や英語と異なり日本での就職口がそれほど多くはない。

ちなみに、イタリアにスタバがないのが残念と

話していたのはカナコだった(笑)。

それでも魅力あるイタリア就職。海外での転職におすすめの国?

日本の有給休暇消化率は、

ご存じの通りかなりの低さ。

一方このイタリアでは、彼らは当然の権利として

有休をバッチリ消化する。

十分な休息と頭の切り替えは、心身ともにリフレッシュ

でき、また仕事をがんばろうという意欲が湧いてくる。

とにかくそれぞれが人生を謳歌し、のびのびと生きている

日本とは真逆のイタリアの人達。就職後は仕事をしながらも

あなたのやりたいこと、そして家族との時間を大切にできる。

日本のサラリーマンとは違いオンとオフの切り替えが

明快であり、ダラダラと残業に付き合わされたり

職場の飲みに嫌々参加する必要もない。

世界遺産が豊富の美しいイタリアの街並みを

日常にできたり、安くて美味しいワインを気軽に楽しめたり。

何より、俺が移住したこのフィリピンの人達と

似ているが、陽気でフレンドリーなイタリア人。

さらにいえば、外国の料理の中では中華料理とともに

日本に完全に溶け込んでいるイタリア料理。個人的にも

好きな外国料理トップ5に入る(笑)。

何しろ、俺の大好きなピザやパスタが

本格的な味で身近にあるだけでも幸せだ(笑)。

イタリアで仕事に就きやすい日本人って?就職活動はどうやって行う?

イタリアで企業に仕事を求めると、

外資系企業か日系企業のどちらかになる。

日系企業で働く場合は、

日本の本社から派遣されるイタリアでの

海外駐在員になるのをおすすめする。

現地採用より待遇面で有利である。

イタリアの外資系企業の社員になるには、

最低、日本語、イタリア語、英語の語学力が必要だ。

トリリンガルでないと就職は厳しい状況だが、

専門知識と英語力があれば、不可能ではない。

イタリアの外資系企業に就職する為の

おすすめの就職活動の方法は、

大手の就職サイトを活用してすること

(JAC Recruitment :30代以上におすすめ

 Spring転職エージェント

(アデコ):外資系案件豊富  

ビズリーチ:職務経歴書を記入するとオファーあり 

ランスタッド:20~30代におすすめ)

求人サイトに登録し、日頃からチェックして、

タイミングを逃さないようにすることが大事である。

日本人の求人が比較的多く、

日本人が就きやすい仕事としては、

営業、事務、エンジニア、貿易関連、通訳などが挙げられる。

企業で働く以外では、日本語教師と通訳がある。

イタリアで日本語教師になるには、

日本語教師養成講座を修了し、

日本語能力教育検定試験に合格しなければならない。

日本語の文法をイタリア語で教えられる語学力が必要である。

イタリア語の通訳の仕事は、

英語が主流になってきているので、仕事が減っている。

競争率が高く、なかなか仕事を取れないのが現状である。

在宅の翻訳も仕事が減っているし、

定期収入としては不安定である。

どちらの仕事も、根気よく求人や仕事を探すことだ。

イタリアの日本料理店でアルバイトを探す場合、

イタリア語が話せなくていいというお店もあるが、時給が安い。

また、営業の休憩時間14時~17時が一般的で、

その時間は店から出なければならない。

イタリアの給料は、交通費は支給されないので、

自宅から近い店を探したほうがいい。

イタリアは人と人との繋がりが強く、仕事もコネが優先される。

求人をインターネットで探す企業は少なく、

人づてで採用することが多い。

知り合いや周りの人に、自分が仕事を

探していることを伝えることはとても大切だ。

また、ダメ元で就職したい企業に

直接電話などでコンタクトを取ることも必要だ。

イタリアの企業に就職、求人で人気のランキング。靴や外車、万年筆、ブランドバックのメーカーが人気?日本でも就職可能

イタリア企業は、高級ブランドのプラザを

はじめ数多くの有名ブランドを生み出している。

イタリア企業の日本法人では、

外車のスーパーカーブームの走りであった

ランボルギーニ・ジャパンや

富裕層に愛されているフェラーリ・ジャパンが有名である。

また、イタリア最大の企業グループのフィアットは、

自社のホームページに求人募集を出している。

イタリアの靴ブランドは、

世界でたった一人しか扱うことができない製法や、

特許を持っているブランドもあり、

まさに靴技術の宝庫である。

イタリアの革ブランドの人気は、

レザー産業で有名な国であり、

イタリアンブランドのほとんどは

ベルトやバック等のレザーのアイテムに展開している。

イタリアの若者にも人気のブランドは、

日本人の若者にも人気。レディースでは、

グッチにフェンディやフェラガモがあげられる。

ほとんどのメーカーが日本に出店している。

イタリアの有名企業は、

ほとんど日本に進出しているので、就職は可能である。

まとめ

イタリアでの就職の知られざる問題点について調べてみた。

就職難の中、仕事は日本人にもあるのだろうか?

現地企業に就職するための就職活動はどのようにするのか・・・

参考になっていればうれしい。

イタリアでの就職を真剣に考えたことはあっただろうか?

俺もイタリア就職については、全く詳しくなかった・・・

元ビジネス仲間のミスズが、これを検討するまでは。

そういえばマニラに住む日本人の幸崎さんは、

フィンランド留学を機にイタリア就職を決めていた。

イタリアの経済状態は、伸び悩み、国全体が不景気である。

しかし、デザインより品質を重視し、

伝統的技術に磨きをかけ続けて

世界中の人に愛されるブランド品を作り上げている。

イタリアは、やはり憧れの国、イタリアで起業するなら

根気よく、諦めずに頑張ることだ。

イタリア在住の小柴が言っている、

「動かなければ、何も始まらない」と。

そういえば、彼もこのエージェントから

イタリアの仕事を紹介されていた。

やはり持つべきは、

優秀な転職のスペシャリスト

↓↓↓イタリアに強い転職サポート

コメント

  1. DISKEN より:

    イタリアでなんて・・・仕事?就職?理想だな。いいね。>まずは、するべきことを好きになる。
    そして、3週間は四の五の言わず続けること。
    そうすれば習慣化し、やらないほうが不自然に変わる。
    あなたが何かに努力しようとするなら、
    それがあなたの望む未来に少しでも近づくかどうか
    考えてみる。
    そして、努力が苦にならない分野を選ぶこと。
    せめて3週間は続けられるもの。
    それを続けて経済的な豊かさがついてきたら、
    後は誰でもできる仕事や専門的な仕事をお金で人に任せ、
    さらに自由な時間を生み出せる。
    ラスピニャスのリンも料理は大好きだが、
    料理のための買い物や簡単な段取り、後片付けは
    メイドのマリベルに任せている(笑)。
    【天命を知る方法】
    仕事という視点で見ると、
    天職と適職の違いにも通じるものがある。

  2. あのちゃん より:

    イタリアで企業。。。かっこいいですよね~。
    ですが、スタバないのビックリです(笑)
    イタリアの街並みや料理すべてがオシャレですね!

  3. ペタロー より:

    イタリアは有給取得率が高いんですね。イメージ通りです笑 日本でも最近働き方改革で少しずつ変わってきましたがまだまだですもんね。イタリアを見習わなければ。

  4. おきあみ より:

    イタリア、一度は絶対行きたい国ですが…就職は考えたことがありませんでした。
    有給消化率など職場環境の話を聞くととても惹かれます。
    日本もしっかり家族との時間を持てるようになって欲しいな。

  5. sum より:

    イタリアに限らず、やはり欧米も有休の取得率は高いのではとおもいます。フランスなんか夏季休暇が相当長いと聞いたこともあります。日本ももう少しゆっくり生活できるように、働き方改革してほしい。

  6. ゆき より:

    イタリアはビザの取得が難しいんですね。
    日本人は働きすぎですよね。
    わたしもピザがこの世で一番好きな食べ物なので本場のピザを食べてみたいです!

  7. ドクターC より:

    イタリアはいいですね。食事が合いそうです。気候も良さそうですし、人も良さそう。もし海外で働くことがあればイタリアがいいなと思いますが・・・。会社がイタリア支社でも作ってくれないと無理かな。経済的に厳しい国に支社を作ることはないでしょうね。

  8. かな より:

    オランダは日本人が優遇されるんですか?それすら知らなかったです!イタリアにスタバがないのもビックリです!(笑)

  9. さら より:

    やはりイタリアで働くにはイタリア語と英語が必須ですよね。イタリア語は難しいイメージがあるので、私には遠い夢です。

  10. あや より:

    英語とイタリア語、トリリンガルなんて憧れです。日本料理屋もいいなぁと思ったら、休憩時間などがあるんですか。落とし穴!

  11. とむ より:

    グッチはイタリアのフィレンツェが発祥ですよね。フェラガモやFENDIなど、イタリアのブランドは少し雰囲気が違います。

  12. るまんど より:

    イタリアは経済が少し厳しいようなので日本人の就職は難しいでしょう。
    以前テレビでアフリカの青年がイタリアで縫製をまなぶために
    移住したドキュメンタリーを見たことがあります。
    技術を学ぶのだったらありかも。

  13. まや より:

    憧れの地ではありますが、ヨーロッパ自体仕事をするのが難しそうなイメージです。
    独身で自由に動けたとしても視野には入れないかもです。。

  14. パッタイ より:

    イタリアなら食事が合わないってことがなさそうでいいですね。
    でも失業率が高い国、そんな国に就職しようとするのはちょっと申し訳ない気がします。
    イタリアには観光で訪れたいです。
    アグリツーリズモに興味あります。

  15. みまみま より:

    若い人の失業率が50%もあるなんて!
    とても外国人を受け入れる余裕はないですね。
    現地の人の職を奪ってまで外国で働こうとは思いません。

  16. かや より:

    イタリアの移住のハードルの高さは、憧れにとどまる感じですね。
    それに対してオランダが日本人の移住の優遇があるのは知らなかったです!

  17. ふじなな より:

    イタリアのドキュメンタリーを見たことがありますが、たしかに残業や職場の人と飲みにいったりのようなものはないようでしたね。家に帰ってから、趣味の合唱に出掛ける人が多くて驚きました。歌うのが好きみたいですね。

  18. ReiCo より:

    イタリアは今回のコロナウイルスの流行で、とても大変でした。
    こんなことが起きると、外国人の居場所はなくなりそうですね。
    そうでなくても失業率の高い国ですから。

  19. 杏子 より:

    若い人の失業率が50%ってひどいですね。
    どうやって暮らしていたんだろう。
    陽気なイメージのイタリア人だけど意外に心を病んでる人が多いと読んだことがあります。
    失業率の高さももちろん関係しているのでしょうね。