過食症の3つの治し方

過食症や本気のダイエットを、気合と根性の

食事規制や過度の運動で成し遂げようとする人が後を絶たないが・・・

健康とメンタルを壊したら元も子もない

賢い人は、本当に効果がある便利グッズを味方にする。

自分の場合、間食からおさらばできたのはこれのおかげだ。

↓↓↓過食防止アロマ

 
 

過食症を治したい・・・

そう強く願っても、まともな情報が少なすぎる。

自分も母方譲りの太りやすい体質なのに、

ごはんや麺など炭水化物や甘いものが大好きで

いつも食べ過ぎることに悩んでいた。

過酷なダイエットなど、続くわけがない・・・

そんな中、過食症を克服したカズキがおすすめしてくれ

試したのが、さっき紹介したアロマ。

よくあるお手軽グッズかと最初は半信半疑だったが・・・

ハーブで食欲がこれほどまでに落ち着くのかと驚いた。

結局、食欲も脳にコントロールされているんだと

気づかされることに。

気になっていたお腹がへこんだので、

実際に効果のあった数少ないグッズと言えるだろう。

携帯できて外食の際も使えるので、今後

食べ過ぎに悩むことはなくなる。

この後の記事では、過食症の様々な解決策を提示しよう。

過食症の原因(治し方の前提)

過食症が辛いのは、経験者なら本当に分かること。

治し方の前提として、その原因は心にあることを理解し、

それとうまく向き合っていくことが必要になる。

舞子の場合は、7年半付き合って結婚する予定だった

彼氏に裏切られ、それが引き金となった。

また閉塞感のある日本の職場環境、お互いに監視し合って

ギスギスした人間関係は、現代の日本に

多くの過食症で悩む人を生んでいる。

会社で業績が認められ、責任ある立場になったという

一見ハッピーな出来事も、そのプレッシャーとストレス

により過食症につながることも。

こういった場合、正しい治し方になかなか気づかない。

俺が3年半続けていた国家試験のようなプレッシャーも、

同じように過食につながる場合がある。

過食症の治し方

発想や見方を変える

さっき語ったようなメンタル面の原因を考えると、

過食症の最も良い治し方であり、何よりも大切なのが

自分を好きになること。自分を責めないこと。

完璧を目指さないこと、人生は楽しむためにあることを思い出す。

人のことばかり考えすぎず、自分をもっと大切にして可愛がる。

普段がんばっている自分を認め、口に出して褒める。

そしてストレスの解消。

時には自分にご褒美を与えるのもいい。

大好きなアーティストのコンサートに行ったり、

好きな絵を観に行ったり映画を楽しんだり、美味しい

物を思いっきり食べたり。

過食症には、気のおける人とお茶をしたりなど

とにかくリラックスできることを意識して増やすのが

最も効果のある治し方となる。

家族と一緒に食事をする

家族と一緒に住んでいるあなたなら、たわいないことでいいから、

今日一日あったことを話題にして会話を楽しみながら食事をする。

過食症をきっかけに、大切なことを思い出す。

ガンもそうだが、病気というのは時に本当に

大切なことを教えてくれる。治し方よりも重要なのは、

病気になった意味。

家族の団欒という、かつての日本では当たり前だったものが

核家族化により当たり前ではなくなっている日本。

本来の家族の温かさをこの機会に取り戻そう。

何でも打ち明けられる人をつくる

独り暮らしなら、そんな人と食事をともにしたい。

家族に心を開ける人がいれば幸運だし、もし

いなければ親友でもいい。とにかく、独りで

悩んで抱え込まないこと。

過食症の治し方を本気で知りたいと

涙目になっていたのは、一時帰国した新宿の高島屋

近くのスタバで久々に逢った舞子だった。

また、やはり過食症の治し方を探していたのは、

離島で仕事を続けていた柏。オンラインなのに

強烈なストレスを受けていた様子。

冒頭で紹介したアロマは、当然

悩んでいた彼らにもすすめた。

素直に実践した彼らが今ストレスなく

楽しく暮らしているのを見ると、

このグッズが本物だと改めて実感。

それなりの投資になるが、

お金と時間をかけて辛い思いをしながら食事制限をしたり、

ジムに通っても効果がないことがほとんど・・・

それを考えるとあまりに安すぎる。

↓↓↓過食防止アロマ

コメント

  1. あす より:

    私もなりかけましたが過食症辛いですよね。ストレスは病に繋がりやすいことがよく分かりました。どうすればストレスフリーになるのか考えながら生きたいと思います。

  2. しぃ より:

    過食症は心のケアが何より必要なんですね。家族や友人の温かさに触れることでストレスやプレッシャーから解放され本来の自分を取り戻すことが出来るのかもしれませんね。
    幸いにも自分や周りの人で過食症になった人はいませんがいつなるかわからないので日頃からストレスを溜め込まないように気をつけたいです。