フィリピンに家を持つことの知られざる問題点。フィリピンで豪邸など家を買う時の値段(価格)は?家具や家電、借りる場合の家賃の相場、家を建てる際の費用は?

スポンサードリンク


物価が安くて英語が通じるということで

ロングステイや留学に人気のフィリピンだが、

マニラと地方では家賃や状況がかなり違うし、

日本では起こらない問題も出てくる。

フィリピンで家を借りるときの相場や

フィリピンと日本の家の違いについて、書いてみる。

フィリピンの家賃の相場は?セブなら平均でどれくらい?

フィリピンの家の家賃といっても、

メトロマニラと地方では天と地ほど環境や経済状況が違う

家賃も当然違ってくるから、

家賃を検討するときは

まずどこに住むかというところからスタートする。

マニラだとスタジオタイプと

言われる狭さでも30000ペソはかかる。

セブ島には最近語学留学に

来る日本人が増えているが、

日本人が借りるなら最低でも6000ペソ

(≒13000円)以上にしたほうがいい。

これより安いと家具が古いとか汚かったり、

水回りなどのちのちトラブルが

出たりする可能性があるからだ。

しかし、6000ペソは最低ラインで、

決して快適で住み心地がいいとは言えない

Wifiや家具がついていて、

ガードマンがいる安全で比較的清潔で

快適なところになると、

20000ペソを超えるところも。

それでも日本人にとっての相場は

15000ペソから25000ペソ、

平均して20000ペソ前後になる。

フィリピンの家の特徴を画像で紹介!

フィリピンの家の特徴といえば、

ブロックを積んでコンクリートで塗り固め、

屋根としてアルミ板やトタンが使われていることだ。

これは日本との違いでもある。

暑い東南アジアには、

木材を食べる黒や赤のアリが多く、

食べられないようコーティングされた木材

使わなければ木で建てることは難しいというのが理由だ。

マニラなどの都会は別として

家族みんなで住むことが多いフィリピンでは、

日本のように狭い個室がいくつもあるのではなく

みんなで過ごす広い部屋がどーんとあることが多い。

ブロックやトタン板は安く買えるし

暑い気候ということもあってか、

田舎で土地があればお金があまりない人でも

けっこうな広さの家に住んでいる。

フィリピンの地方で日本人が建てた家が

紹介されているサイトがある。

http://www.millionmiler.com/philippines/House/Nomachi_house/Nomachi_house.html

フィリピンで家具や家電を買うなら?量販店を紹介

借りる部屋に家具がない場合や、

長期滞在するからお気に入りの家具家電

がほしいというときは自分で買うことになる。

日本なら価格ドットコムなどで調べてとにかく安いもの!

でもいいが、フィリピンでは家電が壊れるのは日常的だ。

値段が少し高くても買った後に問題が

見つかったときの対応が

きちんとしているところで買ったほうがいい。

そして、買うときに商品が正常に動くかどうか、

壊れているところはないか確認するのは絶対だ。

(家具の量販店)富裕層が多く住むマカティでは

わりとリーズナブルな家具が多いLandmarkが紹介されているサイト。

フィリピンでは独立した日本とは違って、

モールの中に家具家電店やエリアがある、という形が多い。

https://www.pilip.com/intern/furniture-price/

パサイロード沿いにある家電量販店ANSON’s。

店を出ればすぐ駐車場だから、

重いものを持って歩かなくてもいいのは助かる。

値段は日本とかわらないか少し安いくらいで

お得とは言えないかもしれないが、

友人Rに壊れにくくていいと勧められたのがこの店だ。

https://ansons.ph/product-category/television/

まとめ

フィリピンの家賃といっても。

セブでは3万あれば借りられるがマニラではその倍、

さらにマニラでももっとハイクラスの

部屋になれば10万以上になることもある。

家を建てる場合も同じで、

地方でブロック塀とトタン板で簡単に作れば

100万ほどでも建てられるが、マニラでは1000万は超える

田舎に豪邸を建てると狙われやすいから、

お金があるからといって貧しい地域に

立派な家を建てるのは危険だ。

安全面を考えて、敢えて都会のコンドミニアムに

住んでいる人も多いという現実もある。

スポンサードリンク