マレーシアに移住して後悔…失敗しない移住条件は仕事?看護師の求人は?

スポンサードリンク


東京オリンピックを間近に控えた現代の日本社会。

少し街を歩けば、至る所で外国人観光客を

見かけるようになってきた。

こうした急激な国際グローバル化に

合わせてますます英語力の必要性が高まり、

海外志向が強まる近年、

マレーシア移住が非常に注目を集めている。

筆者がマレーシアについて知る前は、

温暖な気候と豊かな自然が魅力的な一方で、

まだまだ発展途上中で、

日本と比べると少し生活水準が

低いようなイメージを持っていた。

だが今回は、そんなマレーシアが

なぜ日本人の移住先として人気を集めるのか、

その理由について詳しく探っていこうと思う。

まず、マレーシアとはどんな国だろうか?

ここで簡単にマレーシアを紹介しよう。

国土面積は日本と同じくらいの規模だが、

人口は日本の四分の一程度。

しかしこれだけ少ない人口にも関わらず、

使われている言語は4種類もある。

こうした多民族国家・多文化主義が、

グローバル視点を持つ子供を育てたいという

教育熱心な親たちの注目を集めている。

スポンサードリンク

マレーシアに移住した後の仕事は20代にもある?日本語での求人はどれくらい?看護師の需要は?

まず、マレーシアで生活をするためには

ある程度の資金が必要になる。

現地で安定した生活を送るためには、

ある程度の収入源は確保しなければならないだろう。

仮想通貨や不動産投資による収入を

得る人もいるだろうが、今回はマレーシア移住を

してからの仕事は50歳以上で見つかるのか、

20代で移住での移住を考えている人などが

現地で収入を得るために、

どのような日本語の求人があるかなどについて紹介しよう。

通常、マレーシアでの平均年収は

日本円でおよそ180万円といわれている。

月収に換算すると、一か月の給料は15万円ほどだ。

日本ではこの収入だと低所得の位置づけになるが、

物価が安いマレーシアでは、この収入でも十分に

生活が出来るレベルである。

では、日本人がマレーシアで働く場合はどうなるのか。

基本的には日系企業の現地採用枠での求人や、

ホテル・レストランなどのサービス業、

日本語教師などの仕事が主になる。

また、マレーシアでは医療スタッフに

外国人労働者を比較的多く採用しており、

病院によってはローカル人のスタッフと

国外労働者の区別がつかないところもある。

それゆえに、女性看護師がマレーシア

移住後に仕事を探す場合は、

語学スキルも求められることを

念頭に置かなければ、ボンビーガールになって

しまう可能性も在るというわけだ。

更にマレーシアは発展途上国であるため、

今後物価が上昇する可能性なども考慮しなければならない。

したがって、マレーシアに移住する際の仕事は、

家族で充分に生活できる程度の蓄えずを準備する必要があるだろう。

マレーシアに移住した後のリアルな現実をブログで紹介!家の様子や家賃、病院や税金。夫婦や家族で住むなら?

現在マレーシアは、教育都市推進計画として

世界各地の有名校の誘致が積極的に行われており、

首都クアラルンプールではすでに

30校ほどのインターナショナルスクールが開校されている

この教育制度の充実のほか、

物価の安さや医療水準の高さ、

治安が良いといった点も人気の一つであることに加え、

日本製品も豊富に輸入されており、

生活の変化によって子どもにかかる

精神的ストレスも軽減できるなど、

マレーシアへの子連れ移住した家族のブログなどの

記事にもある通り、メリットが多いことでも知られる。

また、マレーシア移住後でも高水準の医療を受けられるため、

高齢者で持病の薬などを常備していたとしても、

日本と変わらない治療を続けることが出来る。

こうした点もまた、定年後のリタイア

移住先として人気を集める大きな要因だろう。

そして、海外移住で気になるのはやはり生活面に関する心配だ。

マレーシアでも日本と同様に一戸建ての

住居は多く存在しており、夫婦や家族で住む家として

申し分ない程度の居住地は確保できる。

しかし、移住者にとって人気があるのは

コンドミニアムと呼ばれる住居である。

このコンドミニアムとは日本でいうと

アパートやマンションのような集合住宅であり、

人気の理由として強固なセキュリティが挙げられる。

家賃も住居者の収入に合わせた金額で賃貸だけでなく、

購入もできるため、不動産投資としての利用も可能だ。

加えて、マレーシア移住後は税金面での負担も少ないため

仮想通貨などの不労所得で資産を

築くことも夢ではないのかもしれない。

とめ

このようにマレーシア移住に関する

良い点や注意点などについて紹介してきたが、

日本人にとって適応しやすい・住みやすい

環境であることは間違いない。

今後、マレーシア移住に関する需要や

注目度はますます高まりを見せてくるはずだ。

スポンサードリンク