仮想通貨…未成年は同意がなしでも可?2019、2020の状況。仮想の通貨の未成年への税金は?海外と比較


 

仮想通貨の取引を未成年で同意なしでできるのは、

海外のいくつかの取引所だけです。

 

 

あなたが本物の仮想通貨ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

人気が出てきている仮想通貨ですが、

未成年も同意なしで行うことが

できるのでしょうか。

 

その場合の税金のことも

お話していきます。

 

 

海外と日本との違いは

あるのかも比較していきます。

 

 

 

仮想の通貨、未成年は親の同意がなしでもできる?未成年の口座の開設や取引所、税金は?登録できる?

 

学生や未成年でも銀行にお金を

預けておく時代ではなく、お金を

自ら動かしていく時代と言われています。

 

株やFXを使いこなす

学生の投資家もいます。

 

 

投資は危ないイメージがありましたが、

日本でもやっと少しずつ、

浸透してきたのではないでしょうか。

 

人気が出ており、投資する人も

増えてきている仮想通貨ですが、未成年が

親の同意なしに行うことはできるのでしょうか。

 

 

未成年の場合の、口座の開設や取引所、

また収益が出た場合の税金についても

お話していきます。

 

まず、未成年は口座の開設や取引所に

登録することはできるのでしょうか。

 

 

未成年が仮想通貨をしてみたいと思った時に

知っておいた方がいいことをまとめました。

 

仮想通貨において

未成年が親の同意なしに

始めることはできるのでしょうか。

 

 

海外の仮想通貨の取引所であれば、

本人確認や親の同意書がなくても

開設できる取引所はあります。

 

しかし、仮想通貨を未成年が始める時には、

口座開設をする時に、親の同意書が必要な

日本の取引所を選ぶことをお勧めします。

 

 

仮想通貨を未成年が行う場合は、

税金はどうなるのでしょうか。

 

 

利益は雑所得となり、

利益が年間38万円を超えると

親の扶養から外れてしまいます。

 

 

日本国内の仮想通貨の取引所を

未成年が開設するためには、

親の同意書が必要です。

 

金融庁認可を受けている国内の取引所が

安心、安全だと言えます。

 

 

海外の取引所では親の同意書が必要なく

口座を開設できる所もありますが、安全面や

英語でのやり取りなど、初心者にはお勧めはできません。

 

仮想通貨に未成年が登録することは

個人的にはお勧めです。

 

 

少額から始められたり、

お金や投資の知識も身に付きます。

 

親に同意してもらい、

親子でお金や投資の話をできる環境も

大切だと思います。

 

 

 

仮想の通貨の未成年の登録…海外は?仮想の通貨の口座の開設、取引所、税金は?

 

日本国内の仮想通貨に未成年が登録するには、

本人確認書の他に親の同意書が必要な場合が

多いことが分かりましたね。

 

では日本国内の仮想通貨の取引所と、

海外の場合ではどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

仮想通貨を未成年が始めたい場合、

親の同意なしに行うことは

できるのでしょうか。

 

海外の口座の開設から取引所、

そして税金まで解説していきます。

 

 

海外でも有名な仮想通貨の取引所は

数多くあります。

 

未成年で仮想通貨を始めてみたい人は、

国内と海外のどちらの取引所を

選ぶべきなのでしょうか。

 

さまざまな点から、

比較していきますので、

最適な方を選びましょう。

 

 

仮想通貨で未成年が口座を開設するために

取引所に登録することはできます。

 

海外の取引所では本人確認書や

親の同意書などが不要なこともあります。

 

 

では、仮想通貨を未成年が始めたい場合、

海外の取引所の方が利用しやすいのでしょうか。

 

これは、あまりお勧めできないと言えます。

 

 

まず安心・安全という点で、

国内取引所の方が海外に比べて

優れています。

 

それから、取引所の説明画面などが

全て英語の場合が多く、

かなりの語学力が必要だと言えます。

 

 

仮想通貨で未成年が口座開設をしたい場合、

親の同意を得て、セキュリティも安全な

国内の取引所を選ぶことがお勧めです。

 

20歳を超えてから他の取引所の口座を

開設することも可能です。

 

 

仮想通貨の取引所で

未成年にお勧めなものをご紹介します。

 

親の同意書が必要ですが、

初心者にもお勧めな取引所です。

 

 

コインチェック、

ビットフライヤー、

ビットバンクです。

 

 

仮想通貨を未成年が行う場合、

税金はどのようになるのでしょうか。

 

仮想通貨の利益とは、買った通貨を売って

利益が確定したときの金額が年間38万円を

超えた場合に確定申告が必要です。

 

 

仮想通貨を持っているだけで、

それが値上がりしても、持っているだけでは

課税の対象にはなりませんので注意が必要です。

 

 

 

まとめ。仮想通貨について

 

ここまで未成年が仮想通貨を始めたい場合の

お話をしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

未成年の時からお金の仕組みや

投資に興味を持つことは

とても素晴らしいことです。

 

 

親の同意がなくても海外の取引所で、

未成年で口座を開設できるところもあります。

 

しかしセキュリティの安全性や言葉の壁を考えても、

国内の取引所を親の同意をもらって開設することが

最初はお勧めです。

 

 

家族と投資やお金の話ができることも

素敵なことですし、まずはセキュリティが

安全なところで勉強していきましょう。

 

皆さんが楽しく、資産形成や

投資ができることを願っています。

 

 

息子に仮想通貨を勧める小島。

自分と同じく、戦争映画とホラー映画が嫌いです(笑)。

 

 

最後に、

 

休日は家でじっとしていられないあなたへ。

 

時代に合わせて新しいビジネスを取り入れていきませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授