40代独身女性が独立できる仕事って?シニア起業が有利な理由

スポンサードリンク


40代でしかも独身女性だと、今から起業や独立して

できる仕事はなく難しいのでは…そんなふうに考えがち。

確かにメディアは若い女性起業家を華々しく取り上げるが、

実は今シニア女性から成功者が増えてきているのを

ご存じだろうか?

この記事では、40代独身女性が結果を出しやすい独立起業の方法、

また「なぜその世代の女性が成功できるのか」理由を語る。

スポンサードリンク

40代独身女性が独立起業できる仕事って?

結論から言えば、あなたには

ブログでの起業をおすすめする。

もちろんすぐに安定収入にはならないので、

最低1年の期間を見て今の仕事を続けながら

すぐにブログを始めてほしい。

これは40代女性に限らずだが、店舗など物理的なお店を持つ

リアルビジネスは個人的におすすめしていない。

インターネットを活用したオンラインビジネスが、

40代女性の独立のハードルを一気に下げる。

インターネットを活用すれば、

お客さん集めにITが味方になってくれる。

多忙を極めていたり体を動かすことに不安があっても、

オンラインならビジネス的に不利になることは何一つない。

あなたがシングルマザーで子供に手がかかるなら、

なおさらネットを使って作業を減らし、ビジネスを

楽に進めていきたい。

ブログでは日々の仕事での不満や

人間関係、子育ての悩みがそのまま記事のネタになる。

同じ女性の共感は特に集まりやすい。

広告をブログに設置すればそのまま収入につながるし、

アクセスが増えてきたところでメルマガを始めれば

さらに収入は安定していく。

女性ならではのきめ細かさは文章の執筆や

フォローといったメディア運営に向いているし、

お金をかけずに新しいアイデアを次々に実行できるのもいい。

何より独立すれば、パソコンとネットさえあれば

どこでも仕事ができるのでシングルマザーにはとても便利。

もしあなたが今から起業するなら、

それまでに是非やっておいてほしいこと。

まずは、あなたの大切にしたいものの

優先順位を明確にしておく。

例えば、自分だけの時間よりも

家族との時間を大事にしたい。

やはり欲しいものがある。

経験したい、やってみたいことがある、

行きたい場所がある。

達成感や、やりがいを感じたい・・・

これらが明確であるほど、

起業したあなたは成功しやすくなる。

そして、できれば一緒に切磋琢磨できる

良いライバル仲間を見つけておくこと。

シングルマザーの友達や、

同じ独身女性の職場仲間でもいい。

こうした環境が、あなたの実力を超えた

大きな結果に導いてくれる。

40代女性の独立起業。シニア起業が実は有利

まずは女性が起業することのメリット。

男性との動機の違い

俺が常々感じるのは、女性の場合は

お金や地位といった成功を目指さず、

もっと純粋な動機で起業できるケースが多いということ。

男性にももちろんこういった高い志の人はいるが、

経済的な成功を第一義的に目指す場合が

ほとんどであり、やはり全体としては少ない。

この点、女性の場合はより純粋に他人や社会のために

役に立ちたいという思いで起業する人が多く、これは

男性が真似しようとしてできるものではない。

そして当然ながら、世の中の法則として

「人の役に立ちたい」という動機で始めたことは

早晩うまくいく。

情熱を持ったものにひたむきに打ち込んでいれば、

経済的な豊かさも含め結果はおのずとついてくるものだから。

男性と対等に戦える

このフィリピンではむしろ女性が男性以上に

活躍していて、マネージャークラスの数も世界一多く

起業家も少なくない。

一方、先進国のはずの日本においては

まだまだ男性と女性の社会的格差が大きいのが

実際のところ。

この点、起業は実力勝負の世界なので

報酬面や待遇、扱われ方に差は生まれない。

プライベートを大切にできる

女性でも起業すれば

最初の数年間は忙しいのは当然だが・・・

さっき語ったブログのように、いずれ自分が

作業し続けなくても回るような仕組みをつくれば

時間的な余裕が生まれ、自分や子育てのための時間ができる。

これは、男性のように仕事だけに邁進せず

プライベートを大切にする女性にとってプラスだ。

「私みたいなシニアが起業して

ダイジョブですかね・・・」

マラテのカウボーイグリルでカクテルを飲みながら、

50歳手前の和香子さんがそう語る。

いくつからシニアというのか曖昧だが(笑)・・・

40代のあなたが、むしろ起業に有利だと

確信していることが経験上いくつかある。

確かにシニアになると、独身女性でも

マンションを買っていてローンガあるし、

シングルマザーなら子供に養育費。

さらには親の介護費用といろいろ出ていく

お金が多いため、起業に対し消極的になるのは自然。

家族の反対も実際受けやすい。

それでも、あなたがシニアとして

起業することに本気なら・・・

20代や30代そこらでは持ち得ない貴重なキャリアと人脈、

一朝一夕には築けない信用・・・こうしたものをガツンと

ビジネスに活かすことができる。

これらは見えない財産として、

シニア起業したあなたを大きく支えてくれる。

若い起業家よりも、むしろ今まで築いてきたものの数と

質の面で有利であること。一方でITの活用により、

決して不利にもならないこと・・・

これがシニア起業が有利な理由。

ただ当然、健康面にしっかり配慮しておくこと。

40代となると病気や体の不調がやはり増えてくる。

個人的には、体の健康を支える栄養・水・空気・・・

これにはしっかり投資をしておいてほしい。

体さえ元気なら、いつまでもがんばれる。

和光にいる母ちゃんは「もう歳だから・・・」が口癖で

なかなか新しいものを覚えようとしないが(笑)。

まとめ。女性、特にシニアこそ起業してほしい

40代以上の独身女性の起業のアイデア、

なぜシニアが有利なのか理由を語ってきた。

女性が起業・・・

先進国の中でも起業意識がダントツに低く、男性ですら

一生独立しないまま終わることがほとんどの日本。

まして女性が起業するなど突飛な話に思えるが・・・

日本では若い人も含め、女性起業家が活躍している。

俺の身近では、レンタルビジネスが普及し始めた

早い段階から、オンラインでエルメスやグッチ、

ヴィトンなどの高級ブランドバックの

レンタル事業を始めた石山が良い例だ。

彼女の場合は、お金はないが、たまのお出かけや

友人の結婚式で箔をつけたいという大好きな叔母さんを

きっかけに、そのアイデアを思いついた。

女性向けファッションブランドから

今は一等地で大人向けカラオケバーを経営するアリさん。

彼女も、40代を超えてから独立して活躍している。

このフィリピンもそうだが、女性が

社会でいきいき活躍している国は安定する。

日本が再び活性化する起爆剤になればよいのだが。

スポンサードリンク