フィリピンの屋台って安全?ビジネスは成功する?料理の衛生や屋台料理を楽しめる屋台村(屋台街)、屋台ルーツの論文や開業の値段、屋台レシピについて

フィリピンの屋台には色々な食べ物があって魅力的ですし、

日本人で現地のビジネスに参入する人もいます。

ですが、やはり外国であるフィリピン。

知っておかなければならないことはたくさんあります。

そこでこの記事では、

現地での屋台ビジネスの可能性について紹介します。

フィリピンで屋台…屋台料理はビジネスになるの?屋台村の料理、衛生の点は?

フィリピンでは屋台料理のビジネスが非常に盛況ですが、

その理由は、

・初期投資が少なく済み、

・立ち上げが簡単で、

・成功する可能性も高いからです。

俺がフィリピンで屋台ビジネスをするなら、

衛生管理に関する教育を十分に行うことが重要だと思います。

なぜ、屋台料理はビジネスになるのか

その利点をまとめてみました。

1.運営や管理がしやすい。

2.初期投資が少なくて済む。

3.立地が悪かった場合はすぐに移動できる。

4.フィリピンの屋台はどこも同じような味しか

売られていないため、差別化することが容易である。

5.利益率が高い

フィリピンの路上の屋台って許可証や使用料は必要?フィリピン屋台村(屋台街)、開業の値段は?

フィリピンでは、小さな屋台を始めるにも役所の許可証が必要で、

外国人が取得するとなると、たくさんのお金が必要になります。

フィリピンの屋台はすべて市役所が厳重に管理しており、

もぐりで出店している店はありません。

路上屋台の場所代などは、場所や地域によって大きく異なります。

そして、フィリピンでビジネスをするためには、

新しくビザを取得する必要があります。

フィリピンでビジネスをしても良いビザは、

クォータービザ(フィリピン人の嫁が居る人)と、

リタイヤメントビザ(35歳以上2万ドルの預金が必要)があります。

フィリピンにおける飲食店の許可関係は?営業許可はどうなっている?

フィリピンで飲食店をはじめるには、

日本と比べると、

引いてしまうくらいの各種許可が必要になります。

フィリピンで儲かるビジネスがあった!日本人でもできる商売とは?

フィリピンで、日本人がよく始めるビジネスは、

ファーストフードの屋台です。

フィリピンはフード系のフランチャイズが多く、

商店街のスーパーマーケットの周りやショピングモールのフードコートなどに

ファーストフード系の屋台が並んでいます。

他のファーストフード系の屋台と味で差別化をして、 

場所が当たればかなりの利益が期待できると思います。

また、貸しアパート(ボーディングハウス)のビジネスもあり、

フィリピンに海外移住されたかたにとっては、

割と取り組みやすいと思います。

こちらのビジネスは、毎月決まった収入が見込めて、

自分で管理人をするなら人を雇う必要がないです。

現在のフィリピンの法律では、

日本人資本の飲食店の開業はできません。

奥さんがフィリピン人の場合は、奥さんの名義で

すぐに始めることができますが、それ以外の方は難しいです。

飲食店を設立するために必要なことは、 

フィリピン人に株主になってもらうか、

コンサル会社などに名義だけ借してもらうことです。

名義を借りるにしても、本当に信用できるか

どうかわからないし、知り合いの名義を借りて、

完成後、そのまま乗っ取られたという話はよく聞きます。

フィリピン人の知り合いに、株主になってもらう場合は、

慎重に信用できる人を選びましょう。

フィリピンで開業するなら最低資金はどれくらい?

フィリピンで開業するために必要な最低資金は、

ビジネスにもよりますが、

約20万円ほどから始められるものもあります。

まとめ…屋台ルーツの論文やフィリピン屋台レシピ、フィリピン屋台動画についてもサイトをチェック

いかがでしたか?

ちなみに、自分はフィリピンの屋台の食べ物に対して

あまり良い印象を持っていません。

屋台にはあまり清潔でないところが多数あり、

衛生面には気を付けて欲しいです。

基本的に、火を通したものであれば大丈夫ですが、

生野菜や果物などは特に危険です。 

フィリピンの水道水は飲めないのですが、

それを使って、食材や包丁などを洗っているので

汚染されている可能性が高いです。

飲めない水道水で作られた氷も危険で、

氷を使ったアイスクリームなども気を付けたほうがいいですね。

コメント

  1. はる より:

    確かに移動式はコストも最小限で、店を構えるよりは初期費用も少なくすみそうですね!
    ただ日本人の女性は衛生面気にする人多いと思います。。汗

  2. あ~ちゃん より:

    日本でも外国でも屋台の食べ物は興味あります~
    地元の人の食べてる物を知りたいから、どこに行っても屋台や市場で食べてます!
    ビニール袋に直接入れてくれたりと、国によっては衛生面はたしかに気になるけど・・・

  3. かな より:

    人気がないと思ったらすぐに場所を移動できるのが最大のメリットですよね!ただやはり衛生面、心配です。。

  4. るまんど より:

    屋台って、日本だとみかじめ料とかショバ代とか、そちらの方の心配があるけど
    フィリピンではどうなんでしょうか。
    海外で屋台を営業ってちょっと夢があって楽しそうですね。

  5. さら より:

    屋台でしかも生野菜や生物は危険すぎます。。日本では安心感がありますが。たしかに飲めない危険な水筒で洗った包丁、、怖いです。

  6. あや より:

    フィリピンの屋台ってなんだか地元の人で賑わって食通な感じがしますが、現実は水などの衛生面などが怖いですね。

  7. なつ より:

    言い方が悪くて申し訳ないのですが、もっとeasyかと思っていました。必要な各種許可が日本より多いとは!

  8. わかな より:

    飲めない水道水で、調理器具を洗っていると考えると恐ろしいですね。屋台=ちょっと清潔感が、、というのがあります。、

  9. パッタイ より:

    海外で生水には気をつけていますが、氷のことまでは考えていませんでした。
    その水で洗っている調理器具も気をつけなくてはダメなんですね。
    でも屋台の食べ物っておいしいものが多いですよね。
    ついつい買ってしまいます。

  10. さなえ より:

    フィリピンで屋台経営!なんて簡単にできそうだけど、そうではないのですね。
    日本よりも各種許可が必要なんて意外でした。
    フィリピン人を経営パートナーにするのは、たとえ配偶者だとしても不安です。

  11. さら より:

    約20万から開業できるんですか!
    ファーストフードとは盲点です!
    場所によってですかね?
    当たったら集客凄そうですね!

  12. ふじなな より:

    屋台のものを食べないと現地のことを理解できないぞ!
    なんて言われることありますが、正直こわいです。
    やっぱり衛生面が・・・
    でもフィリピンで日本人が経営してる屋台だったら安心できるかも。

  13. ねずこ より:

    初期投資が少なくて、簡単で、成功する確率が高いってすごいことですね!
    日本人経営の屋台は清潔だという付加価値がつけば、成功できそう。
    ちなみに群馬名物の焼きまんじゅうってフィリピンでは受け入れられるでしょうか?

  14. かや より:

    フィリピンの法律では日本人資本の飲食店の開業はできないというのはいつからですか?
    厳しくなったんですか??

  15. みまみま より:

    フィリピンに行ったら、屋台の新鮮なフルーツを食べたい!と思っていたのですが
    やっぱり屋台のものは危険なんですね。
    水道水で洗っている食材や包丁も注意が必要なのは思ってもみませんでした。

  16. さくら より:

    フィリピンに行ったら、屋台の揚げバナナを食べてみたい~
    マニラに旅行に行った友だちがおいしかったよーとおススメしてきたので。
    屋台は揚げ物が多いと言ってましたが、揚げたものなら衛生的にもセーフかな。

  17. みっちょん より:

    日本の水が安全すぎて飲めるのが当たり前なので、
    フィリピンの飲めない水で洗ったものや氷も危険なのは盲点でした。
    フィリピンに行ったら屋台村の食べ歩きを楽しみにしているけど、
    ちょっと不安になってきた。

  18. satomin より:

    フィリピンの屋台は興味あります!
    友だちが Japanese Cake という今川焼みたいなのが売っていて
    とてもおいしかったよ~って言ってました。
    今川焼があるなら、たい焼きやベビーカステラも商売できそうですね。
    もうあるのかな?