スマートEXの発券、新宿で当日も可能?学割の料金の比較や乗車券の区間、発券した後の変更や領収書の見本の印刷(PDF)、乗車券のみの場合、会員登録の年会費は無料?キャンセルの返金(払い戻し)や料金(手数料)と方法、領収書の発行はいつまで?ポイントは貯まるの?確認のサイトは?領収書が表示されない場合や登録ができない場合(JR西日本)、乗り方(ICやiPhone)、切符の受け取り、料金の検索(料金表)、ログインのロック、割引(こだまのグリーン車の早割)の割引額や割引率の設定あり、カードの変更について

スポンサードリンク


キャッシュレスで新幹線を利用することを成功させたスマートEX

スマホアプリで予約も乗車もできる便利なサービスだが、

よく知らないまま利用すると乗車できないなどの失敗をしてしまう。

割引や予約方法などの注意点をまとめてみた。

目次

スポンサードリンク

スマートEXの使い方と新幹線の乗り方(切符、IC、iPhone)!2人の場合は?iphoneなどアプリでのログインの方法は?ロックした場合は?

スマートEXは、ウェブサイトで会員登録後、

アプリをiphoneなどにダウンロード・ログインして

予約や乗車ができるJR東海とJR西日本(東海道新幹線・山陽新幹線)のサービスだ。

スマートEXはインターネット予約専用のサービスで、

アプリにログインすれば乗車だけでなく

領収書も見たり印刷したりできてチケットレス

このスマートEXはログインするだけで簡単に

予約・乗車ができて便利だが、できるのはJR新幹線の

駅のみの乗車券と特急券の購入で、在来線は含まれない。

また、外国人旅行者用のスマートEXもあり

ここからはログインできないから気をつけよう。

ログインするには、登録時に使ったIDとパスワードが必要。

パスワードだけでログインできる簡単ログイン設定もできるし、

忘れた場合も再設定する方法がある。

何度も入力して間違えてロックがかかり解除に

お金がかかったという失敗を知り合いが話してくれた。気をつけよう。

スマートEX を使っての乗り方は登録してある

交通系ICカードを改札口にかざすだけ、

2人の場合はICカードは使えないから券売機で切符を発券して乗ることになる。

スマートEXのアプリで往復の座席指定、使い方は?会員登録やSuicaの登録方法、機種変更の場合は?登録した後の年会費は無料?JR西日本より

スマートEXを使う前に、ウェブサイトの会員登録ページに入り、

メールアドレスを入れる。

そのメールアドレスに届いたページから必要な情報を入れていくが、

このときクレジットカード番号や交通系ICカードとして

モバイルSuicaのID番号も登録する

登録が済んだら、スマートEXのアプリを

ダウンロードしてログインして予約を開始するが、

ます乗車する新幹線を選び、座席を指定する。

片道601km以上の場合、往復で買うと割引が適用される

スマートEXのアプリなら、予約にかかる時間は約5分だ

スマートEXの使い方だが、モバイルSuicaなど

交通系ICカードが登録されていれば、

改札口にスマホをかざしその時発行された

EX利用表で席を確認するだけで、

切符を買ったり並んだりする必要がない。

携帯を機種変更した場合、

suica登録情報は新機種にそのまま移行されるが、

スマートEXのsuicaID番号は自分で変更する必要がある。

「お客様情報の変更・退会」→ワンタイムパスワードを入力後

「交通系ICカード情報変更」から新しいsuicaID番号に変更する。

スマートEXのアプリは、日本語以外に英語版もある。

英語圏の旅行者がクレジットカードで登録すれば

自分の国で予約できるようになっている。

スマートEX、新幹線の予約はいつから?発券後の変更やキャンセルはいつまで可能?方法は?

スマートEXの予約のとき、アプリの予約画面で

人数を指定できて複数なら6名まで可能

この場合、ICカードで改札から入ることはできないので

発券機で切符を発券する必要がある。

予約はいつからいつまでできるか?

乗車日の1か月前の同じ日午前10時から、

乗車する4分前まで予約できるから、

仕事上などで変更が生じやすい人にとても便利だ。

変更は、改札に入る前または切符を受け取る前なら何度でも無料でできる。

キャンセルについては料金がかかるが、

普通の切符のキャンセルよりもかなり安い。

変更するのに手数料はかからないから、

予約した時刻に乗れなくてもとりあえず

もっと先の日にちに変更しておくことで

キャンセル料の支払いを回避することもできる。

スマートEXでの予約、可能な時間や確認の方法は?登録や予約ができない時は?

スマートEXでの予約ができる時間は、

午前5時30分から午後11時30分までになっている。

それ以外の夜間の時間帯は予約ができないが、

仕事などの理由でどうしても5時30分まで待てない場合の対処法がある。

夜間申し込みを利用することだ

ここでは、夜間の予約を受け付けてくれるから、

第2希望まで乗車する新幹線を選んでおく。

このサービスは、夜間の予約を受け付けるだけで、

サービスは完了しない。

5時30分以降予約などが完了し、

申し込んだサービスの結果がメールで通知される。

スマートEXで予約した新幹線の確認は、

アプリの「予約確認/変更/払い戻し」をタッチし操作する。

夜間に行った予約などは午前5時30分までは

反映されないので待つ必要がある。

スマートEXの変更。区間を変えるには?早割の場合は?窓口でも可能?

スマートEXでは乗車時刻前までなら無料で何回でも変更はできるが

指定席の場合は空席がなければ変更はできず元の予約が維持される。

スマートEXでの変更の仕方はアプリ上での操作になる。

変更した後の新しい切符を購入後、元の予約分を返金する形になるから、

スマートEXによる変更でカードの請求額が限度額を

超えるような場合には変更ができないこともあるので注意したい。

スマートEXでは変更が無料で回数制限なくできるが、

このように残席状況などによっては

変更できないこともあることを知っておく必要がある。

さらに、夜間(23:30-5:30)はスマートEXで変更の操作はできないので

次の日まで待つ必要がある。

変更後新たに予約できるのは1か月後となるから、

早割りの場合3日または21日以上先で

1か月以内の列車で空きがあれば変更できる。

スマートEXで予約した切符を受け取った後に

乗車日や区間の変更する場合は、

窓口であらたに希望の切符を購入し、

元の切符については手数料がかからず

クレジットカードの口座への振り込みで返金される。

スマートEX、キャンセルの場合の払い戻し(返金)や料金(手数料、キャンセル料)について

スマートEXを予約後キャンセルする場合、

列車発車前で発券前であれば、指定席・グリーン席・

自由席すべてキャンセル料310円を引いた額が返金される

スマートEXはインターネットのサービスだから、

現金ではなくクレジットカードの指定口座に返金される。

乗車前でもスマートEXのキャンセルを発券後にする場合は、

アプリではできないので切符とクレジットカード持参

窓口で手続きすることになる。

スマートEXで予約後、

都合が悪くなって乗れなくなったのにキャンセルを忘れた場合。

発車後でも乗らなければ自動的に払い戻しされる

指定席・グリーン席は手数料が高くなるから

できるだけ発車前に手続きしたほうがいい。

スマートEXは変更は無料だが

キャンセルは料金がかかることに注意したい。

スマートEXで指定席を予約しなかった場合の

キャンセルに関わる手数料は、領収書表示サービスは

利用できないことになっている。

スマートEXにはキャンセルが出たら通知される機能はないから、

キャンセル待ちをするなら、

乗車4分前までに残席をアプリで確認するよりほかに方法がない。

スマートEX、早特スマートEXの登録と割引スマートEXの変更はどうやって?

乗車3日前までに購入する「早得」と

21日前までに購入する「早得21」というのぞみ

指定席とグリーン車が割引になる早得スマートEXの商品がある

土日に長距離利用するとお得になる。

特に手続きなどはなく、

スマートEXに登録してあればアプリで購入できる。

予約後、このプランの条件を満たす列車で

残席があれば変更も無料で可能だ。

注意点は、往復割引や学割などの他の割引プランとは併用できないことだ

早得にはこのほか、グリーン早得、こだまグリーン早得、

のぞみファミリー早得、こだまファミリー早得がある。

自分の利用条件にあるものがあれば賢く利用したほうがいい。

もう一つ割引になるのが、片道601km以上の距離を

往復するときの指定席とグリーン車に適用される往復割引スマートEX。

繁忙期でなければ往復で400円くらい安くなるが、

自由席は通常と同じ値段で割引はない。

スマートEXの乗車券は…発券はいつから?当日の新宿、池袋、品川、名古屋での切符の受け取りの方法。区間のみ知りたい場合も

スマートEXはそもそもチケットレスのサービスなのだが、

交通系ICカードを登録していない場合や2人以上で乗る場合は

ICカードで改札を通るという乗り方はできないから

切符を発券する必要が出てくる

スマートEXの切符は新幹線各駅の乗り換え口や

改札口に設置された券売機や受け取り専用機で受け取れるが、

名古屋駅ではこのほかに中央コンコース内

および広小路地下の近鉄乗換口でも受け取れる。

スマートEXの発券は新幹線の駅でのみ、

在来線の駅、例えば池袋駅や新宿駅では

発券できなくて不便だという声もある。

東京都でスマートEXが発券できるのは東京駅と品川駅だけだ

スマートEXの発券は乗車前日でもできるし、

乗車後でもその日の営業時間終了までなら発券できる。

スマートEXの発券には、購入時のクレジットカードと

アプリにログインするときのパスワードが必要になる。

そしてスマートEX発券時にご利用票券領収書が発行されるが、

宛名付きの領収書がほしい場合は駅窓口で発行してもらえる。

スマートEXを発券した後キャンセルが必要になった場合は、

ネット上ではできないので窓口で手続きしてもらうことになる

スマートEXのアプリ、領収書の見本(PDF)を紹介。宛名や日付は?発行や印刷で分ける方法や表示されない場合の対処も

スマートEXの領収書についての説明と、

PDFでの領収書サンプルが載っているサイトがこちら。

乗車日と時間、登録者(=乗車した人)の名前もきちんと載っている。

https://smart-ex.jp/reservation/reserve_smart/receipt/

スマートEXの領収書は、アプリ内で予約日翌日から

3か月後までなら乗車日後も表示されるが、

2時間以上の遅延などで特定額が払い戻された場合など

一部表示されない場合もある。

また、予約した当日は表示されず翌日まで待つ必要がある。

アプリ内での表示は期限があるから、

期限内に印刷しておくことを忘れないようにしたい。

アプリ内の操作では、複数名一緒の領収書を

分ける方法や宛名をかえる方法はないが、

窓口で頼むとやってもらえる。

万が一アプリの領収書が表示されない場合も

窓口で対応してもらえる。

領収書をもらうのは顧客の権利、

よっぽど無理な要求でなければしてもらえることが多い。

スマートEXの使い方も領収書の印刷も

慣れないうちは一つ一つ調べていて時間がかかったが

慣れてわかってくると短時間でできるから便利だと感じている。

スマートEXの領収書、グリーンの場合。窓口でもらうには?

グリーン車も普通車の自由席・指定席と同じように

アプリの操作で「ご利用履歴・領収書の発行」

タッチすることで領収書を表示したり印刷したりできる。

スマートEXは、通常アプリを自分で操作して

領収書を手に入れるのが基本だが、

職場から手書きでと指定されたりした場合は、

グリーン車か普通車かに関わらず窓口手続きで頼むことができる。

切符を発券したときにもらう利用票兼領収書

またはICカードで改札を通ったときに出る

EX利用表を持って行くのを忘れないように。

注意点として、利用した中の一部の区間や

グリーン車と普通車の差額などの領収書は

出してもらえないことを理解しておく必要がある。

請求できるのはあくまでサービスを受けた全行程に対する領収書だ。

スマートEX、新幹線のエクスプレス予約との違いやデメリットは?

スマートEXのエクスプレス予約との違いでメリットといえるのは、

年会費が無料であること、登録後すぐ使えること

今まで使っていた交通系ICカードが使えることだ

エクスプレス予約は年会費が1,080円かかり、

登録後使えるようになるまで2、3週間かかるし

専用の交通ICカードを持つ必要がある。

しかしデメリットもある。

スマートEXは通常切符より安くなるのは200円が基本で、

エクスプレス予約のほうが割引率が高い場合がある。

東京-大阪間で考えると、スマートEXは14,250円、

エクスプレス予約なら13,370円だから、

単純計算で年に2回以上乗るならエクスプレス予約のほうがお得になる。

頻繁に新幹線を利用することが確実な人には

エクスプレス予約のほうがおすすめだが、

急な変更がよく起きるという人にはスマートEXがおすすめだ。

スマートEX、新幹線の料金や割引の額はどうなる?料金表で割引率を検索で比較してみた!割引の設定、ありとなしの差は?こだまの早割は?

スマートEXの料金や割引額を、

サイトの料金表の東京-名古屋間で調べどのくらいお得か考えてみる。

まず、スマートEX の割引は自由席の場合は設定がなく

通常の運賃と同じ額になる。スマートEXの通常の割引額は基本200円で、

これだけを見るなら割引率はエクスプレス予約より悪い。

次に早割の商品を見てみる。

スマートEXの割引は、グリーン車の場合

14,680円→14,480円で200円だけだが、

3日前までに予約するグリーン早得なら

14,680円→11,830円で、2,850円お得になる。

3日前までに予約するEXこだまグリーン早得なら、

通常14,470円→9,000円になる。

スマートEX の割引、家族で行く場合はどうか。

EXこだまファミリー早得の大人料金は通常10,880円→7,900円になる。

もし、グリーン車なら14,470円→8,900円。

スマートEXの割引はグリーン車のほうが大きい。

グリーン早得やこだま早得などのスマートEX商品で

割引が大きいサービスも無料で変更できる

スマートEX 割引は乗車日の何日前までに

予約するかで割引の設定が違う。

キャッシュレスという利点も生かしたいが、

できるだけ早く予約して高い割引額も手に入れたい。

まとめ…スマートEXのポイント(貯まるポイントの確認やサイト、グリーン車)や学割の比較、再発行、登録したカードの変更についてもチェック

スマートEXの一番のメリットは、駅で並んだり、

お金を出し入れしたりする手間が省け

キャッシュレスで新幹線が利用できることだ

しかし、それほど安くならない場合もあるというデメリットもある。

新幹線を利用する頻度や距離を考えて、

他のサービスと比較することが必要になってくる。

スポンサードリンク