Amazon(アマゾン)で再配達できない?0120899068に電話できない(自動音声で利用できないなど)。Amazon再配達できない、受付できない…出来ない理由と対処は?

スポンサードリンク


昨今、ネット通販で買い物をするのは当たり前な時代となっているが

Amazonなどで「デリバリープロバイダ」という言葉を目にする。

調べてみると、あまり評判がよろしくないのだが

一体どんなものなのか。

例えば、0120899068のような電話番号や

https://www.saqura-web.com/sbs_ltrc/といったアドレス、
再配達できないや届かないなどの声も。

デリバリープロバイダについて、

また悪評の理由などについてまとめてみた。

目次

スポンサードリンク

デリバリープロバイダ(Amazon/アマゾン)のトラッキングやクレームについて…再配達できないときは0120899068に電話?配達不可で再配達できない場合

デリバリープロバイダのトラッキングや

クレームをする方法を知っておく必要がある。

0120899068は、

再配達できない時に電話しよう。

この0120899068という電話番号は

Amazonの再配達受付専用ダイヤル。

ここに電話をすれば24時間再配達の手続きが出来る。

ただし自動音声での受付で、

ドライバーに直接連絡する事が出来ない。

では、デリバリープロバイダの営業所で

荷物の受け取りをするには

どうすればいいのだろうか。

Amazonからの荷物を直接営業所で受け取る場合は、

確認の電話をしてから行くようにしよう。

Amazonのヘルプページから

配送業者の連絡先を調べて電話をしておく。

営業所によっては受け取りが出来ないところもあるので

気を付ける必要がある。

営業所によって会社が違う。

例えばデリバリープロバイダの営業所が

福岡の場合はT.M.Gだ。

デリバリープロバイダ の営業所が浦安の場合は

SBS即配サポートだ。

デリバリープロバイダが横浜市の場合、

どこの配送業者が担当になるかわからない。

神奈川県担当の業者は、

札幌通運・ギオンデリバリーサービス・ヒップスタイルだ。

Amazonの商品をデリバリープロバイダで

横浜市に住んでいる人に届ける場合、

Amazonはデリバリープロバイダの横浜担当が配送する。

もし荷物が届かなかった場合

どこのデリバリープロバイダか判断する事が出来ないので、

まずは配送中お荷物の状態照会で確認する。

デリバリープロバイダ が横浜担当であっても、

電話をする場合はAmazonヘルプページにある

お問合せ電話番号にかける。

デリバリープロバイダから横浜で

荷物を引き取りたい場合がある。

荷物が追跡で営業所に保管している場合のみ可能だ。

まず荷物の追跡をしておこう。

デリバリープロバイダが荷物を保管している

横浜のどの場所にあるか探す必要がある。

Amazonのデリバリープロバイダは

営業所を公表していない

デリバリープロバイダに対するクレームの方法を知っておく。

デリバリープロバイダのクレーム先だ。

デリバリープロバイダに対するクレームはAmazonにする。

Amazonのデリバリープロバイダに対するクレームは

どのようにすればいいのだろうか。

デリバリープロバイダに対してクレームの入れ方を知っておこう。

Amazonに電話かメールだ。

その時に注意しなければならないのは怒りを抑える事。

デリバリープロバイダに対して

クレームの電話をかける場合だ。

クレーム対応担当者からの質問に正確に答えよう

メールの場合は、内容だけではなく

注文番号を記載しておこう。

デリバリープロバイダから荷物が届かなかった場合、

返金をする事が出来るのだろうか。

デリバリープロバイダの不手際で

届かなかった場合は返金が可能だ。

デリバリープロバイダから荷物が届かないのに

Amazonの配送状況で配達済みになっている場合がある。

まずAmazonのヘルプページに

「配達が完了になっているが届かない商品をみつける」

という部分があるので確認しておく。

急いでいる場合は

Amazonのカスタマーセンターに連絡するのが一番だ。

Amazonの再配達、自動音声で電話できない?0120 899 068‬で受付できない時…「ご利用いただけません」

再配達のために自動音声に応じて入力したが、英語が聞こえて

切れてしまい入力できなかったという声も。

こんな場合も、やはり頼りになるのは

Amazonのカスタマーセンター。

特にチャットはリアルタイムでやり取りができてスピード対応なので、

ぜひ有効に活用したい。

Amazonのデリバリープロバイダ(配送業者)ADPやファイズの追跡は?札幌通運で再配達できないとき

Amazonのデリバリープロバイダである

ADPやファイズの追跡はどうすればいいのだろうか。

Amazonはデリバリープロバイダ契約として、

ファイズを解除している。

契約を解除されているデリバリープロバイダの

ファイズに関する追跡はない。

そしてデリバリープロバイダ であるファイズの再配達もない。

ADPの追跡方法を知っておこう。

一つはデリバリープロバイダーサービスで

問い合わせ番号を入力して調べる方法

これは追跡サービスのあるデリバリープロバイダであれば可能だ。

例えば

札幌通運・SBS即配サポート・TMGである。

二つ目はAmazonのアカウントサービスを確認するという方法

「注文履歴」や「配送状況を確認する」から見る事が出来る。

デリバリープロバイダのホームページが 繋がらない場合も

Amazonのアカウントサービスを利用してみよう。

デリバリープロバイダへの問い合わせが繋がらないケースが多い。

そんな時は、デリバリープロバイダより

Amazonに問い合わせてみる。

デリバリープロバイダで

Amazonの商品を再配達してもらうには

どうすればいいのだろうか。

例えば札幌通運の再配達をしてもらう場合。

札幌通運であれば、再配達依頼サービスがある。

問い合わせ番号を入力すれば再配達の手続きをする事が出来る。

Amazonの再配達、デリバリープロバイダの営業所に問い合わせたい!問い合わせの電話をしたいが…番号はどこに?横浜なら?

さて、デリバリープロバイダの

営業所へ問い合わせをしたい時、

「そもそもどこの配送業者が担当してるのか分かりづらい」

という問題も発生しているようで

それこそ不在票などの担当業者が分かるものが何もないと、

どうしたらいいのか困ってしまう。

最初に説明したように、デリバリープロバイダは

地域限定の配送業者なので、住んでいる地域によって

配送業者が定められている。

デリバリープロバイダの営業所、例えば福岡はTMGで

他のデリバリープロバイダ営業所は

浦安ならSBS即配サポートを利用している。

TMG公式サイト:http://www.tmg-group.jp/

SBS即配サポート:https://www.sbs-sokuhai.com/

どちらも問い合わせ先に専用フォームがある。

では自分の地域は?と調べてみたり、

調べても「本当にこの業者かな?」と心配ならば

Amazonの「配送業者の連絡先」にある

デリバリープロバイダの電話番号へ電話をしよう。

0120-130-661(フリーダイヤル/9:00~21:00)

再配達の依頼についてでも挙げた電話番号だが、

ここへ連絡すれば自分の注文した荷物を

どの業者が配送するのか確認することが出来る。

Amazonのデリバリープロバイダの配達時間…再配達の確認に必要なお問い合わせ伝票番号や追跡番号(DAなど)

配達時間などを確認するには

お問い合わせ伝票番号や追跡番号と言われる番号が必要だ。

Amazonからの発送通知メールなどに

「お問い合わせ伝票番号」として番号が記載されるはずなので

追跡サービスでその番号を入力すれば良い。

追跡する際の注意点として、番号を間違えないこと。

当然のことではあるが、場合によっては

別の荷物の情報が表示されてしまうこともあるのだ。

いちいち追跡サービスのページへアクセスし、

その都度番号を入れるのは面倒だ、と感じるなら

最近では荷物の自動追跡や再配達をワンクリックで

出来る「ウケトル」というアプリも登場している。

こちらは大手運送業者以外にもAmazon、

デリバリープロバイダも対応しているようなので

何度も追跡機能を使うというならば試してみても良いだろう。

Amazonのデリバリープロバイダとは?AmazonのTMGはどう?届かない、再配達が遅いと評判のTMG Group

そもそもデリバリープロバイダとは、

配送業者でよく聞くヤマトや佐川

日本郵便以外のAmazonと提携している

地域限定の配送業者の集合体である。

年々増加する荷物の量、大手だけでは厳しい配送を

請け負っているのがデリバリープロバイダ。

しかし、配送業者としては評価は最低とも言われている。

自分の住む地域では佐川が担当しており、

有難いことに配達員にも恵まれてトラブルはない。

その中で、デリバリープロバイダについて

調べるうちに見かけた「TMG」。

デリバリープロバイダのなかでもTMGの評判は、

ざっと検索しただけでも厳しいものばかりだ。

デリバリープロバイダのTMGへ

再配達の時間指定依頼をしても

時間通りに来ないとか

デリバリープロバイダのTMGへは

電話をしてもなかなか繋がらないとか。

よく見受けられるトラブルは

「配達もしていないのに持ち帰りになっている」

というもの。

TMG以外でも、デリバリープロバイダだと

届かないのに配達済みになっているという

トラブルが見受けられる。

デリバリープロバイダで届かないので

キャンセルしたい、という時は

Amazonの注文履歴からキャンセル手続きが出来る。

デリバリープロバイダの不手際で届かない、

という場合は返金も可能だ。

この場合、基本的に商品代金・

送料・手数料など、支払った全額が返金される。

注文履歴の「注文のキャンセル」にある通り

キャンセルを行い、無事キャンセル完了出来れば

完了通知が送られてくる。

キャンセル後に配達されても、

受け取り・サインなどはせずに

キャンセル・Amazonへの返送を伝えよう。

Amazonでデリバリープロバイダを回避するには

デリバリープロバイダというものの

評判を知って不安になった方も多いだろう。

では、そもそもデリバリープロバイダを

回避したい場合には手立てはあるだろうか?

いくつかあるので紹介したい。

・コンビニ受け取りを選ぶ

これは、足を運ぶ必要があるので

少々手間だが確実な方法ではある。

・代引き設定にする

マイナス面は手数料だが、時間厳守を望む場合や

質の悪い対応を避けるため、と考えるならいいだろう。

また、そもそもAmazonで注文しない、という極論もある。

Amazonのデリバリープロバイダの再配達が来ない?再配達依頼をしたいが再配達時間は?Amazonのプロバイダーの追跡はホームページからデリバリープロバイダ配達時間帯、何時から何時まで配達を行っているのか?

デリバリープロバイダの配達時間は

何時までなのかというと基本的には

土日祝日を含めて9:00~22:00まで。

ただ、デリバリープロバイダが遅い時間に

配達に来たという書き込みも多くみられる。

発送された後に配送時間帯を変えることはできないが、

再配達の際にデリバリープロバイダへ

配達時間変更を依頼することはできる。

デリバリープロバイダの配達時間が遅いのは、

配達員が不慣れ、といった業者側の問題と

不在や宛先入力ミスといった

受け取り側の問題が考えられる。

もし再配達が来ないときは、

自身に不備がなかったかも確認した上で

配送業者のホームページから追跡をしてみよう。

TMG・SBS即配サポート・札幌通運が担当する

荷物であれば以下の問い合わせ画面より状態照会できる。

https://track-a.tmg-tms.com/cts/TmgCargoSearchAction.do?method_id=INIT

また、デリバリープロバイダのホームページに

繋がらない場合にはやはりAmazonの

「配送業者の連絡先」より

「デリバリープロバイダ」のフリーダイヤルへ連絡したほうがいい。

デリバリープロバイダ(配送業者)、Amazonの再配達の電話をしたい。当日受け取りたい時は、依頼の時間は何時までOK?

デリバリープロバイダが持ってくるはずの荷物、

何かの都合で受け取れず、再配達してもらう場合

どのような手順となるのか。

不在票が手元にある場合は、

記載された連絡先に電話をすればよいが

不在票が無く、問い合わせ番号などで

再配達の必要を知った場合。

まず、TMG・SBS即配サポートや札幌通運など

「再配達依頼サービス」のサイトがある配送業者なら

問い合わせ番号を入力し、再配達の依頼を行おう。

次に、上記以外の「再配達依頼サービス」の

サイトが無い場合はAmazonヘルプページの

「配送業者の連絡先」にある通りに電話で依頼しよう。

「再配達依頼サービス」で問い合わせ番号を

入力しても「問い合わせ番号が存在しない」など

デリバリープロバイダ再配達ができないケースがある。

この場合もAmazonヘルプページ経由で電話依頼をすると良い。

再配達で、荷物を当日に受け取りたい場合。

デリバリープロバイダでも再配達の時間指定は出来る。

当日に受け取りたい場合、

何時までに電話をすれば良いか、

また時間指定についてだが注文履歴を見てみよう。

デリバリープロバイダ再配達の際に

確認してほしいのは配送業者で、

「配送業者ADP」と表記されているなら

当日、13:30までに連絡すれば9:00から

18:00までの時間(12:00~14:00を除く)で指定でき、

16:00までに連絡すれば18:00から21:00の間で指定が出来る。

それ以外の配送業者だと

当日9:00までに連絡で

9:00~18:00の間で指定可能。

18:00までに連絡すれば、

18:00から21:00の間で届けてもらえる。

いずれも、当日受け取り希望なら

再配達の依頼は18:00が最終だ

依頼受け付けの時間は

「配送業者の連絡先」ページにも記載があるが・・・

デリバリープロバイダ

0120-130-661(フリーダイヤル/9:00~21:00)
050-5525-7445(自動電話受付/24時間)

デリバリープロバイダの再配達を依頼したい時、

daから追跡番号が始まっていて、

配送業者がADPと表示されている場合は

0120-899-068

である。

デリバリープロバイダを追跡できない時は…番号への電話がベストな方法?「配達中」なら待つだけ?

デリバリープロバイダ扱いで発送された商品が、

今どんな状況にあるのか

追跡するには大きく分ければ2つの方法がある。

一つは、デリバリープロバイダ追跡サービスで

問い合わせ番号を入力して調べる方法。

これは、追跡サービスのある

デリバリープロバイダであれば可能である。

例えば、

札幌通運 https://www.sattsu.co.jp/kamotsu/ewebLogin.aspx
SBS即配 https://www.saqura-web.com/sbs_ltrc/
TMG https://track-a.tmg-tms.com/cts/TmgCargoSearchAction.do 

この辺りの配送業者は上記URLで追跡サービスが利用できる。

デリバリープロバイダの追跡はAmazonからも。

そう、二つ目はAmazonの

アカウントサービスで確認するという方法。

「注文履歴」の「配送状況を確認する」から見ることが出来る。

デリバリープロバイダ、配達中とはどういう状況か。

追跡して「配達中」となっている場合は、

最寄りの営業所から届け先へ、

文字通り「配達」している途中であるということ。

デリバリープロバイダの追跡サービスで

配達中です、となっているならば、

基本的にはその日のうちに配達が行われるが、

夜など、遅い時間に「配達中」となった場合は

届くのが翌日となる可能性が高い。

デリバリープロバイダの追跡調べても、

配達中にならない場合に考えられるのは

・発送から時間があまりたっておらず、システムに反映されていない
・追跡サービスを利用した場合、問い合わせ番号の入力ミス
・相手先から伝えられた問い合わせ番号が間違っている

といった理由である。

一日以上経過しても変化が見られない場合は

Amazonサポートセンターへ問い合わせると安心だ。

デリバリープロバイダでの配送状況で、

配達中となってからどれくらいで届くのか、

どの程度待てばいいのか。

またデリバリープロバイダ扱いのものが、

配達中となったあとも届かない場合はどうしたらよいか?

追跡して「配達中」と表示されるにもかかわらず、

一向に商品が届かないなら

配送状況について問い合わせたほうがいい。

この場合、やはりAmazonのカスタマーサービスページの

カスタマーセンターへ問い合わせるのが確実だ。

発送通知のメールや、Amazonの追跡結果からは

配送業者が分かりづらい場合が多いし、

デリバリープロバイダへの問い合わせについて

「対応が悪い」「なかなか電話が繋がらない」

といった声も多い。

仮に問い合わせるべきデリバリープロバイダが

どこか分かっていても、

Amazonへ問い合わせたほうが安心だろう。

Amazonのデリバリープロバイダ、TMGを回避する方法。時間指定は?追跡や再配達、コンビニでの受け取りは?つながらない?

デリバリープロバイダのtmgを回避するには、

どうすればいいか悩んでいる人もいるだろう。

デリバリープロバイダとは何か。

デリバリープロバイダとは、先述したとおり

ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便以外で

Amazonと提携している地域限定配送業者の集まり

例えば横浜に本社がある

関東中心に行っているデリバリープロバイダは、

株式会社ヒップスタイルだ。

デリバリープロバイダを福岡でしている宅配業者はT.M.G。

デリバリープロバイダであるT.M.Gの評価は悪い

デリバリープロバイダの評判が悪いので、

Amazonはデリバリープロバイダを離れていく傾向にある。

つまりデリバリープロバイダをAmazonが回避し始めてきている。

それはAmazon独自の

「アマゾンフレックス」

というサービスを始めたからだ。

完全に自前ではないので、

ほとんどの荷物がまだデリバリープロバイダである。

デリバリープロバイダのトラブルの一つは、

デリバリープロバイダの T.M.Gに

再配達で時間指定しても届かないこと

つまりデリバリープロバイダの

T.M.Gに時間指定しても

時間通りに届かないのだ。

時間通り届かないと、

デリバリープロバイダであるT.M.G に

荷物の追跡を聞く必要が出てくる。

荷物が届かなかったら

デリバリープロバイダ のT.M.Gに電話をする。

しかし、電話をしても、つながらない。

そのような場合、

デリバリープロバイダのT.M.G を追跡する方法が二つある。

一つは、配送中お荷物の状態照会から探す方法

デリバリープロバイダが担当する荷物を追跡する事が出来るのだ。

T.M.Gも対象である。

デリバリープロバイダの配送業者がADPと表示され、

追跡番号がdaや99な場合は追跡する事が出来ない。

二つ目は、デリバリープロバイダ追跡サービスを利用する方法

T.M.Gの公式サイトを開いてみよう。

T.M.Gが分からない場合は、

Amazonのデリバリープロバイダである連絡先に電話をしておく。

デリバリープロバイダを追跡するには、

お問い合わせ番号や追跡番号が必要になる。

デリバリープロバイダの追跡をするには、

Amazonからの通知メールを見てみよう。

そこにお問い合わせ番号や追跡番号か記載されている。

デリバリープロバイダの追跡番号は daから始まっている。

ではデリバリープロバイダの T.M.G に

再配達で時間指定をしてもらう方法は二つ。

不在票があるなら不在票に記載されている連絡先に電話をしよう。

不在票がない場合再配達の依頼サービスのサイトがあるなら、

問い合わせ番号を入力すると再配達の依頼が出来る。

問い合わせ番号を入力しても手続きが出来ない場合や

再配達依頼サービスのサイトがない場合は、

Amazonのヘルプページにある配送業者の連絡先に電話をする。

デリバリープロバイダの追跡がヒップスタイルの場合でも、

再配達依頼サービスで探す事が出来るので覚えておこう。

一番多いトラブルは

配達をしていないのに持ち帰りとなっていること。

これは本当に困る。

受け取りを確実にするには

どうすればいいのだろうか。

方法は3つある。

1.コンビニでの受け取りにする。

2.代引き設定にする。

手数料はかかってしまうが、時間内に届けてもらうなら利用しよう。

3.デリバリープロバイダを利用しているAmazonをやめる

SBSの再配達の評判は?即配サポートはAmazonの再配達を追跡できない?つながらない?https://www.saqura-web.com/sbs_ltrc/について

デリバリープロバイダの再配達依頼は

どうすればいいのだろうか。

デリバリープロバイダの一つにSBS即配サポートがある。

SBSの評判はどうなのか気になる。

デリバリープロバイダの再配達依頼をSBSにするには

どうすればいいのだろうか。

配送する人によって印象が違うSBSで運ばれる荷物は、

追跡できないのか調べてみよう。

SBS即配サポートであれば

「配送中お荷物状態照会」から状態照会が出来る。

https://www.saqura-web.com/sbs_ltrc/

は、SBS即配サポートのお荷物お問合せサービスのサイトだ。

これはSBS即配便(企業間配送専用)なので、覚えておこう。

つながらない場合は、Amazonの配送業者連絡先にある

デリバリープロバイダのフリーダイヤルに電話をする。

T.M.Gと同じように再配達依頼サービスから入力する。

お問い合わせ番号を入力しても

再配達の依頼が出来ない場合がある。

その時は、配送業者の連絡先に電話をしよう。

デリバリープロバイダ であるSBSの再配達で

時間指定をする場合の方法を知っておこう。

決められた時間内に依頼する必要がある。

デリバリープロバイダの配達時間は、

基本的に土日祝日を含めて9時から22時まで。

当日受け取りの再配達の依頼をする最終時間は

18時までなので、覚えておこう。

また配送希望時間帯の21時まで。

デリバリープロバイダに再配達を依頼する

時間帯を決めてから、

入力番号を再配達依頼サービスのサイトに入れる。

Amazonの再配達で電話できない時は?デリバリープロバイダは玄関に置いてくれるの?

デリバリープロバイダの不在票を受け取っても、

その日のうちに荷物を受け取れない場合がある。

また再配達の電話をしても、

つながらなくて連絡が取れない場合もある。

再配達で電話できない時どうすればいいのだろうか。

どうしても指定された日に届けてほしい場合、

玄関先に荷物を置いてくれると

その日に確実に荷物を得る事が出来る。

電話ができない時、

荷物を玄関に置いてくれると助かるのだ。

デリバリープロバイダ が玄関前に

荷物を置いておいてくれるのだろうか。

Amazonのデリバリープロバイダ の中には、

玄関の前に荷物を置いてくれる配達業者がある。

玄関先においてくれるサービスがある配送業者はADPだ。

サイトかアプリの注文履歴から置き場所を設定する。

配送の変更メニューから不在時置き場を指定しよう。

デリバリープロバイダに

玄関に荷物を置いておいてもらいたいなら、

玄関を選択する。

玄関に近いところであれば

ガスメーターボックス・宅配ボックス・ガレージにも置いてくれる。

マンションの場合は、

建物受付や管理人にあずかってもらえる。

ただ注意しなければならない点がある

状況によっては持ち帰ってしまったり

タイミングによっては対応する事が出来なかったりする場合がある。

荷物を置いたことにより、

荷物が壊れたり盗まれたりするなどのトラブルもある。

荷物を確実に受けとるなら再配達を依頼した方が安心だ。

Amazon再配達できない(アマゾン再配達できない)…まとめ。Amazonの再配達が利用できない(出来ない)場合

ご紹介してきたように、デリバリープロバイダとは、

昨今、ネット通販で買い物をするのが当たり前な時代になっている。

ネット通販でよく使われる一つがAmazonだ。

Amazonの

地域限定配送業者の事をデリバリープロバイダと言う。

そのデリバリープロバイダによる

トラブルが増えている。

デリバリープロバイダが原因のトラブルは、

再配達ができない、荷物が届かないなど。

再配達ができなかったり

荷物が届かなかったりするというトラブルに

合いたくないのは誰しも共通するところ。

Amazonに商品を注文したら、

無事に自分のところに商品が届いてくれるのが当然だ。

デリバリープロバイダによるトラブルを回避するには

どうしたらいいか調べてみた。

また再配達を依頼する方法や

クレームの言い方も知っておこう。

荷物が届かなくてイライラしている。

そんな時に荷物の追跡でいちいち入力するのが面倒だ。

そんな人おすすめの方法。

荷物の自動追跡や再配達をワンクリックで出来る

「ウケトル」というアプリが登場している。

何度もデリバリープロバイダの追跡機能を使うなら、

このアプリを利用してみよう。

Amazonやデリバリープロバイダが原因で

荷物が届かない場合だけではなく、

客側に原因がある場合もある。

例えば宛先入力を間違えたなどだ。

連絡する前に自分の間違いがないか

必ず確認しておこう。

現在ネットで買い物をする人が増えたので、

配送業者の人手不足も影響している。

これもトラブル原因の一つ。

商品が来ないのを心配して待っていたくないなら、

コンビニで受け取るか代金引換にしておく事をおすすめする。

自分も随分前から当然のようにネットで買い物をしてきたが、

恥ずかしながら実はほとんど聞いたことがない単語だった。

今回、聞きなれない「デリバリープロバイダ」

というものを調べてみて

あまりにもマイナスの声が多く驚いてしまった。

大手の佐川でも良くない評価を目にすることはあるのだが、

デリバリープロバイダについてはその比ではないかも知れない。

自分は今のところデリバリープロバイダが

指定されたことはないが、

年々荷物の量が増え続ければ

いつかは当たることもあるかもしれない。

ただ、大手の業者に比べてまだ対応や配送の

ノウハウが浅いという点が問題の一端だとすれば

今後少しずつ、デリバリープロバイダの質の向上や、

それに伴う評価も変わっていくかもしれない。

デリバリープロバイダであれ、そうでない配送業者であれ、

もし自分のもとに荷物を届けてくれる配達員が

きちんと仕事をしてくれるのであれば・・・

受け取る側も誠実に対応し、感謝をしなければならないと思う。

今いるフィリピンには、

そもそもAmazonのデリバリーすらない。

日本は恵まれている(笑)。

スポンサードリンク



コメント

  1. さら より:

    Amazonユーザーなのですが、『デリバリープロバイダ』という言葉は初めて聞きました!ぜひ使ってみたいサービスです。

  2. るまんど より:

    Amazonはよく利用するのですが、たしかに最近は大手の配送業者ではなくなりましたね。
    デリバリープロバイダというのですね。
    いまのところトラブルはないですが、あまり評判がよくないようなので気をつけようと思います。

  3. なつ より:

    デリバリープロバイダ初めて聞きました!Amazonは早さが特徴なので、大手じゃないのはちょっと不安ですがいいですね。

  4. なな より:

    注文履歴から配達状況を確認できるのはかなりありがたいですよね。楽天もAmazonもよくそのやり方で見ています。

  5. あい より:

    Amazonよく使いますが、デリバリープロバイダという言葉自体初めて聞きました。
    最近は中国からの発送も多いですよね。

  6. さなえ より:

    Amazonはよく利用しますが、たしかに配送業者の名前も連絡先も不明ですね。
    家に誰かしら居ることが多く、時間指定もしないので今のところトラブルはないですが、
    再配達の依頼などはAmazonで受け付けているのは知りませんでした。
    勉強になりました。

  7. あん より:

    Amazonって再配達専用の電話番号があるんですね!Amazonよく使っていたのですが、全く知らなかったです!ありがとうございます!

  8. まいやん より:

    amazonはよく使うのでデリバリープロバイダもよく来ます。
    以前の大手の配送業者に比べると、対応などがちょっといい加減な感じはしますね。
    決まったユニフォームを来てないので、どこのおじさんが来たのかと警戒してしまいます。

  9. 空色朝顔 より:

    Amazonのデリバリープロバイダは評判悪いのですか?
    宅配便でのトラブルはまだないけれど、
    もしものために、このページをブクマしておきます。

  10. とも より:

    コメント欄を拝見すると、使っている方もいるんですね!
    私は全く知らなかったです!
    今度使ってみる機会があったら使ってみます!

  11. かや より:

    デリバリープロバイダ、やろうやろうと思っていてもなかなかできません。
    宅配ボックスの方が楽になってしまった世の中です(>_<)

  12. みなこママ より:

    Amazonの再配達受付専用ダイヤル、しっかりメモしました。
    よく利用する割にはまだ配達トラブルに合ったことがないのですが、
    いつそんなトラブルがあるかわかりませんからね。

  13. みっちょん より:

    私は大抵家にいるので再配達をお願いしたことはありません。
    買ったものによりますが、コロナの影響で最近は置き配が多くなってきました。
    この場合盗難が心配です。盗難の場合もamazonに電話すればいいのでしょうか。

  14. 皐月 より:

    アマゾンはよく利用します。
    一度だけちょっとぶっきらぼうな配達の人がいて、なんとなくイヤな感じがしましたが、
    特にトラブルはないですねー。最近は置き配だからイヤなドライバーにも会うことはないですね。

  15. 杏子 より:

    最後の一文、フィリピンではAmazonのデリバリーがないにちょっと驚いています!
    フィリピンではどうやって受け取るのですか?
    あまり通販では買いものはしないのでしょうか?
    フィリピンの通販事情、気になります。

  16. ゆずくんのママ より:

    最近は置き配なので、どんな人が配達しているのかよくわかりません。
    先日玄関前で掃除をしている時に配達があったので受け取ろうとしたら、
    「置き配なので」と私を通り越して玄関に置き、写真を撮って帰っていきました。
    ちょっと笑ってしまいました。