英語がペラペラになりたい人がまず知っておくこととは?

スポンサードリンク


あなたも、英語がペラペラになりたい?

それなら、これを知っておこう。

スポンサードリンク

「英語ペラペラになりたい・・・」英語亡国 日本

いよいよセブでの英語留学がスタートする哲。

川越市岸町のボロマンションに彼が遊びに来たとき、

ちょうどパンガシナンのleeとskypeで通話中だった。

突然スマホを哲に渡すと、思いっきりキョドりながら

「ア、アイアム スチューデント トール テツ・・・

マイ ドリームイズ サクセス ビッグ」

それで終わった、初めての外国人との英語での会話(笑)。

あれから数年。

あの哲がいよいよ本格的に英語を学び始めると思うと、

何だか感慨深い。3カ月で「ペラペラになりたい」という

その夢が叶うとは到底思えないが(笑)。

日本でよく感じる、不思議さと違和感。

その一つが「英語がペラペラになりたい」とほとんどの人が

思っているのに、正しい情報やノウハウ、まともな教材が

あまりに少なすぎること。

最も幅をきかせているのは、あの「聞き流すだけ」という

魅力的な教材(笑)。本当にどんな人でも聞き流すだけで

話せるようになるなら、あれほど魅力的なものはない。

何しろその理屈で言えば、ロシア語だろうがスワヒリ語

だろうが、全く知らない言語でもただ聞き流せば、

いつの間にかペラペラになるというのだから。

英語を話せるようになりたいと思いながら、週1回しか

レッスンのない英会話スクールに高額のお金を支払い、

一向に「ペラペラになりたい」という願望が叶わない人。

受験英語の延長で、単語や文法を暗記していけば

話せるようになると信じ、不毛な学習を続ける人。

バイリンガルになりたいという日本人のミーハー心を

うまくくすぐり、お金だけ出させて、いつまでも実用に

耐えうる英会話能力をつけさせない、日本の悪しき

英会話ビジネス。

まずあなたが知っておきたいのは、こうした

英語ビジネス亡国に住んでいるという事実だ。

42626629_82ea15fbfd_o

英語ペラペラを本気で目指すなら

日本にいるときからカナダ人、アメリカ人、ヨーロッパ人など

外国人の仲間が多く、下見もせずにフィリピンに移住して

英会話をマスターした俺から、あなたに知っておいてほしい

こと。

日本語を勉強する

日本語もままならない人が英会話をマスターしようと

いうのが、そもそも厳しい話。

英会話が上手な日本人ほど、日本語で話すときも

きちんとしていて、話題も多く話していて面白い。

そしてレスポンスやテンポがいい。

この事実を知っておけば、頭でっかちになることなく、

総合的なコミュニケーション力を磨く必要があることに

気づく。

完璧を目指さない

そもそも英語が母国語でない俺達がネイティブのような

会話力を目指すこと自体が、無謀。

表現は中学で習うような基本的でシンプルな言葉で十分

通じるし、聞き取りも完璧でなくとも、推測でカバーできる。

ノンネイティブ向けのグロービッシュ(シンプルな国際英語)

でOKということ。

俺の周りの日本人バイリンガルは、完璧主義を捨て

会話を楽しむことができる人。

アウトプットを重視する

練習するなら、アウトプットを重視。

ここでいうアウトプットとは、音読とイングリッシュスピーカー

との会話のこと。特に会話は、英会話で大切な、キャッチ

ボールのようなテンポを体で掴むこと、何より度胸を

つけるために大切。

要は日本人は、英語を実際に話す機会がほとんどないことが

問題の根本。話す機会は自らつくる。その前提で準備し、

覚えたことをどんどん口に出す中で度胸をつけていく。

シンプルな努力を、淡々と積み重ねていこう。

スポンサードリンク



コメント

  1. ひかり より:

    英語をマスターするには
    まず日本語からですか!!
    考えたこともなかったです。
    日本人なのに、きちんとした日本語が
    話せない人が沢山いますもんね。