オランダに移住するデメリット!仕事をするメリットとデメリットとは?

オランダに移住するデメリットは、やはり税金の高さ

日本の生活費がいかに安かったかも

移住後にかみしめるだろう。

そのためには、現地の仕事で

安定してしっかり稼ぐ必要がある。

良い案件を探すなら、このエージェント一択だ。

↓↓↓オランダに強い転職サポート

現地の事情に詳しい優秀な担当者がいるので、

時短しながらオランダ就職を実現できる。

良い案件を得るポイントは、職歴書の速やかなアップロード

行動の早い人だけが転職に成功している。

様々なユニークな制度があるオランダ。

移住を望む人も多いが、知られざるデメリットも。

この記事で紹介しよう。

オランダに移住!仕事をするデメリット

失業率は7パーセントを超えていて、やはり他の国と同様、

母国語であるオランダ語を話せない日本人のような外国人

が条件の良い仕事を得るのは容易ではない。

英語に自信がないなら、300社以上の日系オランダ企業や

観光客を相手にする旅行関係が狙い目だと現地のjulyは語る。

一方英語を使いこなせるなら、アムステルダムなどに拠点を

置く他のヨーロッパ企業を狙うのも一つ。

8515507777_4341eab1bc_b

また、他のヨーロッパの例に漏れず

税金が高いこともマイナス。

給料の50パーセントは国に持っていかれると

考えておく必要がある(その分、日本よりも

ずっと福祉に恵まれているが)。

仕事以外でのオランダ生活のデメリットは、倹約家気質の

オランダ人がたたってか、あまり美味しい食事に出会えないこと。

このフィリピンでも味の好みは分かれるが(笑)。

住居は日本と同じか少し安い程度であり、高め。

郊外を探したりルームシェアを検討することに。

オランダで仕事をするメリット

何はともあれ、日本人がオランダで仕事をするのに

ワークパーミットが必要なくなったこと。

これによってオランダ移住希望者が急増したのが

日本でも話題になり、どんな仕事があるのかに関心が集まった。

結局2017年以降はこの条件が廃止され、

以前の難しいオランダ就職に戻ったのだが(笑)。

オランダは日本はもちろん、同じヨーロッパのフランスや

ベルギー、イギリスやドイツよりもGDPが高く、好調な

経済の中で仕事の可能性が拡がっていることも利点。

オランダはワークシェア発祥の地であるだけに、正社員と

パートタイムの区別などもなく、労働時間もかなりフレキシブルに働ける。

日本と違った自由度の高い

仕事の仕方を望む人にはプラスの要素だ。

例えば男性でも、子供ができたから週4勤務に変更するなど、

プライベートとのバランスをとりやすいところが日本と全く違うところ。

そして「オランダモデル」として有名なように、

雇用形態ではなく労働の価値に対して給料が与えられる。

従って正社員だから高い、パートタイムだから安いという

給料の理不尽な区別がない。

何よりオランダ人のほとんどが英語をしゃべるため、

日本人にとっても暮らしやすく仕事もしやすい。

ある意味イメージ通りの「水車」「チューリップ」「運河」

「レンガ造りの家」などのどかな一方で(笑)、海外では

非合法なことがオランダでは合法だったりと先進的な面も。

非日常が好きな俺には合っているかもしれない(笑)。

「オランダに仕事をしながら住める」

2014年の年末以降しばらく、横浜の尾崎を始め

そんなことを口にする日本人が周りに何人かいた。

日蘭商工会議所などの求人情報を

日々チェックする彼ら(笑)。

憧れのヨーロッパだが、やはりビザや労働許可証の

面で移住しづらいのが現実のところ、オランダで仕事が

しやすくなったことは朗報だったようだ。

ただ、エージェント選びを間違えると

安定した仕事の獲得は難しい。

信頼できるエージェントを選ぶようにしよう。

↓↓↓オランダに強い転職サポート

コメント

  1. るい より:

    仕事の話よりもオランダの人が倹約家という方が気になってしまいました。食事が美味しくないのはちょっと頂けないですねー。私は英語もままならないので就職なんて考えられないですが、もし出来るなら旅行会社はいいですね。

  2. 雪兎 より:

    オランダ人は、倹約家気質とよく言いますが、使うところは使ってます。
    一番何に使うかというと家族での旅行など家族サービスというものが多い。
    国の税金が高くても福祉が充実しているのは家庭というものが人が人の人生を豊かにするという素晴らしい考えがあるからなのかもしれませんね。

  3. さだまじ より:

    オランダで仕事をみつけた友人がいます。やはり書いてあるようなことですね。参考になります。

  4. makostyle より:

    オランダモデル素晴らしいですね。労働の価値を正しく判断できる仕組みがあるところが優れています。そんな環境で自分がどれほど評価されるのか是非挑戦してみたいです。

  5. keito より:

    正社員だから高い、パートタイムだから安いという

    給料の理不尽な区別がなくて

    英語を話せる人が多いって

    私オランダがいいです。

  6. ゆうちぇる より:

    オランダで働くのに労働許可証が必要なくなっていたのに、また必要になったのですね。みんながオランダで働くことに関心が高まりすぎたからなんでしょうか?オランダは住むのは大変そうだけど、仕事が週4日ならプライベート面はとても充実しそうですね。

  7. ひかり より:

    オランダで仕事を見つけることができれば
    ワークライフバランスがとてもよさそうですね。
    日本ももっと働きやすい職場になればいいですね!!

  8. st3 より:

    他のヨーロッパの国と同じように税金は高いですが保証が充実しているのですね。
    失業率も気にはなる所ですが、自分の希望と会社の条件が合えば、週4勤務など非常に働きやすい環境ですね。

  9. きーぼー より:

    フレキシブルに仕事ができるなんて、
    夢のような国です。
    税金が高くても、生活保障があるなら、
    オランダへの移住も捨てがたいです。

  10. downy より:

    オランダでの仕事、憧れます。
    週4の仕事ならプライベートも充実できそう。日本のように、むやみに税金があがって
    国民にいいことがない、なんてこともなさそうですね。
    でも確かに、食事があまりおいしいイメージがないですね。

  11. カモネギ より:

    労働環境がしっかりしている国というのは
    やはりいいですね。日本は先進国ながら
    すごく悪いと思います。そこは見習ってほしいです。

  12. さおり より:

    オランダ、行ってみたいです。仕事すると給料の半分が国に持っていかれるんですね。その代わり福祉には恵まれてるんですね。それは有り難いですけどね。

  13. 中川 創聖 より:

    オランダはとてもいい国ですよね。小さい領土にも関わらず経済は力強いです。週4勤務はとても魅力的です。

  14. そうせい より:

    オランダの一人当たりのGDPは14位で、イギリスやフランスやドイツなどよりも上です。オランダと日本の関係は昔はあまりよくなかったんですが最近はそうでもないんですかね?それにしてもオランダはいい国です。

  15. 野田 より:

    税金は高くてもちゃんと社会が保証してくれるなら考えても大丈夫。
    今でこそ携帯電話などの普及で携帯代金は個人が払うものですが、昔は公共通話=電話ボックスなるものがあり本来は払う必要がない物が民営化などにより多くの負担が国から国民に移されている。

    その一方で税金ばかり増加させ国の政策としてなにかしらの補てんがあるようなものではない。

    必要でない公共事業・天下り・官僚の近くに泊まる交通渋滞・大気汚染の温床の大量のアイドリングをした黒塗りの車などがあるどうでもいいところにばかり税金をかけて、税金をさらに上げようとするどこかの島国の国政とはえらい違いですよね。

  16. ゼットン より:

    オランダは働く環境はとてもよさそうです!言葉の壁はありますが、克服できればステップアップするに間違いないですね!

  17. ひろ より:

    オランダで働くことができれば
    今よりもプライベートがかなり充実しそうですね。
    英語もままならないので
    なかなか難しそうです(笑)

  18. 空の下 より:

    週4勤務は魅力てきですね。私にとっては
    オランダと言えばチューリップと
    背が高い人が多いということです。
    GDPが高いというのは驚きです。
    とても魅力的に思える国ながら
    遠さを感じさせる国でもあります。

  19. 空の下 より:

    オランダというとチューリップや水車ですね。
    あと宮沢りえさんのお父さん、くらいでしょうか。
    オランダで仕事というのは
    ハードルが高そうです。

  20. アカ より:

    オランダではパートナーに合わせて勤務できるんですね。
    日本でも少しは見習ってほしいですね。
    でも、母国語が話せないといい就職先がありませんか。

  21. より:

    オランダといえばチューリップと風車というイメージしか湧きません。
    あとは宮沢りえさんのお父さんがオランダ人だということくらいですかね。