離島移住を実現させる方法とは?

スポンサードリンク


「定年後は離島に移住したい」

桃ちゃんも先日、LINEで話したときそんなことを

言っていた。田舎暮らしと離島移住は今、日本で

人気上昇中らしい。

日本すら出てしまった俺なので(笑)、都会など人の多い

場所でのストレスに疲れて、離島に移住したいという彼らの

気持ちはもちろんよく分かる。

スポンサードリンク

離島移住の仕事面での解決策

「離島に移住すれば生活費が安そうだから、

のんびり暮らせそうだ」

もしそう考えているなら、現実を知ることから始めよう。

これは、ある三重の離島に住んで生活した早稲田

サークル時代の友人くっちゃんの、実際の移住体験から。

例えば島の食料やガソリンは、運搬費がプラスされていて

むしろ割高。子供の塾やおけいこの場所自体が少ない分

これも子供の多い本土より高かったり、片道30分のフライト

でも航空運賃は1万円を超える。フェリーには島民割引が

ありながらもやはり安くはない。

また命にかかわるような病気やケガは救急ヘリで本土に

運ばれるので、救急車よりもお金はかかる(笑)。

離島移住に際しては、その生活にあなたが

思っている以上にお金がかかるということを

まず知っておきたい。

離島には仕事自体が少ないので、若者は進学や就職を

機に島を離れ、本土に職を求める。こうした状況を考えると、

あなたが移住するなら安定収入を事前に確保しておくことが

必須となる。

桃ちゃんのように定年後を考えていても、

日本の年金に期待ができないことは明らか。

それならば、インターネットで場所を問わず可能な

仕事を持っておこう。

注意点は、離島といえど最低限のライフライン(電気・ガス・

水道)は整っているが、インターネットについては場所により

回線が異常に遅い場所があるので、移住に際し下見をして

テストするなど、その候補地の状況を必ず確認しておきたい。

くっちゃんは使っていた携帯が圏外になってしまったので、

今さらFAX付の固定電話を置いたとか(笑)。

さらに離島は一部の地域で郵便物や宅配に時間がかかる

場合があるので、もし移住後に何かを売買して実際の物の

やり取りをするビジネスを続けるなら、こうしたところも

チェックが必要だ。

俺の場合はブログに記事を書いていくことがメインなので、

フィリピンの離島のように回線が細くてもほとんど影響を

受けないおかげで、快適な移住生活が送れているが(笑)。

16670064758_c6872e05c8_b

離島移住のメリットとデメリット

離島生活のメリットは、くっちゃんを始め多くの経験者が

言うように、子育てがしやすいこと。大学を除く全ての教育

施設があるし、少人数なので先生が丁寧に一人一人の

個性を見ながら教えくれるのは、移住した親にとっては

ありがたい。

また超高齢化社会の離島では、親切なお年寄りと

のんびりコミュニケーションを取りながらスローライフ

楽しむことができる。

一方でデメリットは、車がないと生活が成り立たないほど

移動が不便なこと。特に離島から本島までのフェリーや

飛行機の数も少なく、スーパーやお店自体があまりない。

ただ便利さとスローライフは両立が難しいので、どちらに

魅力を感じるかはあなた次第。

このフィリピンもそうだが、移住後に日本の便利な場所と

いちいち比較するようなタイプの人には、そもそも移住が

向いていないと言える(笑)。

スポンサードリンク



コメント

  1. まあや より:

    生活面での不安はありますが
    離島での暮らしって憧れますね!!