インドネシアで仕事をするメリットとデメリットとは?

スポンサードリンク


「インドネシアって仕事をする場所なんですか?」

バリ島でのサーフィンしか興味のなかった秋山。

毎度の日本との往復が必要なくなるなら、

インドネシアでの仕事もありかな・・・

などと考え始めたゲンキンな男だ(笑)。

スポンサードリンク

インドネシアで仕事をするメリット

マレーシアと同様、日本人の求人が多いのが

インドネシアでの就職市場。

特に日本人で専門的な技術や知識を持っていれば、

インドネシアでは日本にいるよりもずっとスキルアップの

チャンスは大きく、よりやりがいのある仕事を得られる。

それは、優秀な人材がこうした

発展途上国で足りていないからだ。

インドネシアでの日本人の給与水準は、職種によるが

3年目までは16万円程度。確かに高くないが、仕事を

離れて現地の物価の安さを思い出したい。

インドネシア料理のローカル屋台なら1食200円程度。

タクシー初乗りは70円、髪を切っても300円ほどだ。

そしてインドネシアは、発展途上国の中でも労働環境が

整っていて仕事がしやすい。むしろ日本のサービス残業

が当たり前の風潮はひどい。

オフの時間を大切にできる点は魅力。

現地に住むとなると気候も問題だが、暑すぎず寒すぎず

気温が年間を通してそれほど変わらないのはいい。

距離的にも日本と遠くなく、一時帰国もしやすい点は

ヨーロッパなどと比べるとメリットになる。

海外では現地の言葉が分かることも大切だが、日本人

らしく時間を守ったり、こまめな対応をしたりと高い

サービスレベルを維持するほうが役に立つ。

日本人の長所を活かすと、特に東南アジアでは

現地での仕事がうまくいくケースが多い。

インドネシアで仕事をするデメリット

ワークパーミットを得るためにインドネシア語能力試験

によるチェックがあったりと、インドネシア語の学習が必須

になったこと。

インドネシア語を学んでいる日本人は少ないので、

あなたが現地で仕事をしたいならここが一つの壁となる。

それ以外にも、学歴や職歴を重視するという、優秀な

外国人を採用するためのインドネシア政府の方針が

明確になっている。

キャリアや能力に自信がある人にとっては

プラスだが、そうでない人にはマイナスでしかない。

現地生活においては、東南アジアの中でもインドネシアの

治安はあまり良くない。

もちろん場所にもよるし、軽犯罪が中心なのは確かだが・・・

むしろ治安が悪いイメージのこのフィリピンよりも、俺の実感

ではインドネシアのほうがマイナス。

そもそもイスラム教徒が多く、その文化が日本人にとって

あまりなじみがない。ちなみにフィリピンではほとんどの人が

キリスト教徒であり、住んでみての違和感はないのが実際。

先日一時帰国した際、高崎のスタバでお茶をした

渡辺社長も話していたが・・・

現地の優秀な人材のITの技術は素晴らしく、とても

勉強になっていると嬉しそうだった。

海外ではこうした優秀なエンジニアの需要は高い。

腕に自信があれば挑戦してみてほしい。

スポンサードリンク



コメント

  1. うしき より:

    知らないことばかり。まさかインドネシアで仕事は、考えたことなかったな。

    >>この季節のアラブの国は、
    朝夕と日中で驚くほど温度差がある。
    場所が近いから自然だが、街の空気が
    以前訪れたインドに何となく似ている。
    実際、外国人が8割を超えるドバイであり
    その半分はインド人。
    今回お世話になったタクシードライバーも
    インド人とパキスタン人だった。
    こんなにインド人に囲まれたのは現地ニューデリー、
    そして練馬以来だ(笑)。

  2. 凛玲 より:

    インドネシアは相場がそんなに安いんですか。。
    タクシー代が70円とか日本じゃああり得ないですよね。
    ちょっと考えられない生活ですね。インドネシアとフィリピンだとどっちが相場が安いんでしょうね。

  3. makostyle より:

    インドネシアでの仕事良さそうですね。物価が日本に比べてかなり安いのわりに私にとっては十分すぎる給料が得られそうな印象を持ちました。気候もいいですしちょっと考えようかな。

  4. カオ より:

    インドネシアの物価は安いんですね。
    一食が200円程度とかカットが300円なんて安すぎです。
    千円カットでも安いと思っていたのですがそれ以上なんですね。

  5. せるりあん より:

    従姉妹がインドネシアのスラウェシ島で働いています。
    治安というか部屋の物を盗まれたりということが多いと言っていました。

  6. me より:

    インドネシア語全くわかりません!でも物価が安いのはやっぱり魅力ですね。気候は快適なんでしょうか?生活する上でやっぱり快適に過ごしたいな。ヘアカット5000円する日本とは大違い!1桁違うんですね。まだまだ知らない事が多くて勉強になります!

  7. ヨセル より:

    インドネシアの物価はとても安いんですね。働くならそこは気にしておくポイントの一つですね。オフの時間がとてもゆっくりできそうな感じがぷんぷんしますね(笑)快適な感じでしたが、少し治安が悪いのは微妙な所ですね。

  8. ユウゾラ より:

    海外で起業するという発想はなかったですが、このブログを拝見してもし海外で起業することになったらインドネシアがいいと思いました。エネルギッシュでいい国ですね!

  9. カオ より:

    日本のサービス残業の風習はどうですかね。
    帰りを待つ私にも厳しいものです。
    インドネシアの物価はとても安いですね、カットが300円。
    いいですね。

  10. ひかり より:

    インドネシアでは日本人の求人が
    多いのですね。
    それはかなりありがたい。
    オフの時間も大事にしたいので
    私にぴったり!!
    しかし、語学のほうが問題…(笑)

  11. 中川創聖 より:

    私もプログラミングぐらいはある程度できるようにはならんなと思っておるのです。これからの仕事ではかなり需要のあるものだと思っています。資格なんかもとっておくといいかもです。