脳が覚醒して眠れない…寝れない時に覚醒しない方法!逆に覚醒させるなら映画がいい?

スポンサードリンク


脳が覚醒して眠れない・・・

とは言え、コーヒーを避けるくらいしか思い浮かばない。

そんなあなたに、今回は脳の覚醒の覚醒を抑える方法、

逆に覚醒させてより脳力を発揮させるコツについて語る。

スポンサードリンク

脳が覚醒して眠れない?睡眠が足りず寝れないあなたに

脳が覚醒、つまり興奮状態にあるとなかなか眠りに入れず、

何度も寝返りを打ったり余計なことを考えたり(笑)、長く辛い夜になる。

脳が覚醒状態で眠れないのは、本当にきつい。

翌日も眠いので、パフォーマンスが発揮できない。

これは就寝前にコーヒーを飲みすぎたり、電子機器に触れていて

副交感神経優位に移らないことで起こる。

この状態になってしまったら、「寝れなくても疲れはとれる」と割り切って

静かに目を閉じているしかない。

おすすめなのは、

「これでもかというくらいゆっくりと、鼻から深呼吸」すること。

これによって、脳が睡眠モードと認識してくれるので

いつの間にか眠りに入ることができる。

覚醒予防としては、部屋を完全に真っ暗にする、リラックスできる音楽を

静かにかけるなども効果がある。

脳が覚醒しない?ならば覚醒させる方法を。サプリや薬、覚醒下手術、音楽よりも映画がいい?

逆に、起きている時に脳を覚醒させたい場面もある。

そもそも脳の覚醒状態とはどういうことなのだろうか。

人は何かを達成した時などに脳内で

ドーパミンという脳内物質が出る。

ドーパミンは、快感・幸福感のほかに

集中力や記憶力を高め、

自身のモチベーションアップに大きく関係している。

つまり脳からドーパミンが出ることで覚醒度が上がり、

脳の活性化につながるということなのだ。

人間の脳は通常10~15%程度しか

使われていないというのはすでにご存じの方も多いはず。

でもその脳を覚醒させれば普段

思いつかなかったような面白いアイディアが浮かんできたり、

と自分が思っている以上の能力を発揮できる。

ではそのツボは?

いわゆる身体のどこかを押すツボもあるが、

脳を覚醒させる習慣を続けてみるのもオススメ。

思わぬ効果が期待できるはず。

あとは、やはり脳が覚醒する映画をチョイスして観るのもいい。

おすすめはマーベルシリーズ。薬やサプリメントより効果的だ(笑)。

脳の覚醒状態を導き出すには?覚醒の状態をつくるプログラムは日々の習慣の中で

では具体的に脳を覚醒させるにはどうしたら良いか。

それには以下の事を実践してみてほしい。

脳覚醒プログラムが大阪にあるが、

日々の習慣にはかなわない。

●睡眠時間をしっかりとること。

何をするにもまずは睡眠時間をしっかり確保すること。

睡眠が短いと物を記憶する力が低下してしまう。

理想は8時間だが、難しいようならいつもより

少し早く床につく習慣から始めよう。

●ルーティンワークから外れた行動をしてみる

ハードルを上げて考えがちだが、

要は日常行動で脳の刺激となることをすれば良い。

例えば仕事帰りのルートを変えてみるなどで最初は十分。

話すことが得意であれば普段話したことのない人と話してみるのも効果的。

●適度な運動をする。

有酸素運動は記憶力を高めるとされている。

適度な運動を続けることが脳の活性化を

助けるので無理のない程度に運動してみよう。

●食事をしっかりとり足りない栄養素はサプリなどで補給する。

バランスのとれた食事を摂り、食べすぎは控えること。

とは言っても毎日バランスの取れた食事を摂るのはほぼ不可能。

足りない栄養素はサプリなどを上手く活用しよう。

●好きな音楽を聴く。

音楽を聴くと脳内でドーパミンが分泌される。

クラシック音楽を聴くのもリラックス効果が期待できて良いが、

興味のない方もいるのでは。

そんな方は自分の好きな音楽を聴くのがオススメ。

自分が聴いていてリラックスできる音楽が一番脳にとって良い。

●何よりもストレスを溜めない。

ストレスを溜めることは脳にとってダメージ大。

時にはゆっくり休む時間を作ること。

脳に余裕が生まれることで大きな力を発揮できる原動となる。

また、身体を押すツボで脳の覚醒方法として

効果があるとされている場所は下記の通り。

鍼灸治療で実践されている。

●中衝 
手の中指の爪の生え際、特に人差し指側を押すと効果的。

●百会
頭の中心にあるツボ。頭の回転を良くしてくれる。

●四神総
百会の周り4か所にある、押して痛く感じるところ。

集中力を高めて記憶力増加に効果がある。

脳覚醒方法として鍼灸治療法を実践するなら、これを意識しよう。

実は身の回りにもあった!脳を覚醒させる食べ物とは?

さて、脳を覚醒させてくれる食べ物は果たしてあるのだろうか。

それにはフラボノイドを含む食材がオススメ。

フラボノイドを摂取すると脳の血行を

促進させ脳を効果的に機能させるのに役立つとされている。

具体的にフラボノイドを多く含むものは

野菜・果物・大豆・カカオチョコレート・そば

などがこれに当たる。

といってもこれだけ食べていれば

良いわけではもちろんなく、

先述したようにバランスよく食事を摂ることが大事。

青魚なども脳の細胞の信号を

伝えやすくさせてくれるので積極的に取り入れたい。

まとめ。脳の覚醒は岩波さんの本を読むよりも時間を意識

いかがだっただろうか。

脳を覚醒するには、日々の行動が大事となる。

そう、特に朝の時間に脳力を思いっきり活かしたい。

脳覚醒について岩波さんのブログを読むのもいいが、

やはり毎日の習慣が決め手となるだろう。

意識して脳を働かせることで

思いもよらない大きな効果が出ることも。

まずは自分にできることから少しずつ始めてみよう。

スポンサードリンク