フィリピン人の女性と結婚には詐欺が多い?手続きや紹介でのトラブル…フィリピンの女性と国際結婚したいならデメリットを知ろう

スポンサードリンク


日本人男性とフィリピン人女性の結婚の多さに比例して、

結婚相手や結婚紹介所とのトラブルもかなり多い。

フィリピン女性と知り合って結婚するまで、

そして婚姻手続きやビザの申請で

考えられるトラブルとそれを防ぐ方法を紹介する。

スポンサードリンク

フィリピンの女性と結婚したい理由は顔とスタイル?人気の秘密

国際結婚の組み合わせでフィリピン女性と

日本人男性というパターンが一番多いのだが、

結婚年齢も特徴的で、フィリピン女性が20代

日本人男性が40代後半以上という年の差婚も多い。

実はフィリピン女性の結婚観では、

年の差は問題にはならず、

愛する人のために尽くすという考えが一般的だ。

日本人男性がフィリピン女性を好きになる理由は、

まず、顔やスタイルという外見だ。

スペインやアメリカに統治されてきた中で混血が進んで、

顔は彫りが深くて美形、体は手足が長くメリハリがある

スタイルという日本人にはないものを持っている。

性格は、日本人女性と違って自分の気持ちに素直だ

南国ならではの陽気で天真爛漫なところも

男性にとってはかわいくて自分のものにしたい

と思ってしまう要素だ。

フィリピンの女性との結婚でよくあるトラブル。代表的なのは詐欺や偽装結婚、お金の問題

フィリピン女性と結婚することは、

女性の家族の面倒も見ることと同等だ。

結婚すると決まったとたん、

女性から「両親の生活費を出してほしい」

「弟を学校に行かせたい」とお金を

要求されるのは普通のことで

フィリピン女性と結婚するデメリットとも言える。

しかし、日本人から見ればお金が目当てなのでは

と疑いトラブルになる。

お金=愛ではないから、お金を要求する

フィリピン女性とは結婚してはいけない。

その他にも偽装結婚が多い。

フィリピンパブで働くフィリピン女性と

日本人男性が付き合い始め、結婚することになる。

男性は結婚するのだからと

女性にお金を渡し続けていて、

いざ結婚の準備という段階になると

女性は突然姿を消したり、ビザなし不法滞在がばれて

フィリピンに送還されると別れの電話をかけてきたりする。

恋人や婚約者という関係になって

舞い上がってしまうとどうにもならないんだろうが、

その前に相手をきちんと見極めることが大切だ。

一つ言えることは、フィリピンでも自分の力で

一生懸命生きている女性はたくさんいる。

そんな女性を見つけられる努力をしてもらいたい。

フィリピンの女性との結婚。紹介やサイトは信用できる?

若くてきれいなフィリピン女性と

簡単に結婚できるという謳い文句の

結婚紹介所やサイトがけっこうあるが、

本当に相談者の幸せな結婚を

望んで紹介しているのではなく、

詐欺まがいのところもある。

法外な料金を要求してきたり、

応じないと警察を呼ぶと言ったり、

さらには、一般家庭の女性を紹介すると

言ってお金目当てに偽装結婚をしたがっている

水商売の女性を紹介する業者もいると聞く。

相談所などを通してフィリピン女性と

幸せな結婚をするには、まずウェブサイトなどに

法律で決められた「 特定商取引法に間する表示 」

があるかどうかを見ること。

ない場合、法律を遵守せず営業している可能性がある。

そして日本結婚相談所連盟などの団体に

加盟しているかどうかを見る。

どこにも加盟していない場合、

悪質な営業をしている可能性が考えられる。

他には、知り合いの紹介や成婚者の話が

聞けるなど信用できる理由があればさらに安心だ。

フィリピンの女性との結婚。手続きは面倒?費用は?

フィリピン女性側がまず、

必要書類を準備してフィリピン大使館に提出し、

無異議証明書を取得する。

この必要書類には、公証役場、地方裁判所、

フィリピン外務所の認証を受けておかなければならない。

その後、無異議証明書とフィリピン

女性の出生証明書に日本語訳をつけ、

他の書類も提出して日本の役所で婚姻手続きをする。

手続きが終了したら、

フィリピン大使館にも報告するという手順だ。

婚姻手続きが終わると、

入国管理局で日本滞在のための結婚ビザを申請する。

偽装結婚などのトラブル増加を背景に、

最近の入管の審査は厳しくなっている。

フィリピン女性と結婚するには

手続き以上に入管審査を通るのが難しい。

フィリピン女性との結婚式は、

主役である花嫁の関係者がたくさん来られるようにとか

日本人男性は高齢または2回目だからという理由で、

フィリピンで行う人が多い。

日本方式なら神前結婚が多いが

カトリック教徒が多いフィリピン方式なら

教会で神父の前で誓いを交わすことになる。

フィリピンでの結婚式にはテーマカラーがある。

招待状のカラーが結婚式のテーマカラーで、

出席者はそのカラーを取り入れた服装で出席する。

神父の言葉がやたら長くて出席者同士が話し出したり、

ところどころフィリピンらしさがある。

費用は、地方なら教会での式に約2万円、

披露宴に約10万円、その他ドレスや結婚式の前後に

自宅で客をもてなすのに約5万円ほど、

合計で20万円近くかかる。

これは地方で式を挙げる場合で、

マニラだと3倍かそれ以上かかるかもしれない。

まとめ

フィリピン女性と結婚する過程で

想定されるトラブルはけっこう多いが、

結婚して幸せに暮らしているカップルもたくさんいる。

そういう人に話を聞いてみると、

お金以外の魅力があって、きちんとお互いへ愛情や

リスペクトがあることがわかる。

業者を介しても自然な出会いでも、

そういう相手に出会うことが一番大切だ。

スポンサードリンク