老後の海外移住…マレーシアへの移住は40代でも可能?仕事(40代・30代・50歳)の失敗と求人、老後海外移住マレーシア…デメリットと後悔

マレーシアに長期滞在した自分が

多くの日本人からヒアリングして確実に言えるのは・・・

移住後の仕事について軽く考えている人が多すぎる

ということ。

勢いだけで動くと、後々後悔する。

マレーシア移住と仕事について詳しい自分としては、

現地に詳しいプロを味方にすることの重要性を伝えたい。

物価が安くて常夏。日本人移住者も多く住みやすい

マレーシアだが・・・やはり気になるのは移住後の仕事。

身近でマレーシア移住後の転職先について悩んでいたのは

移住仲間のナオだったが、彼の場合は転職のプロの力を借りた。

ナオはクアラルンプールとジョホールバルを数回旅行で訪れただけで

移住を決めたので、現地の就職事情や具体的な活動方法が

まるで分からない状態だった。

彼が賢かったのは、現地の事情にも詳しいプロの力を活用すること。

これがそのサイトだ。

↓↓↓マレーシア転職に強いエージェント

海外転職に強いリクルートキャリアのエージェントは

あなたのキャリアや望みに合わせたきめ細かいアドバイスをくれるので、

無駄な時間や労力を使うことなく夢の実現に近づける。

南国の風を頬に受けながら、

自分の選択が正しかったと確信するだろう。

■新着を含め2万件を超える圧倒的な求人数

■その80パーセント以上がリクナビ限定求人

■正社員案件が90パーセント以上

転職成功数ナンバーワン

サイトも使いやすく、「マレーシア」を希望勤務地にすれば

簡単に案件が見つかる。

スカウトメールや強み診断も

リクルートキャリアだけの強力な味方。

ちなみに、転職に成功している人の共通点は

行動が早いこと。

例えば、エージェントに登録した翌日までには

職務経歴書の登録も完了している。

職歴書の登録までされないと詳細な求人情報が得られないので、

登録後はすぐに書類をアップロードしよう。

このマレーシアと言えば、日本人の海外移住先の候補地として

長い間No.1の地位を誇る場所。

ただし、当然実際に長期滞在した人は少なく

良いイメージだけを持っている人も少なくない。

長期滞在経験者が現実について紹介しよう。

マレーシアに移住、失敗して後悔する現実…デメリットは?

マレーシアは10年近く連続で「日本人がいずれ移住したい国No.1

となっていて、その地位は海外移住先候補として不動。

実際テツも、俺がフィリピンにいることを忘れて

マレーシアの物価などを必死に調べていた(笑)。

マレーシアが魅力なのは、年間を通して30度前後の

変わらない気候が体に優しいこと、また南国の人間特有の

穏やかな国民性。

また俺のいるマニラなどと違い(笑)、治安が良さそうという

イメージもあり、さらに物価も安く永住ビザが取りやすい

ということで、高齢者を中心に移住熱が高まっていた。

ただし、直美が実際に移住したり、

俺が渡航してみて知った現実。

例えば治安。

さすがにクアラルンプールなどの観光地は政府も安全

確保に力を入れているはずだが・・・

投資で一時期熱かったジョホールバルで、トモさんは

刃物を持って人を追いかけている人を通りで見かけたと話していた(笑)。

さすがにそれはレアとしても、外国人をだまそうとする

詐欺師まがいのマレー人の話はよく耳にするし、結局

日本も含め、「どの国だから安全」はないんだと実感。

次に、物価・人件費

昔は日本の1/3程度と言われていたが、経済成長に伴って

上昇してきている。これは同じ東南アジアでも

タイの傾向が著しいのと同様。

例えば、同じく経済成長率の高いこのフィリピン。

タクシーの初乗り運賃は従来の約100円から

60円に下がったのに対して、マレーシアでは

逆に約60円から200円に値上がりしている。

ビザについては、マレーシアで人気だったMM2Hの

取得条件が厳格化の傾向にある。

資産条件を6,000万円にまで引き上げると言った

大臣までいて、移住希望者にとっては不遇の時代が訪れそうだ。

マレーシアに移住するには?マレーシアへの移住条件…ビザ、費用や物件などマレーシアへの移住に必要な条件は?仕事は日本語でもできる?

マレーシアに移住して仕事を探している日本人の割合は、50歳以上に多い。

理由は人それぞれだが「物価が安いから定年後に安心して暮らせる」

「若い時のを叶えたい」などといった理由が代表的。

自分が60代になった時のことを見据えて行動していることが分かる。

マレーシアには日本語で可能な仕事が結構ある。

しかも、資格なしでも大丈夫なのが多い。

ネットで「マレーシア移住仕事探し資格」などと検索すると、

資格なしで働けて、日本語OKのおすすめの仕事が数多くヒットする。

日本食レストランなどの、飲食業の仕事に人気があり定番となっている。

マレーシアに移住する際に必要なビザの中には、発行代行のサービス

受けられるものもある。

例えば、最長10年間滞在可能なMM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム)ビザ

個人申請も可能だが、代行業者を通して申請が可能となっている。

滞在期間内なら何度でも行き来できるので、長期滞在に適したビザといえる。

代行費用は大体15~20万円程度かかるので、よく考えてからお願いしよう。

最近はマレーシアへの移住条件が昔と比べて厳しくなってきている。

マレーシアに移住する際の初期費用は、大体20万円程度は用意しておきたい。

もちろん、仕事が既に見つかっていて、お給料が出るという前提での金額。

マレーシアの賃貸は、日本と比べると安い物件が多い

一方、賃貸ではなく物件を購入する場合は、いくつか注意が必要。

マレーシアで物件を外国人が買う場合、各州が設定している

最低購入価格以上であれば買うことができるという決まりがある。

購入方法には「フリーホールド」と「リースホールド」の2種類があって、

前者は完全に自分の所有となるが、後者は期限付きでの購入となる。

また、物件を購入したら3年間は売却できない点にも気を付けよう。

マレーシアに移住、子連れの場合の教育って?30代・40代の女性が海外移住できる場所?独身の女性や老後なら?

マレーシアに移住する60歳以上の人の場合、

定年退職をして海外就職を目的としている場合が多い。

マレーシアに移住して、仕事家族の両方を大事にしながら

楽しく暮らしている人も数多くいる。

日本よりは安い生活費で暮らせるので、単身ではなく

家族全員で移住する人たちが多い。

ただ、住む場所によっては日本とあまり変わらないことも

治安が良くて、買い物が便利な場所は物価も当然高い。

子連れの場合では家選びは慎重に。

お金はかかるが、治安が良くて便利な場所で、

警備員のいるセキュリティーがしっかりとした物件がおすすめ。

マレーシア移住で、子連れの場合は教育面で色々と大変

マレーシアには、日本人学校が中学校までしかないので、

現地のインターナショナルスクールの入学も視野に入ってくる。

しかし、要求される学習レベルは非常に高く、費用も高い

日本の学校とは違い、自ら進んで学び、周囲の仲間と

上手に意思疎通をしなければやっていけない場合も。

中にはカルチャーショックを受けてしまう子供もいる。

マレーシアは30代、40代の女性にとってみると、

自分のスキルを活かしながら仕事をするのに向いている。

独身女性に多いのが、単身でマレーシアに移住して

仕事に就くというパターン。

海外に憧れて単身で移住する人は結構多い。

マレーシアは日本とは違い、自分らしくいられるので

周囲に束縛されず、自由に生きられるメリットがある。

一方で、マレーシアは他民族や他宗教の国なので、

現地の独特な習慣などに困惑して帰国してしまう人もいる。

老後にマレーシアへ移住する際は下見が肝心

公的手続きや医療費など、お金のことも頭に入れておく必要がある。

マレーシアは年間を通して気候が穏やかなので、

老後に暮らすのには体に優しくて過ごしやすい

マレーシア移住者、フィリピン移住者…それぞれの生き方

14773157597_fe371a9654_b

話し方に抑揚がなく、女性にしては

テンションが一定の彼女(笑)。

マレーシアの人から見ても日本人女性は

年齢より若いイメージがあったようなので、直美のように

落ち着いた女性が移住してきて驚いたらしい。

独身で就職もしていない日本人がマニラにいるのも

相当浮いた目で見られているが(笑)。

Webビジネスという関係のないジャンルにいながら、

結婚ブローカーのようにフィリピンの恋愛事情に詳しいのも

不思議らしい。

実は直美がマレーシアに子供と移ってきたのは、

浮気が治らない旦那さんを見限ってのことだった。

海外移住は、旦那と距離を置くためにしては

かなりドラスティック(笑)。

ただしよかったのは、こちらで情報に出会って

イギリスのインターナショナルスクールに格安で

子供を入れることができたこと。

本国では要求される学習レベルも高く、費用も

半端ではないところを・・・

マレーシアのような東南アジアに分校があることで、

コストを抑えて高い教育水準で

子供に授業を受けさせることができる。

フィリピンやマレーシアに移住するなら、こうした

教育面でのメリットも考えてみたい。

まとめ

マレーシア移住を志す人の参考になりそうな部分を

ピックアップしてみた。

マレーシアは、日本人の海外移住先として、長い間人気を誇ってきた

しかし、実際に長期滞在をした人は少なく、

マレーシアの良いイメージだけを持っている人も数多くいる。

物価や治安など、ここ数年でもマレーシアには様々な変化があった。

今回は、マレーシアに移住して後悔しないためにデメリットや

知っておきたいこと、老後の仕事やビザなどについても解説した。

マレーシアは日本人にとって憧れの国ともいえる存在で、

海外移住先として長年人気を誇ってきた。

その反面で、良いイメージしか持っていない人も多く、

悪い部分はあまり浮き彫りにされてこなかった。

今回紹介したように、ビザの取得条件が厳しくなってきたことや、

物価の上昇など様々なマイナス面もある。

大事なことは、実際に暮らしていけるかどうかをよく検討すること。

まず、あなた自身でマレーシアに訪れてみることをおすすめする。

親友に、マレーシア移住をした女友達がいる。

直美の場合は5歳と3歳の娘と一緒で、旦那さんを

日本に残してきたという特殊なスタイル(笑)。

彼女が利用したのも、やはりリクルートキャリアだった。

当初は英語力に自信がなかったため、エージェントから

適切なアドバイスと転職先の紹介を受けられて助かったと

語っている。

↓↓↓マレーシアに強い転職サポート

コメント

  1. 811 より:

    マレーシアへの海外移住を考えていました。きっかけはテレビのある番組で、とても安く生活が出来るといわれていたからです。教育の面で、海外移住を考えたことがなかったので、また新しい視点を気付かせていただきました。

  2. しんじ より:

    私も将来はマレーシアかカンボジアに移住したいと考えています。教育面での選択というのも視野にいれないといけないなと実感いたしました。

  3. にこ より:

    マレーシアでの教育面は良心的ですね。日本もそうなればいいのになぁ。やはり狭い世界で生きてちゃダメですね。もっと色んな角度から物事を見ないと。海外への興味がわいてきました。

  4. azur より:

    やっぱり教育面では日本より外国(といっても様々ですが)の方が魅力的なことが多いですね。
    移住は私の夢でもあるので憧れます。

  5. ユウゾラ より:

    子供の頃カブトムシなどの甲虫類が好きだった私にとって、マレーシアは憧れでした。そういう意味でも今無性に行きたくなってきました!

  6. ひかり より:

    海外移住って憧れますが
    下調べをきちんとしないと
    大変な事になりそう…
    暮らしやすさを求めて移住する人が増えていますね。

  7. こめた より:

    いいなぁ。マレーシア。私も移住したいわぁ。

    最近、プランの話がんがんしています。ビジネスが一番素敵なのよ!と伏線は張ってあるものの、そこはそれ程伝わってないと思うので、目覚めさせる意味でも来月のリーマンMTGに動員して、皆さんに会わせたいと思っています。片方はアポ取り済み!よろしくお願いします!

    結局、うまくいくコツや良い人と出会うコツがあるとしたら、「マジで自分のレベルを変えると決める」ことかもしれないですね。あと、目を大きく見開いて、うなづいて、楽しく話を聞くってことかしらー。これは深谷さんが1月のメンタルでおっしゃっていて、以後特に意識してたら、仲良くなる速度が速くなってきた気もします。♪皆さんもワクワクしてるから、すでにこれはできてるよね~。素晴らしい!

    最近投げかける質問です。

    ●なぜ今個人事業?
    ⇒権利的収入が得られます。

    ●どんな人に伝えるの?
    ⇒「電気つけてますか?」
    公共料金を個人事業 VISAカードで支払うとポイントが貯まります。
    ⇒「歯を磨いてますか?」
    日用品を個人事業ブランドに変えるとポイントが貯まります。

    こんな小さなことで人脈ができるとスゴいことになります。
    買い物先を変えると人生が変わる!

  8. あやち より:

    なるほどー。そんな手もあるんですね(笑)
    と、ちょっと感激していますww
    でもこれからの時代自分の子供に高い水準の
    教育を受けさせたいとも考えていたので
    マレーシアもありだなぁと思いました(笑)

  9. あお より:

    子供にはぜひ国際的な感覚と、語学を身につけてほしいと思ってますが、マレーシアというのは今まで考えにありませんでした。確かに格安で身につけたい2つのことを身につけられる環境かもしれませんね。ちょっと具体的にリサーチしてみようと思います。

  10. ともとちゃん より:

    旦那さんを日本に残して、子供と一緒にマレーシアに移住するなんて凄いと思います。旦那さんは、奥さんの移住生活に反対とかは、無かったのかな?
    それよりも、マレーシアは10年連続で、「日本人がいずれは移住したいNo.1」だと聞いて驚きました。

  11. さき より:

    マレーシアに移住。
    テレビの特集で見たような…。
    でも、語学の事や物価が安いのは
    やっぱりいいですよね!
    何より10年連続No.1には
    本当におどろきました!

  12. kakaka より:

    旦那さんと離れ離れで暮らせる根性はすごく尊敬します!わたしは寂しく手厳しいです。逞しいです。また日本とマレーシアと国境を超えての生活…。がんばってほしいですね。

  13. kuuu より:

    旦那さんと離れ離れで暮らせる根性はすごく尊敬します!わたしは寂しく手厳しいです。逞しいです。また日本とマレーシアと国境を超えての生活…。がんばってほしいですね

  14. ぱんだ より:

    マレーシアの教育は充実感がありますね。
    治安面も安心ですね。
    移住も視野に入れて行きたいと考えてます。

  15. tsukasa より:

    海外移住は夢です。
    子供を連れての移住はかなりの下調べと覚悟がいるようですね。
    治安の面では、どこの国に行っても、自分なりに対策を考えなくていけませんね。
    少し前にTVの特集で、会社を引退された方が、ご夫婦で移住したら、紹介会社から聞いていた話とぜんぜん違う生活になってしまい、すぐに日本に帰国したいと言っていました。
    検討する際は、いろんな方に相談することが必要になりそうですね。

  16. ピーコちゃん より:

    定年後にマレーシアに移住する人って、ホント多いですよね。テレビでもよくそういう番組見ますし。海外でも、日本人の多い地域に住めば、安全だと思うし、自分の終の棲家にマレーシアを選択するもの、私はアリだと思いますよ。でも、子供の許可は必要ですけどね。

  17. なな より:

    海外移住憧れますが、異なる言語と文化の中での生活にかなり勇気がいりますよね。
    個人的には直美さんのご主人のその後が気になりました。

  18. なあな より:

    旦那さんを置いて子供二人とマレーシア!!逞しいですね。私には無理ですね、、旦那さんも浮気に懲りて奥さんを見習ってほしいですね。私の夫のいとこの奥さんがマレーシア人なのですが、頭がよく、仕事もこなしているので、そういった学習の環境の良さも関係しているのかもしれませんね。

  19. さつき より:

    海外旅行でもおっかなびっくりの私は海外移住は考えられないです!しかも夫を置いて、子供を連れてってかなりの覚悟がいりますよね。でも、お子さんが幸せならそれもアリかな…。

  20. 明菜 より:

    なるほど……。良いところ以外にも、やはり悪い面は存在するんですね……。テレビでは結構良い面ばかりピックアップしてるので、こういう情報を得れるのは助かります。

  21. ハブラシ より:

    恥ずかしながら、マレーシアが10年近く連続で日本人がいずれ移住したい国No.1だということを知りませんでした。私個人的に海外は未知の世界なので移住は考えられませんが、情報を得ることによっていずれ私も移住してみたいと考える日が来るかもしれないと思いました。

  22. 大貫 より:

    話を伺う限り、マレーシアの方が、教育が良さそうですし、なにより子どもも育てやすそうですね。ただ、テレビでは表だって出ない情報を提供してくださるおかげで、外国での暮らし方を考えさせることもあります。移住に憧れていたので、こういう情報は大変助かります。

  23. みーな より:

    テレビでもやっていましたが、仕事を定年退職して第2の人生でマレーシア移住する人もいるそうですね。私もいつかは海外移住していですが英語が全く話せないのが難点です。でも物価が安いのは魅力的です…。

  24. ぴよちゃんのパン より:

    比較的安価で教育面で期待できるのは初めて知りました。クアラルンプールに一度だけ行ったことがありますが、ほどほどの都会感がして住んでみたいな~と思いました。

  25. みるこ より:

    子供と移住…凄い方ですね!夫を置いて自分の力だけで
    生きて行くのは、本当に強い方だと思いました。
    見習いたいものです。
    そして、頑張ってほしいです。

  26. あーちゃん より:

    海外移住はいつかしてみたいですね。憧れです。
    この記事を読んで初めて知りました。
    マレーシアの10年連続日本人が移住したい国No.1ってこと。
    あまりそうゆうイメージがなかったのでビックリです。

  27. kz16 より:

    子どもの教育面でマレーシアにこんなメリットがあるとは!
    移住なんて考えたこともありませんでしたけど、子持ちの身としてはこれは魅力的!
    ただ治安の話も出ているように、総合的に見て子どものためになるかどうか見極めないとですね。
    まずは入念にリサーチをしてから、下見がてら旅行してみることにします。

  28. ガッチャ より:

    マレーシアで移住する事も凄いけど、子供を連れて行ってる事に素晴らしいと思います。
    子供の教育面もきちんと考えてらっしゃるし、母は強しですね。

  29. あこ より:

    マレーシアに移住した方の特集を以前TVで見たことがあります。
    物価などが安いので、月収は20万程度でもかなりセレブのような生活をされていて、すごいなぁと思ったことを思い出しました。
    海外生活…ちょっと憧れますよね。
    治安のことなどもあるので、憧れだけでなく、きちんと調べたり考えて行動したいです。

  30. たくや より:

    国によっては、治安(犯罪率)や所得水準を、正直に公表しない国もありますからね。また、国の中でも、島や地区によって治安が悪かったり、良かったりします。マレーシアもそういうところがあってもおかしくないなあと読みながら感じました。ただ、年間を通して気温の変化がない所やおだやかな国民性というのは今後、日本人移住希望者の熱い視線が集まりそうですね。

  31. ごんたー より:

    やはり治安はどこも一緒なんですね。でも、南国気候がずっと続いたり、子どもの教育に最適なところを考えると日本からの飛行時間も比較的近いので魅力的ですね。海外に長期滞在したことないですが、ずっと住みたいって思える場所に出会いたいです。

  32. yakusoku より:

    老後をこういった南国で。
    憧れますが、それなりに不安もある、というのが正直なところです。
    読んでいて、やはり!とまでいきませんが、それなりに大変なこともあるみたいですね。
    でも、それを補って余りある魅力を感じる、てのも、これまた正直なところです。

  33. りんりん より:

    せかせかとした今の生活を変えるならば 穏やかなマレーシア?(^^)
    いいなぁと思いました。
    お友達には脱帽です。
    旦那さんを見限って 海外に行く勇気が 私に持てるかといったら 持てないです(^^;)

    でも 勇気が出ました♪

  34. まや より:

    マレーシアいってみたいです。年間を通して30度前後の変わらない気候なんて今から寒くなって行く日本には夢のような話ですね!治安もっとよくなってくれたら南国移住計画始めたいです!笑

  35. はぁな より:

    海外移住、憧れます。
    しかし、旦那を置いて、子ども二人連れての移住は、
    余程の覚悟がないとできませんよね。
    それに文化の違い、言葉の違いなどあると思いますが、乗りきられてすごいと思います。

  36. チャビ より:

    直美さん、勇気ある決断をされましたね!
    行動力もすごくあってすごい方なんですね!
    お子さんをインターナショナルスクールに通わせているとは羨ましいです!
    日本ではセレブな世界ですよ!
    海外移住にはそういった魅力もあるのだと知ることが出来ました。

  37. るな より:

    マレーシアは教育面に対してすごく良心的なんですね!そこに一番びっくりしました。子供には学校で知るたくさんの事教わってほしいですもんね。

  38. おたこ より:

    移住したい国No.1がマレーシアとは。驚きました。ですがこちらの記事を読む限りNO.1になるのも納得かなと思いつつ・・・。私の友人で、大学を卒業してからいきなりマレーシアに行って働き始めた方がいるんですが、先日会った時に大変じゃないかと聞くとそんな事は全くなさそうで、むしろ楽しそうだったので友人の話とこちらの記事とを見て、まずは旅行で行ってみたくなりましたね。

  39. tm より:

    マレーシアっていいですよね。
    わたしも定年後にはぜひこのマレーシアに移住してみたいです。

  40. ノノノ より:

    南国への移住はみんな憧れますよね。
    物価って上昇傾向なんですか?どこの国でも移住、永住権の取得等問題はありますが、この国は厳しい気がします。
    それでも移住したい人がたくさんいるから10年連続1位なんでしょうね。
    別荘を所有して冬だけマレーシアっていうのが理想かな?

  41. 小鳥さん より:

    修学旅行でマレーシアを訪れたことがあります。フィリピンよりは、住みやすそうだし、日本人も多いので、移住を考えるのならば、マレーシアのほうがいいですね。しかし、旦那さんを置いて、マレーシアの移住は私なら無理かな…。普通の旦那さんなら、許してくれないと思うから…。

  42. きき より:

    教育費は、子どもがいるなら移住時に気にしますよね。逆に日本に移住した外国人の方々は日本の教育費についてどう思ってらっしゃるんでしょうか。すごく気になります。

  43. ともねーさん より:

    子供と一緒でマレーシアに移住し、旦那だけ残すなんて、とても意志が強いんだなと思いました。マレーシアは、治安が良さそうな事と物価が安そうなイメージがあるのでとても羨ましいなと思いました。

  44. シャリ より:

    海外移住ってすごい憧れるんですが、いざ行動に移す勇気がでません〜笑
    英語もあまり得意じゃなくて、海外行くってだけで不安だらけです。

  45. まさ より:

    最近マレーシアへの移住を考えていたので、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを活かしていこうと思います。

  46. さぁふぁいあ より:

    私は、世間が狭いので外国に住む事など頭の隅にもなかった感じです。妄想はしますが、自分の県外から出るのもどーなんだ?という私からすると夢物語の話が満載ですね。

  47. ロキ より:

    昔は日本の1/3だったんですね!?
    物価が上昇していても安いですね。。。

    それは10年連続「日本人がいずれ移住したい国No.1」に選ばれるわけですね汗

  48. 0617 より:

    こちらでは月収が6万円程度の仕事も多いし、 日本人であるというアドバンテージを 活かせない仕事をするには厳しい環境らしいですね。

  49. ゆう より:

    資産が6000万以上の条件になっても、日本人がいずれ移住したい国No.1にマレーシアは選ばれるのかな?資産6000万って結構お金持ちの人ではないですか?

  50. カモネギ より:

    マレーシアとフィリピンではマレーシア
    のほうが治安が悪いんですね。自分としては
    どちらもあまり変わらないと思いました。

  51. 雪兎 より:

    聞いてみるだけでなく実際に行ってみることが一番ですね。
    良いと聞いても実際には・・・。っていうのはよくあります。
    特に食べ物や住むところは実際にそちらに行かないと分からない情報ばかり。
    ビザ習得前にまずは1か月ほど軽く住んでみてから永住を決めた方が良いですね。

  52. makostyle より:

    最近画像でも見ましたがマレーシアってかなり発展著しいことに驚きました。わたしは、まだまだ日本は世界でも群を抜いて近代的な国だと思い込んでいますが、そうでもないのだなと思い知らされました。

  53. ドクターC より:

    マレーシアへの定年後の移住は難しくなっているのですね。気候は良いですが、物価が高くなり生活費に差があまりないなら、医療やその他のことを考えると日本で暮らした方が良さそうです。移住ではなく長期滞在ならしてみたいですね。

  54. さなえ より:

    60歳~70歳の10年間くらい、マレーシアやフィリピンで
    のんびり暮らしたいと思っています。
    でも物価が上がってきているのですね。
    私がリタイアする頃には、難しくなってるかも。

  55. あん より:

    マレーシア、日本人がいずれ移住したい国No.1なんて知らなかったです!
    でも東南アジアの中でも今勢いありますよね!

  56. かや より:

    60代の方の移住はのんびり暮らす方がほとんどかと思ったら!
    定年退職をして海外就職を目的としている場合が多いなんて知らなかったです。