フィリピンとマレーシア、移住するならどっち?

スポンサードリンク


「マレーシア移住、ガチで考えてます」

相変わらず、行動力があるがお金がないテツ(笑)。

夢だけは大きい彼が語っていたのは、一時帰国した

ラフォーレ近くのスタバだった。

以前俺が、マレーシアに移住して、蚊取り線香販売から

自社を大企業集団にまで大きくした小西さんの話をしたのを

よく覚えていたらしい。

もしあなたが身近な南国マレーシアに住むことを考えるなら、

まずは移住して滞在し続けるためのビザ、そして

安全かどうかを知っておきたい。

マレーシアがいくら魅力的でも、度々出国が必要に

なるなら不便だし、治安が悪ければ移住なんて

心もとないのだから。

スポンサードリンク

マレーシアとフィリピンのビザの比較(移住先を決める要素)

マレーシア以外に移住先として人気の高い国と言えば、

俺が住んでいるフィリピンがある。

この2つの国の共通点としては、穏やかな国民性や

物価の安さの他に、容易にビザを取得できることがある。

ビザの観点から見た場合、どちらの方がいいのか

比較してみた。

フィリピンもマレーシアも、基本的にはお金さえ

用意すれば永住ビザが取れる点では共通。

マレーシアの場合はMM2Hと呼ばれる

リタイアメントビザ。

50歳未満の場合、

約1,500万円の資産を保有し、

約900万円の定期預金をマレーシアで契約する

ことを条件として取得できる。

一方のフィリピンは、クォータービザと呼ばれる永住権。

こちらの条件はさらに緩く、一度フィリピンに

約500万円を送金すれば、クォータービザが取得でき

その後は自由に使うことが可能。

ビザの取得手続代行業者によっては、このお金の

立て替えまで行ってくれる。俺もこれを利用したが(笑)。

他の国にあるような滞在期間などの条件がなく、

いずれも自由度が高いのが特長。

ちなみにマレーシアでは、上で語った定期預金の

金額の条件を引き上げる動きが始まっている。

マレーシアの政治家の発言では、約900万円の

条件を6,000万円程度まで引き上げるとか・・・

もしこれが現実になれば、900万円でMM2Hを

取った既存の人にも、10年ごとの更新時などに

不足分の追加を求められるだろう。

永住ビザの不安定さが如実に表れているが、

この点、フィリピンのクォータービザの方が

安定しているので、俺はこちらを選んだ。

どちらの国に住みたいかがもちろん一番だが、

安定度でいえばフィリピンのクォータービザに軍配が上がる。

マレーシア移住を考えるときの懸念

12228772184_0be9b98307_b

マレーシアがイスラム教徒の多い国というのは有名だが、

移住に当たり考えたいのは宗教観というよりも、安全かどうか。

クアラルンプールや小西さんのいるペナンなどは別としても、

投資仲間ハルの話していたジョホールバルの話が気になる。

ノコギリを持った男に追いかけられたというのはさすがに

レアケースだと思うが(笑)、それでも日本刀を持った

マレーシア人の話を聞いたり、詐欺などの話は枚挙にいとまがない。

ハルは「絶対ここでは子育てはできない」と言い切っていた。

シンガポールが目の前で、海外投資先としても有名なのに。

その点、イメージよりも安全な場所が多いフィリピン(笑)。

俺にはこっちが合っているようだ。

スポンサードリンク



コメント

  1. daikoku より:

    コタキナバルいきました。ペナンも。マレーシア移住ですか・・・ないかな?(笑 こんな記事も参考になりました。学んでいきます。

    入学準備は国内にいるときに済ませておきたいし、
    少なくとも全く当てのない状態での渡航は、リスクが大きすぎる。
    仮に情報不足で移住することになれば・・・
    ワケの分からないインターナショナルスクールや
    日本人学校に入れてしまい、下手をすれば国内よりも
    低レベルの授業に甘んじることになったり、
    英語もカタコトのまま、日本語も忘れかけて、まるで来日して
    数十年のフィリピーナのような何とも中途半端な状態になったり(笑)、
    合わないので子供がやめたいと言い出したところで、
    手続きとやり取りが煩雑でひどい目にあったり。
    これらはマニラ在住のヒロコさんの例でもあるので
    リアリティがある(笑)。
    【日本にいながらバイリンガルに】
    確かに海外移住をすることで、可能性を世界レベルで
    受け止めることができるし、小さい頃から海外に出ていれば
    グローバルに生きていくための下地ができるだろう。
    俺も常々、10代から20代の日本人には「お金を借りてでも
    海外に行こう」と勧めているほど(笑)。

  2. yuzora より:

    永住権がこれほど簡単に取得できる国があったことに驚きました。治安の面では日本以外のどの国に行っても不安はありますが、魅力的な国を教えて頂きありがとうございます。

  3. はなちゃん より:

    フィリピンの永住権は意外と簡単に取れるんですね。

    ただ老後は海外に住みたい!と考えてもVISAや資金のことを勉強しないといけないですね。

  4. azur より:

    ようはたくさんのお金を払えば永住権を貰えるっていうことですよね?
    でも私にはそんな大金無理ですけど…
    お金があれば異国に移住してみたいですね
    私はマレーシアに住んでみたいです。

  5. WWJD より:

    昔マレーシアに修学旅行に行きました。突然のスコールが度々、私はあの湿気とスコールを考えるとフィリピンが良いです。

  6. ともとちゃん より:

    私も、国によって魅力的でもいちいち出国しなくちゃならなかったり、治安が悪かったら、移住の考えは少し不安です。
    共通でフィリピンとマレーシアでお金を用意できたら、永住ビザが取れるなんて知りませんでした。

  7. まさこ より:

    マレーシアってイスラム教徒が多いんですね~。海外に住むって考えた時にそうった宗教などの文化がどうなっているかって大事ですよね。

  8. kaaaaan より:

    ナイフを持って追いかけられるような事は避けたいですが、現実、どの国にいってもリスクはつきものでしょうから、現地の人に近い格好をしたり、地元の友だちを早く作るなどの対策をしたほうが良さそうですね。

  9. ayuayumi より:

    意外と簡単にとれるんですね。もっと厳しくて細かいものだと思ってたので驚きです。でもやっぱり不安がありますね。日本に比べて治安が心配です。あと、子供の教育など。移住する時はいろんなことを調べていかないと。

  10. kuuu より:

    わたしは住むならフィリピンがいいかなと思いました。フィリピンの方はいつも明るくて元気ですし、一緒にいてたのしませてくれるので寂しさを忘れさせてくれそうですもんね。

  11. アダモ より:

    「そこで子育ては出来ない」
    その一言が全てを表している気がしました。
    私はどちらかというとマレーシアかなと思って
    ましたので、勉強になりました。

  12. シーサー より:

    お金を払えば永住ビザを取得できるんですね!
    それに比べて日本は取得条件が厳しいので驚きです。
    フィリピンの方が移住のしやすさは一目瞭然ですね。

  13. 実佐 より:

    へー日本と違って、そちらではお金を払えば永住ビザを取得することができるのですね。世界のビザ取得方法が気になってきました。

  14. ハブラシ より:

    永住ビザと聞くと申請など取得するまで大変だと思っていましたが、意外とすんなり取得できるものなんですね。取得に対する事が国々によって違うということが理解できて良かったです。

  15. 春久 より:

    折角取得するのですから安定している永住ビザを選びたいのは当然ですね。価格の上がらない内にマレーシアへ住んだら関係なくなるのであればまだいいですが、改定後には不足分を徴収される懸念があるのであればマレーシア永住には二の足を踏んでも仕方がないでしょう。

  16. ガッチャ より:

    お金があれば永住できるんですね。やはり世の中はお金が物を言うんですね。
    皆んな老後の生活を考えていまがんばって仕事をし、いざ退職した時に手元にあるお金をどのように使うのか。
    有意義な生活を求めて移住、やってみたいですね。

  17. なみ より:

    フィリピンは治安が悪いイメージありましたが、またちがうんですね。行ってみたいとおもいました。イメージと実情は違いますね。

  18. chikara より:

    「基本的にお金さえ用意すれば永住ビザが取れる」
    んですね。
    不安材料としては、詐欺などの話、ですかね。
    確かにマレーシアのほうが、爽やかなイメージありますが、ビザも治安もフィリピンのほうがよい、というのは意外でした。

  19. はじた より:

    イメージや印象で、国を決めるのではなく、実際に見聞きした話や確かな筋からの情報をあてにして、移住先を決めるべきなのですね。後、やはりある程度の経済力を示す必要があるのですね。しっかり日本で稼いでおく必要があることを学びました。

  20. もちもちたまご より:

    一度クアラルンプールに行ったときは、ツインタワー近くは夜でも大丈夫そうな雰囲気がありました。シンガポールからちょっと足を伸ばしただけなので、詳しくはわかりませんが。貿易関係の仕事をしている友人は、急に通関手続きなどが変わることがあって困ると話していました。一事が万事そうなんでしょうね。

  21. TM0323 より:

    思っていたより簡単に手続きが行えることははじめて知りました。わたしの意見としては、生まれた国で一生過ごすのが一番とも考えていますが、観光程度に行くのなら安全そうなフィリピンが良いかと思いました。

  22. ぐで子 より:

    お金を積めばすんなりとビザが取れる。やっぱりそうですよね。お金がなければ移住はできないというのは基本中の基本だと思いますが、憧れがあっても実際に想像してみると大変そうです。

  23. ノリ より:

    永住する為にも結構なお金がかかるんですね…。
    しかも引き上げ…。
    マレーシアよりはフィリピンかなぁ。日本人に身近な国ってイメージが強いし、昔食べた現地の料理が合ってた。
    何にせよ仕事を起動に乗せるのが必須!

  24. 小鳥さん より:

    ビザの問題もそうですが、やっぱり結局は、たいていの物事の解決はお金でできるんですね。フィリピンでもマレーシアでも、自分が移住するのならば、治安が安全で、自分が住んでいる住宅スペースにボディーガードがいる場所に住みたいです。日本は世界の中でも安全な国でとてもよかったです!

  25. まさ より:

    東南アジアへの移住を考えていたので、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを、今後も生かしていこうと思います。

  26. ぐん より:

    6000万に引き上げるって相当な大金ですね!
    そんなお金かけてまでさすがに住もうとは思えないです笑
    そう考えるとやっぱり移住するならフィリピンですかね〜

  27. なべねこ より:

    永住権という言葉すら、思い浮かんだ事もなかった私には、知らない世界って感じです。(大袈裟?)でも、本当に考えた事もなかったので日本から異国に住むなんて。。私には、無理かもです。

  28. みかん より:

    テツさん、、、!わかりますorz
    私もお金があれば移住は考えてないですが旅行とか行きたいなって思ってます

    テツさんと違うところは行動力のなさですかね(笑)

  29. 0617 より:

    永住権という言葉すら、思い浮かんだ事もなかった私には、知らない世界って感じです。永住権という言葉すら、思い浮かんだ事もなかった私には、知らない世界って感じです。私はどちらかというとマレーシアかなと思ってましたので、勉強になりました。

  30. 中川創聖 より:

    マレーシアは高校の時に修学旅行で行きました。僕が行った町ではこれから発展しそうという感じがして未来はかなり明るい感じがしました。しかしごはんはめちゃくちゃまずかったです(笑)