マレーシアのロングステイの家賃で失敗?下見ツアーとロングステイビザ、コンドミニアムの生活費、体験ツアーなど

スポンサードリンク


物価が安いことだけではなく、英語が学べることや

国際感覚が身につくことも理由で人気の

マレーシアのロングステイ

漠然とあこがれる人が多いが、失敗せず充実した滞在ができるよう

かかる費用や条件などを知って現実的に考える必要がある。

スポンサードリンク

マレーシアのロングステイビザ。失敗しないために。条件や費用を確認

マレーシアロングステイの事情については、

人々の関心もビジネス価値もあり、

論文も出ているくらいだ。

マレーシアは、日本人のロングステイ先の

国として第1位になっている。

マレーシアに3か月以上

滞在する場合のビザの種類は、

就労ビザかMM2Hビザだ。

MM2Hビザは、

就労はできない長期滞在のみのビザだ。

これは預貯金など一定の条件を

満たす人に与える10年滞在できるビザだ。

50歳以上は約1350万、

50歳未満なら約945万円の財産証明、

このほかに月額約27万円以上の収入証明が必要。

このMM2Hビザの申請にかかる費用は7万円ほどだが、

代行業者に頼むと10~15万円ほどになる。

このほかに下見する際の費用や荷物などの送料も必要に。

マレーシアにロングステイする日本人は多いが、

失敗したり後悔したという話もよく聞く。

失敗の理由は人それぞれかもしれないが、

「天国」「思い通りの生活」など、

憧れを抱きすぎるとその憧れと

現実とのギャップが不満や失敗したという感情になる。

実際のマレーシアロングステイ経験者がブログ初公開。家賃など生活費や医療保険について

マレーシアでロングステイする場合は、

税金は払うのか?ありがたいことに、

マレーシアには消費税、

住民税、相続税・贈与税はない

固定資産税は日本より安く、

住宅地か商業用地かによっても変わるが、

100平米のコンドミニアムで3万円~4万円くらいだ。

このほかにレストランやホテルを

利用した際に払う6%のサービス税が課せられる。

次は実際の生活費だ。

家賃は、コンドミニアムか

アパートかによっても変わるし、

立地やサービスなどによっても

5万円台~20万円台とピンキリなのが実情だ。

物件をよく見て決めたほうがいい。

生活費は、夫婦二人なら

家賃を除いて10万円ほどくらいだろう。

ロングステイ経験者が実際の

生活費について書いたブログが参考になる。

https://www.hurleykun.com/monthly-budget-20171030/

またマレーシア政府観光局のウェブサイトに

日用品や1食にかかる代金の目安などが出ている。

http://www.tourismmalaysia.or.jp/long/long_2.html

医療保険は、国民健康保険は

日本に住民票がなければ入れないから

現地の医療保険に入ることになる。

マレーシアの医療水準は日本ほどとは言えない。

公立病院だと長く待たされたり

処置がよくないこともある。

外国人なら少し高くても私立病院のほうがいい。

マレーシアにロングステイする場合、

携帯電話は現地で買うのがお勧めだ

安いものが手に入るし、

SIMカードを入れれば外国人でもすぐ使える。

パスポートを出してその番号の所有者であることを

登録するだけでそれほど時間もかからない。

最後に移動手段だが、

車を買うよりは必要なときにレンタカーを借りるのがいい。

マレーシアのロングステイに

慣れて道なども分かるようになれば、

レンタカーで出かければ新しい発見もあると思う。

マレーシアでは21歳~70歳まで運転できる。

71歳以上はレンタカー会社の判断で借りられることもある。

マレーシアロングステイで大切なのは、住む物件。コンドミニアムとホテルの実情

マレーシアにロングステイする場合の

住居にはコンドミニアム、アパート、

一軒家などいろいろな物件があるが、

住む住居のタイプによって条件も違う。

アパートよりコンドミニアムのほうが高いが、

24時間ガードマンがいて安全だから

コンドミニアムのほうがお勧めだ。

ほとんどのコンドミニアムには

プールやジムなどが併設されていて、

中にはサウナやジャグジーが

あるところもあるからリゾート気分も味わえる。

アパートにはサービスアパートという

掃除やベッドメーキングなどの

サービスがついたアパートがある。

サービスアパートの水道光熱費は、

すでに家賃に含まれていることが多い。

もちろん普通のアパートよりは値段が上がる。

ホテルにも長期滞在できるところがある。

光熱費などのことを考えなくてもいいし、

ホテル内にレストランやマッサージルームが

あることも多く快適だが、やはり値段が高い。

マレーシアロングステイ体験ツアーや下見ツアー、セミナーへの参加も一つ

ロングステイで後悔や失敗をしないために、

事前に下調べや下見をすることをお勧めする

まず、毎年開かれている

ロングステイフェアという手軽な方法。

このセミナーではマレーシア以外の国に

ロングステイ吸う場合の情報も得られ、

客観的に考えられる。

開催場所は大都市が多く、

2018年は東京、2020年は大阪で5月に開催された。

https://dokodekurasu.jp/osaka2019/exhibitorlist/

このほかに、2泊または3泊で

現地を見ながら日本人駐在員から

直接いろいろな話が聞ける下見ツアーも行われている。

費用は場所によって多少違うが、3万~4万円だ。

下見だけでなく少し滞在してみて

考えたいという人には、

1週間~2週間の体験ツアーがいい。

現地でロングステイをしている人との夕食会、

英語レッスンや文化の体験などができる。

もちろん現地では日本人のスタッフからの

説明やサポートが受けられる。

費用は1週間なら10万円前後だが、

一人部屋を指定するなどの

オプションによって高くなることもある。

セミナーでも下見ツアーでも、

できるだけ多くの人の意見を聞くようにすれば、

メリットとデメリットが

よくわかって後悔しない判断ができると思う。

まとめ

今や高齢者だけではなく

働き世代の人にも人気がある

マレーシアロングステイ。

それだけにセミナーや

事前体験ツアーなどじっくり考えられるチャンスが

あるのはうれしいことだ。

ロングステイには財産証明など費用もかかるし、

外国に住むということで問題も起きる。

すべてを総合的に判断して決断することが大切だ。

スポンサードリンク