フィリピン人の妻と遺族年金、仕送りの送金などトラブルについて!妻殺害の事件も…妻にして良かったことは…スラムや駐在の妻のブログと言えば?フィリピン妻の子供を養子にするやり方やフィリピン妻海外送金還付金額、フィリピン妻海外送金控除に必要な書類、フィリピン妻の子供を日本に招聘したい場合、相続についても紹介

スポンサードリンク


フィリピン人を妻にすると、日常生活そのものが非日常に(笑)。

言葉はもちろん、日本にいても見方や考え方のちょっとした違いなど

結婚生活で学べることが少なくない。

ただし、当然良いことばかりではなくマイナス面も。

まずは魅力的な点から語ろう。

スポンサードリンク

フィリピン人を妻にして良かったこと

スポンサードリンク

日本にいた頃、フィリピンパブに行ったことがなかった俺。

それもあってフィリピン人・日本人カップルとの接点はなかったが、

マニラ移住後になぜか、フィリピーナが妻の日本人と次々に出会うようになった。

フィリピン人がパートナーである彼らの話を聞いていると

「妻がフィリピーナで良かった」と口を揃えるが、その理由も様々。

まず、おしゃべり好きな妻といると楽天的になれる。

フィリピン人は常に明るいというのはウソだが(笑)、

落ち込んでもリカバリーが早い人が多いのは確か。

現場の仕事で疲れて帰ってきても、妻と話しているとなごむし

また元気が出てくると語るのは、rubyと一緒にいる順次さんの言葉。

どんなことも一緒に楽しみ、盛り上がることができる。

一緒にカラオケやクラブに行って歌や踊りで盛り上がり、楽しい

時間を共有できる。さすがにラテンの血を引き継いでいる(笑)。

自然にバイリンガルになれるのもいい。

フィリピン移住前、横浜の中華街で一緒に食事した中田さんは

日本にいるフィリピーナの妻とも常に英語で会話をしていて、

彼自身かなり流暢だった。

フィリピン人のパートナーからタガログ語を学んで覚えたという

日本人も、俺の周りにはたくさんいる。マニラにいるカツさんは妻の

julietとの会話を完全にタガログオンリーにしたことで、今では現地人

レベル(笑)。

そして、最近は旦那の見えないところで何をやっているか分からない

日本人女性と比べ(笑)、フィリピン人の妻は変わらず一途に愛し

続けてくれる。

もちろん、こちらが絶対に裏切らなければ

という条件はつくが(笑)。

外国人だけにスキンシップを大切にし、いくつになっても

あなた次第でスイートな関係を維持できる。

経済的・精神的な自立心が強いことも、日本人男性にとっては

ありがたい。現地でフィリピン人男性を逆に養っている人が多いのを

見ても、フィリピン女性の自立心の強さは明らか。

男が仕事をするのが当たり前と考えている日本人男性と、

ぴったりバランスが合う。

働き者で綺麗好きな人が多いフィリピーナは、掃除などの家事だって

文句も言わずしっかりやる。ゴミ屋敷状態の日本人女性が社会問題化

しているが(笑)、これを考えるとかなりポジティブな要素だ。

結果的に、大好きなフィリピンに永住できる権利が手に入ったこと。

経済的、また自然災害の面から日本の将来に不安を持ち、もう一つ

居場所を確保して安心した生活を送りたいという海外移住希望者が

増えているのは、俺もひしひしと実感するところ。

「フィリピンのようなユルい国のほうが、

自分には合いますね・・・」

頭をかきながらそう言ったのは、俺と同じ

マザコン仲間の(笑)ひでさんだ。

フィリピン人を妻にして困ったこと

28193246355_13777940ca_b

何をさておき、ヤキモチがすごい。困ったことに、このヤキモチは

あなたの男友達に対してもバシバシ向けられる(笑)。

人によってレベルは変わるが、これは多かれ少なかれ

フィリピン人に見られる国民性だ。

見えっ張りで持っている物にこだわりすぎる人もいるが、それは

フィリピン人が他人の目を気にしているから。またプライドを保つ

ために小さな嘘や言い訳が多くなったりする。

日本にいるフィリピーナは日本人の習慣を理解している人も多いが、

現地のフィリピン人は完全にフィリピンタイム(笑)。あなたが寛大

であれば、逆に俺のようにゆるい付き合いのほうが楽になるが。

時間にルーズなのに加えて方向感覚がないフィリピーナも多いので、

待ち合わせにはひと工夫が必要となる。

さらに、妻と日本語だけでのやりとりを貫き通すのが厳しい場面も。

相手が日本語をある程度話せても、大事なところが実は伝わって

いない場合が多々ある。

やはりこちらも相手の言葉、少なくとも英語を覚えるのが大切。

そして言葉を覚えるのは得意な半面、

彼らが数字や計算には弱いことも知っておきたい。

フィリピン人は現地の家族や宗教的なイベントを大切にする。

日本人のあなたと意見が食い違わないよう、普段からしっかり話を

しておくことも長続きするコツだ。

フィリピン人の妻とのトラブル、多いのは仕送りの送金に関して?

フィリピン人女性の殆どは、

結婚の際に毎月フィリピンの実家に

仕送りの送金をすることを日本人男性に約束させている。

妻の実家にとって働き手がいなくなるからだ。

毎月毎月の送金は辛いが、悪いことばかりではない。

実はフィリピン人のの実家に送金していると

海外送金控除として税金が戻ってくるのだ。

日本の旦那さんから数えて、2親等の方々が扶養控除を受けられる。

つまりフィリピンのご両親と奥様の子供(連れ子、養子)がそれにあたり、

送金をしているということは、奥様のご両親を扶養していることになる。

スポンサードリンク

そして過去5年分を修正申告でき、

5年分の扶養控除分の税金が戻ってくる。

この海外送金還付金額は収入から源泉された税金の額によるが、

収入が多ければ多いほど源泉された額は大きく、

戻ってくる税金の額も大きくなる

 

フィリピンの為の送金に対し、

海外送金控除に必要な書類は、

親族関係書類と送金関係書類の二種類の証明書が必要になる。

親族関係書類は、

戸籍謄本や出生証明書、婚姻証明書が該当する。

送金関係書類は、

外国送金依頼書やクレジットカード利用明細書などが例としてあげられる。

 

さらにフィリピンのみならず、

老齢年金を受け取っている夫が死亡した場合、

同居し生計を同じくしていた妻は、

 日本年金機構に遺族年金を請求することが可能だ。

しかし遺族年金は、家族の方が日本の年金事務所に

請求手続きをしなければ支払われない仕組みなので

事前確認が必要になる。

またフィリピン人の妻の子供を養子にするやり方もある。

独身時代に産んだとするフィリピン人妻の子供

日本に招聘したいときは、遺産相続を目的に養子縁組させることで、

連れ子もビザが取得出来るのだ。

このように公的機関に申請することで、

日本の様々な手当てを受けることができる。

しかしもちろん、

送金の金額や金銭に対しての様々なトラブルは多々存在する。

控除を受けても終わりのない送金は離婚の理由の一番にもなっている。

旦那にとっては頭の痛い問題だ。

あまりに執拗な送金の要求などから、

夫婦間に大きな溝を作ってしまう。

最悪、フィリピン人の妻の保険金を目当てに

殺害してしまった事件も過去にある。

フィリピン人の妻について紹介したブログ。スラムと言えばやはり?

東南アジアの中でも経済成長真っ只中のフィリピン

安価に留学でき、

豊かな自然を堪能できるため日本人にも人気の国だ。

フィリピンという国のイメージは何か。

南国やバナナ、マンゴー、海などの

自然やのどかさをイメージするのではないだろうか。

自分はフィリピンではそういったワードよりも、

まず「貧困」というイメージが頭に浮かぶ。

途上国だからこそ富裕層と貧困層の格差は顕著なものがある。

フィリピンのスラムといえば、やはり首都マニラのスラム街だろう。

スラムの彼らは土管の中で生活をしている。

下記にフィリピンに在住している駐在員の日本人

日本人ブログを載せているので、

現地での暮らしが参考になれば幸いである。

【フィリピンマニラ駐在ワイフ日記】(現地在住者のブログ)

http://blog.livedoor.jp/move_manila/

【フィリピン駐在…駐在やそのの生活をブログで紹介!

子供や家族、ビザやアラバンのコンドミニアム、

求人や駐在員事務所について】(現地在住者のブログ)

https://moteworld.net/phils/jwinp.html

まとめ…フィリピン人の妻の遺族年金についてもサイトをチェック

フィリピン人妻と結婚する」ということは・・・?

国際結婚というと華やかなイメージをもつ方も多い。

素敵なパートナーと国を超えて互いの価値観を広げ

特別な絆を深めることができる。

しかし言葉や文化が全く異なる相手との結婚は容易ではない。

「フィリピン人を妻にして良かった」という幸せな思いから、

どんどん悪い方向に向かっていくことも・・・

今回は現地在住者が、フィリピン人妻と結婚をすることで生じる

様々なトラブルを語ってみた。

日本人男性が不幸にならないよう、

国際結婚に際しパートナーと共に苦難を乗り越えていくために、

この記事があなたの手助けになれば幸いだ。

実際には夫婦によってそれぞれ異なる苦労が存在する。

ここで紹介した内容以外にも当然、トラブルはあるだろう。

しかし国際結婚以前に、心の通じる同じ人間同士の結婚だ。

互いを尊重すること、まず思いやることを忘れてはならない。

そうすることで、どんな苦労や苦難も乗り越えていけるはずだ。

「今日はフィリピン人の妻とお台場に来ています」

久しぶりに、facebookのメッセンジャーに

仲間の花田さんからメッセージが入った。

彼のフィリピン人の妻jenniferとは、

相変わらず仲良くやっているよう。

スポンサードリンク