フィリピン人家政婦を雇うなら知っておきたい「3つの苦手」

スポンサードリンク


「フィリピン人家政婦って探せるかしら?」

青山さんは、俺がフィリピンにいろいろコネがあることを

知って、一時帰国の際の飲みの席でそんな依頼をしてきた。

フィリピン人の苦手な3つのこと(家政婦を雇う時の予備知識)

青山さんへの紹介も済み、メイドになるべく来日しようと

するこのフィリピン人のためにビザの取得を手伝ったのが

去年の今頃。

晴れて日本でフィリピン人家政婦となった、

落ち着いた話し方が特徴のwindy。

恋愛の男女の違いも理解できず、浮気が治らない彼氏に

ほとほと参っていた彼女は(笑)、

俺のオファーに快く乗ってくれた。

彼女については紹介した責任もあり、その後も

青山夫妻からは働きぶりや問題点などについて、

適宜フィードバックをもらっていた。

そこで改めて、フィリピン人の不得手とする部分が

浮き彫りに(笑)。これは家政婦を雇うなら知っておきたい。

数字に弱い

語学習得力は群を抜いているのに、なぜか数字や計算に弱い人が多い

フィリピン人。俺もパートナーのadelfaに「125割る5は?」と尋ねて

答えが返ってこないことに、目が点になった(笑)。

フィリピン人には計画性もあまりない人が多いこともあり、

もし家政婦に買い物を任せる時は、お金のことなどは

明確に指示を与えるのがいい。

時間にルーズ

母性本能が強い彼女達は子守りも一生懸命してくれるが、

子どものお迎えを任せるようなシチュエーションがあるなら、

時間も明快に決めておくこと。外で待ち合わせたりする時も同様。

時間にゆるいのは南国特有なのか(笑)。

地理に弱い

日本人女性も男性に比べて方向感覚が弱い人が

多いが、フィリピーナはさらにその傾向が強い。

青山さんは常に手書きの地図を与えていたが、

こうした配慮がスムーズな仕事につながる。

フィリピン人家政婦を雇うなら知っておきたい「性格」

22096630951_c88f020536_b

フィリピン人がヤキモチ焼きなのは有名だが(笑)、

寂しがりやなのは意外と知られていない。

そして最初はシャイな人も、話をたくさん聞いてあげると

もともとおしゃべり好きな彼女達は喜んでくれる。

また、品がない人が多いのも知っておきたい(笑)。

これは環境で決まる部分が大きい。諸外国の例に漏れず

フィリピンも貧富の差が激しく、お金持ちは日本人とは比に

ならないほどお金持ちだが、農村部を中心にほとんどが貧困層。

特に家政婦をやるフィリピン人は当然、富裕層出身ではない。

教育やモラルのしつけが家庭任せなので、高いレベルを

最初から求めることはできない。

ちなみに俺が一時的にコンドミニアムで雇った家政婦さんは、

普通に足で雑巾がけをしていた(笑)。

またメイドを雇うのは契約である以上、曖昧で済ませられない

部分はあるが、キッパリ断るとスネるので(笑)、やはり

言い方などには配慮してあげたい。

一方で、本人も頼まれるとノーが言えない性格(文化?)の

人が多い。決め事はしっかりしておくが、過剰に期待しないことも大切。

フィリピン人は自分の家族がとても大事なので、きちんと

休暇を与えたり、家族と連絡を取り合うことには寛大に。

クリスチャンであることも理解し、クリスマスやホーリーウィーク

はもちろん、普段の教会通いにも気を配ってあげたいところ。

スポンサードリンク



コメント

  1. mikako より:

    わたしも今さらながら、かけ算九九のありがたみに気づいている次第。

    一見シャープなフィリピーナも、方向音痴か。
    なんとなくかわいい(^^)

    そして、ヤキモチ焼きなのも、寂しがりやの裏返し?

  2. 小鳥さん より:

    とりあえず、日本人が丁寧で実直で真面目なことがわかりました。私は女性だし、家事全般は、裁縫以外は得意な方なので、お金を出してまで、家政婦を雇いたいとは思えません。知らない人、ましてや外国人を自宅に入れるのは、やっぱりリスクがあって怖いと感じてしまうのが本音です。

  3. ノノノ より:

    以前テレビで日本人がフィリピンだったかどうか覚えてないけど、ホテル経営をする事になって従業員を現地の女性スタッフにまかせたところ、↑↑のような特徴の人達ばかりでした(笑)。ヤキモチ焼きは初耳でしたが。
    ただお金を払えばいい。その考え方は危険だなと思いました。

  4. まりあ より:

    指示や決め事は細かいほうがフィリピン人家政婦さんのためなんですね。文化も違いますから寛大な心を持つことは雇う側としては心がけておきたいところ。寂しがり屋でスネやすいということですから「ありがとう」と「ごめんね」を忘れないようにしたいですね。これは日本人に対してもそうかもですが。

  5. ともとちゃん より:

    私は、簡単な計算は出来るけど、難しい計算は、苦手です。地理は大体、地図や行き方を調べれば大丈夫です。
    時間は、5分前行動派なので、守っている方だと思います。
    フィリピン人とはちょっと真逆ですね。

  6. しんじ より:

    家政婦って一度は雇ってみたいですね。家事ってかなり時間かかりますよね。仕事しながら完璧にできないですし。。雇う場合はしっかり自分に合った方を探さないといけない事が分かりました。

  7. いぬい より:

    家政婦を雇うのは私にとっては夢のような話ですね。数字に弱いのは人それぞれだと思いますがフィリピン人に限らずそういう方にはお金に関して細かい指示は必須ですね。

  8. りーな より:

    勝手なイメージですが、日本人は几帳面なところが多いですよね(笑)だから外国人の少しおおざっぱなところが気になることはあるかと思います。
    時間もきっちり守る!仕事でしょ!が日本はきっちりしているから、外国人にとってはそれも少し窮屈なのかなと思いました。

  9. うっふー より:

    計算がと言われると、私も自信ないかも。地理も。特に初めての地下鉄の駅を出ると目的地がどちらか分かりません。約束の時間に遅れることたびたび…。私、フィリピンの方が向いてるかも。

  10. はな より:

    どんな国の人を相手にしても、相手の特性を知って雇うkじょとがなにより大切ですよね。こちらからみると、短所と感じるところも捉え方によって長所として生かしていくことができる・・・場合もあるかもしれませんね。いずれにしても、日本人でも海外の人でも相手は自分とは違うので思うようにならぬもと思って、丁寧な対応が必要な気がします。

  11. こじまおうじ より:

    なるほどですね。フィリピン人の家政婦さんは、チェックちゃんとしないとなんですね。レターで勉強、いつも感謝です。>数週間で健康を実感するご自身とご家族の健康に関心をお持ちのモテ仲間の皆さんに、急遽お知らせです。本編でプロテインやマルチビタミンミネラルの紹介をさせてもらっていますが、関心はあるものの、予算に制約があり手が出ないとのお声を頂いています。そこで、まずは変化を実感してもらうのが最善と考えお試し版を提供することにしました。了解しました、お届けしますね。郵便番号・住所・ご自宅の名字・電話番号を頂けますか?シェーカー630円マルチビタミンミネラル3,630円×3プロテイン4,360円×3代引き手数料324円3カ月分ですとトータル24,924円になります。オーダーから5日かからずに届きます。プロテインはプレーン・抹茶・いちごの3種類あり、プレーンは豆乳のような味で、水だけですとほとんどの人が飲みづらいので、糖分のないジュースに混ぜて飲むことをお勧めしています。抹茶といちごは水や牛乳で難なく飲めますが、プレーンに比べてたんぱく質の量が少ないです。ご希望をお教えくださいね。そして了解しました^0^いつでもおっしゃってくださいね!お体ご自愛ください。

  12. ぐん より:

    わたしの知り合いにもフィリピン出身の方がいたので、記事を読んでいて確かにって思うところが多々ありました。笑
    確かに時間にルーズなところとかもあるんですが、ユーモアがあって面白い子なので許せちゃいます。笑

  13. みぃすけ より:

    全ての日本人に当てはまるわけではありませんが、やはり日本人は時間や約束に関してきちんとしてるんだなと再確認しました。国によって性格も様々なので対応の仕方も変えないといけないんですね。

  14. さつき より:

    お国柄というのも違うかも知れませんが、日本でも県民性によっては時間にルーズだったり、運転が荒かったり…と色々ありますよね。でも、初めから気をつけるポイントがわかってると接しやすいですね。

  15. きき より:

    ノーと言えない性格というのは日本人と似ていて親近感が湧きますね。フィリピンの文化も尊重してあげることが必要なのでしょうね。

  16. ジョナトン より:

    なかなか、異文化を背景にもつ方を、家政婦として雇うのは難しそうですね。日本だと、内と外という玄関をまたいで全く異なる空間という認識があるから、更に大変そうですね。

  17. あや より:

    日本でもフィリピン人の家政婦さんを雇う人がいるんですね!
    そういうフィリピン女性の行動や性格をわかっていない時に契約して
    いざ働かせたら足で雑巾がけをしていると非常識すぎて
    びっくりしてしまいますねww
    こういう知識がたくさんあると円滑にコミュニケーションができそうです。

  18. あこ より:

    家政婦さんを雇うことは私にはないと思いますがとても面白い内容だなと思いました。
    相手の得意なこと不得意なことを最初から把握することで、記事の中にもあったように、ここは明確に伝えるとか事前に配慮することができて、ストレスなくお付き合いができるなと思いました。

  19. ぶぶ より:

    家政婦雇うときちゃんとやってほしことができる家政婦を雇いたいとおもいました!
    得意不得意あるとおもうのでちゃんと聞いてから雇いたいです。

  20. みかわやこうみどう より:

    時間にルーズや方向音痴なのはあまりフィリピン人に関係ないのではないでしょうか?
    時間きっちりしてるのは、日本人くらいなものなような…。
    125割る5は私も暗算できません!

  21. ハナ より:

    時間にルーズなところや計算が苦手なところは南国チックですね。
    沖縄時間がまさにそうです。
    家政婦さんもひとりの人間ですからお仕事といえ相手のことを思ってあげられるとお互い丸くいくのでしょうね。

  22. ルーシー より:

    時間にルーズなところは何となくそうかもって思います。暖かい国の人はそうなのかなぁ?数字が苦手なのはちょっと意外でした。

  23. まさ より:

    フィリピンでの家政婦の情報は全く知らなかったので、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを、今後活かしていきたいと思います。

  24. 0617 より:

    日本人の家政婦さんだと、自分のお母さんくらいの年代になってしまってあまり頼みづらいというのが日本人の常みたいですね。その点は、外国人の方の方が頼みやすそうと考える気持ちはよく分かります。

  25. さぁふぁいあ より:

    やはり日本人は、優しいしなにより公の場でもきちんとルールを守る人が多いですよね。幼少の頃から団体行動に慣れているからでしょう。知らず知らずに体に染み付いているようです。日本の教育に感謝。

  26. ロキ より:

    日本は「家政婦」というもの自体あまり見慣れない光景なので、もし雇う方がいるときはこの予備知識がすごい役に立つと思います
    実際に私も知らなかったし知ったらあぁなるほどなと納得もできた。
    ぜひこの知識は広まってほしいな

  27. たーくん より:

    中国語の話せるフィリピン人の友達とフィリピン人のお母さんを持つハーフの女の子の友達がいます。ルーズで感受性が豊というのは良く知っていましたが、寂しがり屋というのは初耳です。「そうか、だからか」と思い当たる節がいくつかあります。まだまだ貧困層の人たちは多いですね。日本に出稼ぎに来ている人も多いようですしね。

  28. ゆうちぇる より:

    時間にルーズや方向音痴なのは、まだいいとしても数字に弱いのは困りますね。実は数字に弱いふりしてお買い物のお釣りをごまかしたりなんてことはないでしょうか?職を失うと困るからそれはないかな?

  29. カモネギ より:

    フィリピン人が数字に弱かったり、時間にルーズ
    なのは意外でした。また寂しがり屋なのも意外
    ですね。なにより国によって性格はにてくるんですね。

  30. オレンジ より:

    フィリピン人の女性は可愛らしいですね。家政婦さんでもなんでも相手を知って思いやることは大事ですね。日本は雇われるということに対して違う感覚なのかなと思います。

  31. そうせい より:

    僕も家政婦をやとってみたいですね。大人になったら。僕は全く料理できないんで(笑)東南アジアの人たちは数字がなんか苦手だそうですね。インドは例外ですが。

  32. 野田 より:

    家政婦・昔は日本にもいたのですが、今ではほんの一握りな感じですね。
    場合によっては派遣業的なところもありますが…。
    ただどちらもやっぱり相手の性格は大事ですね。
    とくにモラルやしつけの点ではどちらも同じといったところでしょうか。

  33. 時阿 より:

    頼まれるとノーと言えないところは日本人にとってなにか縁を感じますね。
    でもあれ系な事とか頼まれるとさすがにノーと言われそうな感じがします。実際にはどうなのでしょうか?

  34. あゆ より:

    フィリピンの家政婦は雇うとなると大変そうですね。私も数字や地理は苦手です。嫉妬深くてヤキモチ妬きで愛情深いですもんね。

  35. ひかり より:

    時間にルーズなのは許せないですね。
    日本人なら絶対に時間は守るし、
    10分前行動ですよね。
    その辺がフィリピンの人らしいっちゃらしいですね(笑)

  36. moremore より:

    時間とお金に弱いのはちょっとこまりますね。
    母性本能が強いのはいいですが。
    南国気質そのものな感じですね。

  37. keito より:

    日本にもいますよね。そういう人。
    女性性が強いともいえますね。
    アメリカとは正反対ですね。
    どちらがいいかという話ではないですが。

  38. カオ より:

    家政婦のいる生活は憧れますが、信頼関係とかが難しそうですよね。
    そんな余裕はないのですが参考に頭に入れておきます。

  39. より:

    地理と数字に弱いのは自分と同じだなと思うのですが
    時間にルーズというのはいやですねえ。
    きっとイライラさせられると思います。