「仕事がくだらない」と感じるのは、3つのものがないから。仕事がくだらない、しょうもないから辞めたい?プロデューサーやライターの仕事とは?くだらない、人気のない仕事ってどんなもの?

スポンサードリンク


人は生きるために仕事をしている。

毎日ご飯を食べて生きていくためには、仕事をしてお金を稼ぐ必要がある。

仕事がくだらないと思ってもやらなければならない。

それでも、仕事の時間は人生の大半を占める。

折角の人生なのだから、仕事も充実した生き甲斐のあるものにしたい

今回は、仕事がくだらないと感じる理由を分析しながら

仕事を少しでも楽しく行えるようなアドバイスを提供する。

またプロデューサーやライター、人気のない仕事などについても紹介する。

スポンサードリンク

くだらない?プロデューサーの仕事

スポンサードリンク

プロデューサーとは、映画やテレビ番組などの

映像作品を製作する際におけるプロジェクトの総責任者のことを指す。

仕事の概要は、企画の立ち上げから予算集め、

配役やスタッフの決定までと本当に幅広く統括する。

撮影が開始されると、プロデューサーは現場から一歩引くのが一般的で、

スケジュール調整や管理、スポンサー集めなどを行い全体を統括する。

プロデューサーの仕事がくだらないと言われる理由は、仕事の激務が挙げられる。

大抵のプロデューサーは、複数の番組を担当しているので

あちこちに飛び回る忙しい毎日を送っている

決められた時間内にやらなければならないことが数多くあるので、

家に帰宅できなかったり、寝ることもできない場合もある。

一方で、プロデューサーは「ものづくりにおけるクリエイター」なので、

つまらない番組や企画は許されない。

どんなに忙しくても、ものづくりにおける手抜きは一切通用しない

プロデューサーの仕事のメリットは自分が企画、制作した作品が

世の中で受け入れられた時の喜びが大きいこと

作品がヒットするほどに、自分のモチベーションが上がるのは大きい。

一方デメリットは、やはり忙しいということ

あちこちで色々な人と関わるので、コミュニケーション能力も求められる。

全体を統括するのは大変で、

自分の思うようにいかないこともあるのでストレスも溜まる。

ライターとは?場所に縛られない仕事の魅力

ライターとは文字通り雑誌や書籍、Webなどに記事を書く人のことを指す。

仕事の概要は、文章や記事作成の他に企画や取材、調査などもある。

ライターは文章を書き始める前に、企画を立ち上げてから調査や取材を行う。

次に集めた情報で文章を書いていくという流れだ。

ライターの仕事におけるメリットは、

場所にとらわれず自分の好きな場所で仕事ができること

またある程度好きな時間に仕事ができるというメリットもある。

デメリットはというと、収入が不安定なことや納期の関係で

スケジュール調整が難しいこと、運動不足になりがちになるなどが挙げられる。

ライターの仕事は副業としても人気があり、始め方も至って簡単。

まずは文章の書き方などを書籍やネットなどから学ぶ。

次は仕事を請けるわけだが、最近はランサーズやクラウドワークスなどの

インターネットを利用した働き方が充実しており、

様々な記事作成の仕事が掲載されている。

最近はこういった働き方をする人たちが増えてきている。

日本で人気のない仕事は?2chにはどう書かれている?

スポンサードリンク

仕事がくだらないと感じている人たちの書き込みは2chなどでよく見かける。

「宝くじが当たったら辞めたい」や

「続けていかないと生きていけない」など

マイナス面の書き込みが多く目立つ。

しかし中には、「やりがいがあって楽しい」や

「人間関係にいざこざがなければ楽」

などと、プラスに捉える書き込みも数多くある。

自分の感覚だが、以前に比べると仕事に対してプラスに

捉える人の割合が増えてきている印象を受ける。

日本仕事百科とは、世の中で色々な生き方や

働き方をしている人たちを紹介している求人サイトのこと。

求人だけにとどまらず、コラムやイベント、買い物など様々な機会が

用意されている「生き方を見つけられる」場所。

「しごとバー」や「しごとゼミ」など様々なイベントやワークショップを行っている。

人気のない仕事と人気のある仕事をそれぞれランキングで紹介する。

まずは人気のない仕事ランキングの上位1位から3位までを紹介。

1位  看護師(介護福祉士)

お給料は安定しているし、金額も高い方なのだが、

仕事内容が「きつい」という理由から人気がないのが現状。

高齢化と人手不足が重なり、仕事が不規則になりがちな点も理由の一つ。

2位 医者(医師)

看護師と同様で、お給料も高く一見人気のある仕事に思えるが、

こちらも人手不足で休みがほとんど取れない

常に忙しい状態で「自分の身がもたない」という理由から辞めていく若い医者も。

3位 営業職

契約件数の達成のためにノルマに追われる忙しい毎日

毎日頭を下げて回る仕事に嫌気を感じて辞めてしまう人も。

人とのコミュニケーション能力が重視されるので、

人との会話が苦手な人には向いていない仕事。

人気のある仕事ランキング上位1位から3位までを紹介。

1位 治験コーディネーター

この世にまだ出ていない薬の効果を確認するために

健康な人たちに使用してもらい、データを集める仕事。

新しく開発された薬は、「新薬」として世の中に普及されていく。

人のためになるとてもやりがいのある仕事だ。

2位 図書館スタッフ(本屋)

本が好きな人にはたまらない職業。

市の図書館や、小中高などの学校でも働ける。

3位 インストラクター

スポーツジムなどで利用者への指導を行う仕事。

ダイエットや筋トレなど様々な理由で訪れる人たちの

目的を達成させるのが役目

運動管理の他に栄養管理なども行うことも。

自分も運動することが出来て一石二鳥。

仕事 くだらないまとめ

くだらないと思える仕事でも、誰かの役に立っているのならやりがいがある

モチベーションがあれば、仕事もより一層捗るだろう。

仕事がくだらないと思うのなら、なぜそう思うのかを分析してみてはどうだろう。

すぐには答えが出ないと思うが、

仕事と向き合うことで何かが見えてくることもある。

少しでも楽しく仕事ができるように、感謝の気持ちを忘れずに頑張ってほしい。

スポンサードリンク