スウェーデンで転職…スウェーデン語の求人は?仕事をするメリットとデメリットも紹介

スウェーデンで転職するならスウェーデン語、

せめて英語は自信を持てるレベルであることが必須。

そして何より重要なのは、転職エージェント選びだ。

これを間違えると、スウェーデンで就職するのは厳しい。

おすすめはこちら。

↓↓↓頼れる味方「リクルートキャリア」

現地の事情に詳しい優秀なエージェントがいるので、

時間と費用を最小限に抑えて良い案件に出会える。

良い案件を得るためには、登録後の職歴書アップロード

すぐに行うこと。転職成功者はとにかく行動が早い。

日本でも店舗が増えてきたイケア。

外車では人気のボルボ。

おしゃれな雑貨でも有名で魅力的なスウェーデンだが、

やはり現地で仕事となると当然、メリットとデメリットがある。

この記事で紹介しよう。

スウェーデンで転職!スウェーデン語の求人と仕事する場合のメリット

1日6時間労働の企業がスウェーデンでも増えてきて、

より効率性を重視する仕事のスタイルが拡がり始めたこと。

これによって仕事とプライベートとの切り分けがより明確になり、

日本のようなダラダラ残業の長時間労働で

精神的に疲弊することがないのは魅力だ。

人間の集中力には言わずもがな限界があり、例えば8時間

働いていたら、そのうちの3時間しか実際の集中力は持たない。

さらにスウェーデンでは、あなたのやる気次第で

チャンスをつかめるという点。ここはアメリカと似ているが、

仕事の平均労働時間はアメリカでは伸びる一方だ。

スウェーデンを始めヨーロッパで働くことの魅力は、

仕事ばかりに追われないですむということ。

やりたいことをやるという自由な空気の中で、先の人生も

しっかり考えながら仕事を進めていけること。

これは日本にはない魅力といえる。

ちなみに現地に住むメリットとして、

北欧なのに家賃が安いことは嬉しい。

ストックホルムの日本人ハナの住まいは

集合住宅だが、3LDKで駐車場までついて

月4,000クローナしないほど。

福祉がしっかりしていて、例えば失業保険は次の仕事が

見つかるまでずっと払ってもらえたり。ヨーロッパ各地に

LCCなどを使って安く早く行けるのも、現地在住者としてのメリット。

実際に行った彼女のこんな意見も。

スウェーデンで仕事をする場合のデメリット

スウェーデンで仕事をする場合には、スウェーデン語がある

程度できなければ厳しいという点。英語だけでも厳しいのが

ドイツなどと異なる。

そもそもスウェーデン人は語学力を頭の良さと思っているところがあり、

スウェーデン語や、せめて英語がうまく話せないと「できない人」

と思われてしまう。

8832926346_f11797db50_b

日本でも、外国人よりも日本人を当然優遇するように、

言葉が堪能ではなく突出したスキルやキャリアのない日本人が

すぐに仕事をもらうのは難しい。

なかなか仕事が見つからないスウェーデンでは、半年から

1年などは当たり前にかかるという就活の現実を知って大学に入り直し、

自分の専門分野を見直すという人も少なくない。

ちなみにこの国では、仕事で得たお金からかなりの税金を

払わなければならないが、それでも福祉が充実している分

日本のように払い損の感じはない(笑)。

個人的には、冬が寒く厳しいことが一番のデメリットだ(笑)。

「いろいろ調べたら、ヨーロッパだとスウェーデンが

よさそうです・・・仕事ありますかね」

フリーのカメラマンだったヨシキさんは、業界を完全に変え

欧米で就職するために動いていた。

その彼が興味を持ったのは、

スウェーデンで仕事を見つけること。

頼りにしたのは、やはり

このエージェントだった。

↓↓↓スウェーデン転職なら「リクルートキャリア」

コメント

  1. にうかく より:

    スウェーデンで仕事か。チャレンジしたいですね。一度の人生ですし?>>一見硬い内容を、いつもの
    あのノリで読みやすくしてくれている。
    このニュースレターを読んでくれている
    あなたは、すでに海外と関わっているか、
    または関心がそれなりに高いはず。
    どこで何が起こるか、全く予測できない以上、
    「備えあれば患いなし」とまではいえないが・・・
    リスクマネジメントの基本は、
    知りうる情報を事前に掌握しておくこと。
    日本企業の駐在員でなくても、
    こうした情報は海を越える個人にも役立つので
    是非一読をおすすめしておきたい。

    「最近、自分が自動操縦で生きてます」
    家、学校、近所のイオン・・・(笑)
    完全にこのトライアングルの中だけで生活が完結
    していることに気づいたのは、実家のある和光の隣、
    埼玉の戸田で小学校教師をしている卓也。
    「脳はサボることが得意」
    これを明快に表した良い例だと思った。
    【無意識の作用】
    ビジネスのセミナーで「メンタル」を学んでいた頃、
    知って驚いた事実がある。
    それは、人間一人の脳がフルパワーで稼働したら
    原子力発電所レベルの膨大なエネルギーを放出するということ。
    人の消化器系は歴史の中でほとんど進化していないので、
    急速に進化した人の脳は、それに合わせてパワーを大幅に
    セーブしている。

  2. makostyle より:

    スウェーデンの一日6時間勤務というのは効率的で魅力ですね。日本人はすぐダラダラと無意味な残業をする癖があるため本当に燃費の悪い古い車のようで嫌です。こういうところを本当に早く見習わないとどんどん遅れていきますね。

  3. ななママ より:

    北欧風の雑貨とか流行ってますねー。私も好きです。
    友達がヨーロッパで働いていたのですが、時間通りに退勤しようとすると
    日本人なのに残業しないの? 日本人はしてくれると思った、と
    変なところに期待されて困ったと言っていました。
    6時間勤務はうらやましいですが、どこかにしわ寄せがあるのかな?と思ってしまいます。

  4. ユウゾラ より:

    忘れていましたが、実は少し前ものすごいスウェーデンフリークでした。彼らの作り出す物のクオリティーの高さや、仕事に対する姿勢が私に合っていたのかな?語学が堪能ならメリット多いと思います!

  5. ひかり より:

    冬場の通勤は日本でも嫌いなのに
    スウェーデンでは更に過酷でしょうね。
    英語もままならない私には
    とうてい無理でしょうね(笑)
    プライベートを大切にしているのは素晴らしいことですね!!

  6. かおるママ より:

    家賃安すぎです!地元の駐車場代より安いとか有り得ません(笑)残業が当たり前の日本よりもはるかに充実した生活ができますね。内容のある仕事を日々こなしていくことに意味があると感じる私にとっては素晴らしく魅力です。語学力はしっかりと学ぶことで解決ですし、税金がのちに損にはならないならデメリットな点は納得です。