台湾で起業するなら?メリットと資金での破滅、起業ビザと日本人の起業家のアイデア(おすすめは輸入?)、起業家ビザの相談や注意点

実は、海外に目を向けた

一部の日本人に注目されている台湾起業。

ただ当然ながら、始めれば必ずうまくいく保証もない。

この記事では台湾起業のメリットと共に

知っておきたいマイナス面も紹介しておこう。

台湾で起業するメリット

利益が手元に残りやすい

台湾での起業で大きいのは、やはり税率が低いこと。

法人税率17パーセント、個人の所得税率でも16パーセント

と日本に比べ恵まれている。

さらに台湾の現地で生活する場合はもちろん、

起業後のランニングコストを低く抑えられるのも魅力だ。

日本に近い文化や人柄の良さ

言わずと知れた親日国の台湾。日本語が話せる人が多いのも

起業においてはメリットだ。

またスタッフを現地で雇う場合には、台湾人の多くが

勤勉なところも日本人に近い気質があり、起業後

一緒に仕事がしやすい。

大きな成長を図れるフェーズ

台湾が成熟下の経済という、日本人が起業して戦うのに

得意とする時期に入ったばかりであること。

また台湾では起業に当たり、欧米や日本での流れを

前提にできるためにトレンド予測がしやすいことも、

ビジネスがやりやすい要素となる。

近距離

台湾は日本から近く、これはやはり日本人起業家にとっては魅力。

日本のビジネスマンが日帰り出張しているのを見ても

その便利さはよく分かる。

台湾で日本との橋渡しとなるような起業をする場合には、

この近さはさらにプラスに働く。

台湾起業の可能性については、以下の話も参考になる。

台湾で起業するデメリット。注意点を知らないと破滅?

一方で、台湾起業にはマイナス面も。

生産拠点にしづらい

あなたが起業したい台湾は大きな国ではないため、

工場などの生産拠点を現地に考えることが難しい。

滞在日数の制限

台湾で起業する場合にはノービザで商売ができるが、

90日という制限がある。

現地人との結婚を除いて、永住ビザを取ることが難しいのも

現地に住もうとする日本人には障害となる。

地震国

ビジネスには当然いろいろな自然環境も影響してくるが、

このフィリピンとは違い台湾では地震が多いため

経営への影響も考えられる。

ちなみに台湾に会社をつくる場合、

法人設立手続きの流れは以下のようになる。

経済部商業司に会社名・営業項目調査の

事前審査を依頼

経済部投資審議委員会に外国人申請、認可を依頼

会社設立登記申請

もしあなたが本気で台湾でのビジネスを考えているなら、

日本貿易振興機構、いわゆるジェトロに相談をするといい。

あなたが真剣であることが分かれば、

彼らは親身になって丁寧に接してくれる。

当初お金で苦労していた、台湾起業後のタキさん。

用意した資本金は50萬元、また会社継続のためには

売り上げが最低でも年間300萬元は欲しいと、

日々奮闘。彼もジェトロには何度も問い合わせていた。

またドリームゲートというサイトで情報収集するのも一つ。

ここにも台湾での

ビジネス立ち上げのための情報が揃っている。

事前に十分情報集した上で、日本人にとってビジネスが

やりやすい台湾でチャレンジを形にしてほしい。

台湾で起業するための資金はどれくらい?ビザ(起業ビザ)ってどんなもの?

台湾で起業するためには、まずは屋号・法人を立てなければならない。

法人を設立するとなると、有限公司か股份有限公司のどちらかになる。

有限公司を設立する際の起業資金は、NT$50万(175万円※2017年2月現在)。

この資本金があれば会社代表社に起業ビザが発給されるのである。

ただし台湾で起業し、続けていくのであれば条件が1つある。

それは年商NT$300万の売上額が必要ということ。

売上がいくらかどうかは税務局が把握しており、

税務局はビザを発給する労働部と連動している。

そのため、売上が満たない法人に関しては

起業ビザの更新をすることができないのだ

起業ビザ枠には、配偶者にも居住ビザがついているので、

妻や子どもを連れてくることは可能になっている。

実際に夫婦で起業をしている人も台湾で見かけることがある。

だが、注意点として、法人として起業しなければ、

起業ビザをもらうことは出来ない。

自営業として、小吃店での起業は就労ビザを発行できないので注意が必要だ。

台湾で起業する日本人におすすめのアイデア。起業家なら輸入をすべき?    

台湾で起業した日本人は数多くいる。

台湾は外食が盛んな場所。飲食店の利用者が多く、

繁盛しているように見えるかもしれない。

だが実際は、飲食店が多い分、競合が多くなり、

いつの間にかなくなっているお店もある。

そんな中、台湾でどのような起業をすれば成功できるのか。

また、日本人におすすめのアイデアはなにか。

それは台湾の商品を輸入すること

台湾の商品は中国の製品に比べ、

しっかりとした作りで、丈夫に出来ている。

さらに原価は安い

なので、台湾の安い商品を輸入し、

日本に輸出して高く売るのが、台湾で起業するにあたっての

おすすめのアイデアである。

台湾で起業するにあたって、

重要になってくるのは、ビジネスパートナー選び

親身になって相談に乗ってくれたり、

起業設立に必要な会計士選びが大切なのだ。

台湾では、税務申告などを行う人を「會計士」、

伝票などの記録を行う人を「記帳士」と呼び、

小規模の会計士であれば、

月間4,000元〜6,000元の顧問料で契約することが可能。

30066745775_9afc56afda_b

「台湾起業で脱サラしようと考えてます。

アドバイスください」

神妙な顔で寺田が相談してきた、武蔵境駅前のカフェ。

「サラリーマンの理想の小遣いは月7万円、

でも現実は平均3万円台・・・」

こんなどうでもいい話題の中で彼が熱く決断していたのが

どうも脱サラ起業、しかも台湾でのビジネスだったらしい(笑)。

「台湾で起業してみたい・・・」

日本、特に千葉方面でのダイレクトマーケティングビジネスで

お世話になったフクさん。

最後に会話してから数ヶ月後にマニラで会った時には

すでに、台湾起業を果たしていた。

やはり、できる人は行動が早い。

台湾起業の難しさ

まず、台湾での起業に限らず海外で何かする時には

長期滞在のビザが問題になるが、台湾で起業する場合

ビザはいらないものの、約3ヶ月の滞在制限がかかる。

俺がフィリピンでやったように簡単には、

台湾では永住ビザが取れない。

また台湾自体が大きな敷地に恵まれた国ではないため、

起業して物を作ることには向いていない

さらに台湾は地震を含む自然災害がそれなりに多い国でも

あるため、起業環境としての不安定さが問題になる。

こうした不利な点も考慮した上であなたが台湾起業を

考えるなら、まずはジェトロに細かく相談したり、

ドリームゲートで情報を集めることから始めるといい。

物理的な日本からの近さ、

また親日という心理的な親近感。

税率が低く利益が大きくなること、物価水準が日本より低く

ランニングコストを抑えられること、日本語が話せる現地人も

少なくないこと・・・

台湾での起業を目指す日本人が多いのには

やはり、それなりの魅力と理由がある。

台湾起業でもオフラインをおすすめしない理由

25364110889_05c43b1f84_b

俺自身がウェブ起業家であり、利益率の高さや初期投資と

固定費があまりかからないこと、自動化と努力の蓄積など

様々なメリットを考えて情報発信ビジネスをおすすめしている。

台湾ではさっき語ったような物理的な狭さや地震のリスク、

さらにこれから日本人同士の起業競争が高まっていくことを

考えると、ここでもリアルビジネスは推奨できない。

個人的に最も提案したいのは、

ブログやメルマガでの情報発信。

台湾に関すること、ここに移住を目指す日本人をサポートしたり、

ウェブメディアの構築方法自体をレクチャーして

日本円を得ることなどで、容易に起業できる。

ちなみにフクさんがオンラインでやっていたのは、

人気の台湾ツアーを大手よりもずっと格安でコーディネート。

現地人を使ってアテンドとガイドすることだった。

コネクションがあればこんなことも可能に。

また物理的な近さを考えれば、台湾で人気の物を

オンラインで販売して日本に輸出するのも起業方法の一つ。

台湾の食べ物やグッズは日本でも人気なので、

アイデアとしてこれは十分に成り立つ。

発想を柔軟にして、インターネットを利用した様々な

アイディアをまずはできるだけ多く書き出し、

あなたのできることから始めてみてほしい。

脱サラ起業に必要な心構え

毎月使える予算の枠、そして自由な時間の枠・・・

この不自由さと引き換えに安定を保障されてきた

今までの日本のサラリーマン社会。

しかしいつの間にか、正社員ですら

その保障が頼りなくなってしまった現在。

それなら今までやりたかったことでチャレンジをしよう、

収入と時間の枠を外そうと、起業して脱サラしよう

という人が増えてきたのは自然の流れ。

俺自身が脱サラして起業するきっかけになり、

今もパートナーになっているアメリカ企業の経営者。

尊敬する彼が言っていたことを

忘れずに覚えている。

世の中には、3種類の人がいる。

1つは、「庭の芝を刈る人」。やることはいつも丁寧で

良い人だが、新しいチャレンジをすることはなく

生活は豊かにならない。

2つ目は、「井戸に毒を入れる人」。他人の足を

引っ張り、例えば脱サラ起業家のようなチャレンジャーに

「できるわけない」などと言い放つようなタイプ。

そして最後は「より良い生活を望む人」。

現状に満足せず、常に向上心を持ち続け

チャンスがあれば果敢にチャレンジする。

台湾でビジネスをするような人は当然3番目のタイプで、

起業によってライフスタイルの質を上げようと努力する。

もしあなたがこのタイプなら、

こうした心構えが必要になる。

覚悟

言い換えれば、オーナー感覚。

脱サラして失敗してしまうタイプは、サラリーマン感覚

(雇われ意識)が抜けず、起業しても精神的にもしくは経済的に

何かに依存している人だったり、自ら積極的に行動に移せない人。

脱サラしたら、自分一人でやっていくんだ、

これで食べていくんだという起業家精神が

他のどんなノウハウよりもずっと重要になる。

強く思い、思い続ける

情熱を持ってやること。

そのためには、そもそも

あなたが情熱が持てることを選ぶのが大切。

儲かりそうだから、流行りだからなんて感覚で

カジュアルに始めることは危険と心得たい。

スピード感

アパレル会社を脱サラして成功している京都の益田さんに

聞いたことがある。「起業して成功するのに最も大切なのは?」

彼が間髪入れずに答えたのは「スピード!」だった。

特にビジネスの世界では、決断と行動の早さが

成功に正比例する。

高い目標

脱サラして理想のライフスタイルを描くなら、

その目標はできるだけ大きくしたい。

例えば「起業して1年半後に月収100万円にする」。

これはジャンルを選べば突拍子もないことではなく、

十分可能な範囲。

俺の周りにもダイレクトマーケティングやWebビジネスで

有名ではない個人がこれくらいの報酬を取っている例が

いくらでもある。

潜在意識は、高い目標も低い目標も難易度は変わらず、

全く同じ感覚で実現に導いてくれる。それならば

できるだけ大きなゴールを描いてしまおう。

脱サラ起業にベストな手段とは?

まず前提として、あなたが今から脱サラして

成功を目指すなら、リピートビジネスという発想を

起業にあたり心掛けてほしい。

ビジネスでは新規開拓に最もコストがかかるのは、

営業の仕事をしたことがある人なら周知の通り。

一方でリピートの場合、コストは実に

新規開拓の13分の1で済んでしまう。

そして脱サラのリスクは、もし会社を辞めて

うまくいかなかった場合に

また元のサラリーマンに戻らざるを得なくなること。

これらを考慮すると、俺自身がそうしたように

Webビジネス(ブログで集客しメルマガで

商品紹介や販売)を始めることをおすすめしたい。

サイドビジネスで始められ、初期投資が小さく、

作業を積み重ねることで報酬が少しづつ上がっていき

ファンを獲得することでリピートにつながる。

毎月の収入が安定したら、改めて独立すればいい。

まさしくこれがbest wayだ。

まとめ 

台湾で起業するための資金はいくらなのか。

また、起業ビザはどのようなもので、

どのようにして手に入れることが出来るのか。

さらに、日本人が台湾で起業するにあたって、

おすすめのアイデアは一体何なのかを紹介してきた。

台湾で起業するメリットとデメリットとは?

注意点を知らないと破滅?

資金や起業ビザ、日本人の起業家におすすめのアイデアは輸入?

台湾で起業する日本人は多い

それは、単純に台湾が好きであったり、

台湾に住みたいからというのもあるだろう。

だが、一番の理由は、自分が日本人であり、

勝負する場所が台湾だからこそ成功すると思い、

起業する人が多いのではないだろうか。

起業ビザを取得するためには、

台湾で起業するにあたって必要な資金はNT$50万、

会社を継続させるためには年商NT$300万の売上額がなければならない

また、企業は自営業ではなく、

有限公司か股份有限公司として設立しなければ、

起業ビザを取得することが出来ない。

日本人の起業家におすすめのアイデアは、台湾の商品を輸入すること

中国製よりもクオリティの高い台湾の商品を、

現地で実際に手に取ってみて、選んだものを安く仕入れる。

そして日本に高く輸出することで、利益を得ることが出来るのだ。

コメント

  1. 花川 より:

    台湾フリークなんですが。起業してみたい。そうすれば、住む動機にもなる。>西には1週間でも可能だが最初の一家月重く表にしよう
    ランディングページの唯一の目的は訪問者にメールアドレスを教えてくれるように説得することにある従ってランディングページはブログのトップページよりもずっと簡単で焦点がはっきりしてる場合が多い

    マグネットはランディングページで求めた情報の代わりに無償で何かを提供することなんとしても登録してもらうためには特別なおまけを提供する必要がある登録してもらえば質の高いコンテンツでつなぎとめることができるが16回の一方踏み出してもらうために購読したいと思わせるページを作る

    まずトップページに登録フォームを作る場合はスクロールダウンしてなくても見える右側の1
    まずはリードマグネットを宣伝するそれからメールマガジンについてくれる多くの人はこれとは逆のことをやるつまりリードマグネットを強調せず無料のメールマガジン宣伝してしまう

    トップページのオプトイン構成要素ロゴナビゲーションファーストビューにおくとインフォーム追加のコンテンツ関連画像ファースト米より下にもおくとインフォームプライバシーポリシーを日利用規約

    もしポップ先輩オプトインフォームをつけたければ英語のサイトになるがポップ先輩ドミネーションと言う会社を使える

    これからメールマガジンを始めようと言うのならまずリードマグネット強調し有するたいと話を持っていくべきである

    推奨したいのはボトム先輩おくとインフォームこれはウェブページの最下部に表示されるもの右側上部に表示される一般的な入力フォームよりも3倍から5倍の購読者を獲得できる

  2. ユウゾラ より:

    台湾も親日で食べ物もおいしそうで、きれいな人が多くて街も発展していていいイメージの国の一つです。起業してもなんか成功できそうなイメージをもっていましたが、そんな簡単なものではないのですね。

  3. ひかり より:

    台湾旅行に行った友人は
    みんな「良かった」と言います。
    それほどいい国なんですね。
    食べ物もおいしそうだし!
    以外にも地震国なんですね!

  4. ともとちゃん より:

    台湾も起業するメリットとデメリットがあるんですね。台湾って意外と親日なんですね。日本語が話せる台湾人がいれば一緒に仕事が出来て頼もしいですね。
    デメリットが日本人の永住ビザが難しいんですね。

  5. もちもちたまご より:

    確かに近くて成熟した経済というのは日本人が得意な感じがしますね。ビザの問題など旅行に行くだけではわからない問題がいろいろとあるんですね。

  6. より:

    台湾はいいですね。日本から近くて食べ物が日本人の口にも合っていそうで美味しそうだしすぐに馴染めそうな感じがします。気候も温暖そうで住みやすそうです。

  7. みーな より:

    台湾では働きやすそうです。親日国ですそ、差別も少なそうなイメージがあります。税率が安いのが魅力的ですが、ノービザで90日・永住ビザをとるのが難しいといわれたら諦めるしかないような気がしました。近いだけあって悔しいですね。

  8. makostyle より:

    税率が低いのは魅力ですね!しかし永住ビザ取得は難しいとの事ですので、この点については何かほかの方法を探す必要がありそうですね。でも台湾はいい国だと思います。

  9. みかん より:

    台湾は友好的な国なんですね。起業することは出来そうですでが壁がありそうでなかなかってところなんでしょうか。親身になってもらえるのはありがたいことですね。

  10. ゆうこあら より:

    台湾は日本語を話せる人が多いのですね。永住ビザの取得は難しいにしても、日本に近いからいろいろと準備はしやすいかもしれませんね。

  11. カモネギ より:

    台湾で起業する場合、日本に近いことと、
    利益が残りやすいのはメリットですね。
    台湾はやはり住みやすいイメージがありますので、
    行ってみたいです。

  12. ひろ より:

    台湾は修学旅行でも行くくらい
    行きやすいし、いい国だと思います。
    住みやすいイメージがありますね。
    滞在が90日とは短いし
    永住も難しいのですね。
    行ってみたいところではあります。