東南アジアに移住して仕事!人気のタイとベトナム就職の実情

スポンサードリンク


のんびりした空気や温暖な気候、物価の安さ

などを理由に「東南アジアに移住したい」。

そんな日本人が増えているが、問題はやはり仕事。

そもそも、日本人が東南アジアに移住して

仕事を続けることはできるのか?具体的な探し方は?

今回は、あまり英語が通じないイメージでありながら

人気のタイとベトナムを中心に、移住後の仕事

について語ってみる。

東南アジア移住後の仕事(タイの現状)

マレーシアの次に移住したい日本人が多い国、タイ。

現状としては、日本人の求人はまだまだ多い。

タイで就職する場合の給与水準は、職種にもよるが

30代40代以降でも日本の大卒の初任給程度が平均給与

となるイメージ。

タイでの就職経験、タイ語でのコミュニケーションが可能、

SEのようにITの技術があったりすれば2万から4万円程度

上乗せになる。

英語もできないとなると当然、日本食レストランや

日本人向けのコールセンターに限られ、給与は

平均よりも下がる。

ただタイには「働いている人のほうがお客さんよりも上」

という不思議な考え方がある(笑)。このフィリピンも

それに近いのだが。

飲食店で働く場合でも日本ほどシビアなサービスレベルを

求められないのは、働く側としては助かるところ。

タイで就職するための仕事の探し方としては・・・

タイもコネ社会なので、日本にいるタイ人の知り合いを通じて

紹介してもらったり、現地で友達をつくることを

まずはおすすめしたい。

実際、東京にいて数年前に帰国したトーンは、

タイに移住した松永に条件の良い就職先を紹介していた。

自分で検索するなら、東南アジアでの求人情報を載せて

いる「ジョブストリート」、また大都市バンコクでは

日本語でのフリーペーパーで探すことも可能。

さすがに日本人がたくさん移住している国だけある。

タイで仕事をする際の注意点としては、

ワークパーミットがビジネスビザの他に必要になることだ。

「あの日本のテレビ番組で紹介されていた、英語やタイ語が

全くできなくても移住できる国というのは多少誇張されている」

と語るのは、バンコク在住歴4年以上の政木さん。

タイでの就職の現実としては、タイ語はもちろん、

英語もできればできるほど実際の給与水準は上がる

タイにある日本人向けの不動産会社に就職した金子氏、

また日本で働きたいタイ人のための人材派遣会社に

就職した田中君を政木さんから紹介してもらったが・・・

実際は英語かタイ語での対応が

多くの場面で求められている。

そして当然、タイ語ができるほうが英語ができるよりも

就職では重宝される。タイは、俺がいるフィリピンほど

英語が通じる国ではないので。

タイの就職面接でタイ語ができる人が優先的に

採用されるのは確かだが・・・

英語かタイ語のどちらかがビジネスレベルであれば、

もう片方の語学力は問われないことが多い。

そのレベルであれば当然

コミュニケーションに問題がないからだ。

一方、タイで「日本語のみでオーケー」という

仕事に就いても100パーセント日本語という仕事はない

と知っておきたい。

実際は80パーセントが日本語で、

残りは英語かタイ語という比率。

タイ語はしばらく住めば、ゆっくりではあっても

自然と覚えていくはずだが・・・

就職や仕事以外の日常生活を快適にするためにも、

やはり現地の言葉はある程度おさえておきたいところ。

東南アジアで人気のタイ。移住して仕事を続ける魅力は?

日本人の移住先として人気のタイだが、

実際に足を踏み入れると仲間のそれとは違う印象だった。

人気の理由は様々あるが、海外の中でもタイは

俺が移住したこのフィリピンと同じように

年間を通して温暖な気候。

また食事が日本人にも馴染みがあること、

人々が温和でフレンドリーなこと。

また仏教国のタイは、文化的習慣的に

日本とかけ離れていないこと、日本と違い

災害が少ないことなど様々な魅力がある。

何よりプーケットを始め、海外でも有数の美しい

ビーチリゾートに恵まれるタイ。

同じ島国でありながら美しいビーチにそれほど

恵まれない日本からすると、やはり魅力的な要素の一つだ。

一方で、この海外のタイを旅行で訪れて気に入り

現地に長期滞在したいという人も多いが・・・

そのためのビザが取りにくいところが

大きなマイナス面といえる。

また、海外の中で今までは低めだったことでメリットの

あったタイの人件費も、少しずつ上がってきている。

タイの首都バンコクは東京のように発展しているが、

逆にいうと便利すぎて物足りなさを感じる

俺のようなあまのじゃくもいる(笑)。

海外に非日常を求めるなら、タイの中では

都市部を選ばないほうがいいだろう。

店員の態度が悪いと怒っていたのは、

一緒に渡航した英さんだった。「微笑みの国」

というから期待過剰だったのか(笑)。

16621723149_826e3bcd4e_b

東南アジアに移住して仕事(ベトナムの場合)

 
 
ベトナムはタイと同様、比較的日本人の求人が多い。
 
 
 
特にベトナムではITなど技術者の需要が高く、
 
その割に人材が足りていない。
 
 
 
あなたに能力や知識があれば、若くても
 
責任あるポジションで仕事を任されるチャンスがある。
 
 
 
 
ベトナムでは仕事をするにあたり、英語力が
 
他の国ほど求められないのは英語力のない日本人にプラス。
 
 
 
そもそも、ベトナムを始めとする東南アジアの国は
 
親日度が高く、日本人が一緒に仕事をしやすいのは大きい。
 
 
 
現地労働者の権利への関心が日本人よりもずっと高く、
 
法律による保護が厚いのも良い点だ。
 
 
 
 
ベトナムの物価や人件費がまだまだ安いところは、
 
仕事をしながら生活する点ではメリットに。
 
 
にもかかわらず日本人の給与水準は、
 
フィリピンと比べてずっと高い。
 
 
 
例えば俺が紹介された会計事務所のオフィスワークは、
 
月20万円ほどだった。この金額なら、ベトナムでの移住生活は
 
十分貯金できるほどゆとりがある。
 
 
 
 
伸びていく国で楽天的な人達に囲まれ、
 
活気を感じながら共に成長していけるのは
 
ベトナムを始め東南アジア生活の魅力。
 
 
 
ちなみに、子供と一緒に住むなら
 
ベトナムの教育水準が高いのもプラスといえる。
 
 
 
 
ホーチミンにイオン(ショッピングモール)
 
ができていたのは驚いたが(笑)、日本人にとっても
 
住みやすい環境が整いつつある。
 
 
 
ベトナムと聞いて、あの田んぼの風景だけを
 
想像していると、どんどん時代遅れになる(笑)。
 
 
 
 
一方で、ベトナムでの仕事にはマイナス面も。
 
 
 
いわゆる「赤い日」が少なく、休み自体が多くないこと。
 
 
クィンは、ベトナムは日本よりも
 
祝日が年間6日も少ないと文句を言っていた(笑)。
 
 
 
 
また仕事に就いても、新人教育が行き届いていないため
 
自分でどんどん仕事を吸収していくスタンスが求められる。
 
受け身では厳しいという点。
 
 
 
 
そして発展途上国にありがちだが、官僚の力が強く
 
法制度やそれに伴うインフラに不安定な部分があること。
 
これは現地で仕事する場合にも、少なからず影響がある。
 
 
 
このフィリピンも同様だが・・・コネを持っているかどうかの
 
影響が大きい。これは仕事を探す段階でも、その後
 
職場で出世しようとするタイミングでも関わってくる。
 
 
 
 
ちなみにベトナムのような国では、
 
日本人にあるべきビジネスマナーが重宝される。
 
 
 
これは言葉以上に大切なところであり、
 
海外に来たからといってあえて崩す必要もなく、
 
むしろ大切にしたい部分だ。

東南アジアのベトナムに移住して仕事。起業するなら?

ベトナムはフィリピンと同じように

成長している東南アジアの国の一つ。

起業という選択肢もあるが、

日本人がここで起業する際に知っておきたいことがある。

まずは、物価・人件費など

経営のランニングコストが安いのが

売りのベトナムだが・・・

特にモノづくりには輸入に頼る部分が大きく、

物をつくるコストが少しずつ上がってきている。

さらにいえば人を使う時のお金もそうで、現地の雇用の

ための法律を背景に、人件費が徐々に上がりつつある。

また飲食業や小売業の2店舗目以降の

出店規制があることは、ベトナム起業を考えている

日本人にも知らない人がいた。

ただ、やはり7パーセント以上の成長というGDP。

人口の増加とともに拡がり続ける大きな市場は魅力だ。

そしてベトナム人が働き者であるところは、

特に現地で労働力を確保したいというあなたには

メリットといえる。

このフィリピンと同じように、国民の平均年齢が若いことも

労働力としてはもちろん、将来飛躍する可能性の大きさを

示すもの。

そして意外と知られていないが、ベトナム人は

ポジティブ思考の人が多い。日本人に好意的なのも

当然ビジネスを進める上でプラスになる。

今の日本と違い資源も豊富。

せっかくの魅力ある市場なので、

アイデアを持ってしっかり活用していきたい。

まとめ。東南アジアに移住して仕事するならベトナム

起業にはリスクもあるが、東南アジアに移住して就職するなら

ベトナムを個人的におすすめする。

ヘルシーな食事や人の気質が日本人に合うこと、

生活費の安さと給与水準の高さなどを総合的に考慮した結果だ。

もちろん街の汚さや治安面の不安など、

人によって合う合わないがある。

オンラインの面接だけで仕事を決めて

現地に向かうよりも、できれば事前に渡航して

下見できればベスト。

スポンサードリンク



コメント

  1. なみ より:

    日本人は英語を習っていて多少はしゃべれるという自覚をもっているほうがいいと最近思いました。自信をもつことも重要ですね。