ウズベキスタンの女性の性格や顔(眉毛)、服装って?女の一人旅も可能?美人と結婚したい…紹介や女性の地位、名前など

スポンサードリンク


ウズベキスタンの女性と聞くと、

日本人に比べ、顔の濃いイメージがある。

さらに、はっきりとした顔立ちの美人が多いように感じる。

では、実際にウズベキスタンの

女性はどのような性格で、美人が多いのか。

下記で説明していこう。

スポンサードリンク

ウズベキスタンの女性の性格は?地位が反映している?

ウズベキスタンの女性の地位は低い

ウズベキスタンの結婚は、親同士が決めるもので、

自由に恋愛することが出来ない

現在の日本のように、

好きになった相手と結婚することはできないのだ。

また、女性は家での家事や育児を任されており、

夫の言いなりになるのが基本。

以上のように、ウズベキスタンの女性の地位は、

昔の日本の考え方と似ているのが特徴。

しかし、最近でのウズベキスタンの

女性の地位は変化しており、

仕事に行くこともできるようになってきた。

性格はおおらかで、おしとやか

恋愛においては、結婚するまで処女は守らなければならない。

一歩後ろを歩き、控えめで、

男性を立てるような古き良き

日本の女性に近いイメージである。

日本の昔の文化と近いこともあって、

日本人男性とウズベキスタンの

女性は相性が良いようだ。

親日家も多く、ウズベキスタンの女性に

日本人の男性を紹介すると喜ばれることが多い。

さらに、ウズベキスタンの女性の名前には、

花や月といった、自然に関する美しい名前が付けられている。

ウズベキスタンの女性の顔は眉毛に特徴あり?美人が多いの?

最近は日本でもしっかりとした

眉が流行っているが、ウズベキスタンでは

その上をいく、濃い眉毛が特徴

ウズベキスタン人の中での美人は

日本の感覚とは異なり、眉毛がつながっていることが、

ウズベキスタンでの美人とされている。

ウズベキスタンは、西洋と東洋の国の血が

混ざりあっており、肌の色は様々。

ロシア人や白人に近いような美白であったり、

アジアに近い黒めの肌、また、

日本人に近い肌の色をしている。

多くの国の血が混ざりあっている為、

ウズベキスタンには美人が多い。

しっかりとした顔立ちに、

美しい大きな目ときれいな鼻筋が特徴になっている。

また、彫の深さが美の特徴でもあるため、

メイクは濃いメイクが主流。

チークをしっかりと入れ、それぞれの肌に

合わせた濃い色のリップをチョイスしているようだ。

ウズベキスタンの女性の服装。意外と買い物が好き?

砂漠地域のウズベキスタンは、夏は50度、

冬はマイナス20度にもなるほど、寒暖差が激しい。

どんなに暑くても、ウズベキスタンの女性は

宗教の関係で、肌の露出が出来なくなっている

常にストールのような布を頭からかぶるのが、

マナーとなっている。

ウズベキスタンはコットンの町として知られ、

ウズベキスタンの女性は、

様々な色に染められた美しい生地の服を着ている。

街には可愛らしい小物や、手の込んだ美しい色の服が

並んでいるためか、ウズベキスタンの

女性は買い物をよくしている。

ウズベキスタンの女性の服装は、

上は手首まで隠れるゆったりとしたワンピース。

下はもんぺのようなゆるめの長ズボンを履いている。

靴はウズベキスタン独特の幾何学柄。

こちらも美しい色に染められ、華やかさを感じる逸品だ。

しかし、近年のウズベキスタンの都心部では、

日本やアメリカなどと変わらない、

カジュアルなスタイルの女性も増えているようだ。

ウズベキスタンは女性でも一人旅できる?

ウズベキスタンは、日本と同じくらい治安が良く、

一人旅でも安全。

夜、ひとりでも女性一人で行動することが可能な程だ。

ただし、治安が良く安全な地域は、

ウズベキスタンの都心部と観光地だけ。

都心部から離れた地域や国の境目は、

反政府組織がいたり、テロが起きる可能性がある。

また、観光地と都心部には警察が異常に多い。

さらにウズベキスタンの警察は、

日本と違い、異常なほどの持ち物検査や、

スマホデータとカメラのデータを調べられることがある。

警察に取り調べを受けた場合は、素直に従うのが無難。

ウズベキスタンへ旅行をする際の注意点としては、

スリやひったくりが多いところ。

特に日本人の観光客は狙われやすいので、

買い物に夢中になったり、楽しくしゃべっているところを

狙われることがあるので注意が必要。

そして、宗教の関係で、女性の肌の露出はタブー

また、ボディラインが分かるような服装

NGとされているので、そのような服を着る場合は、

一枚ストールを羽織るなどの工夫が必要となる。

まとめ

親日家が多く、日本のアニメ好きが

多くいるウズベキスタン。

そんなウズベキスタンの女性は、

おしとやかで家族思いの美人が多い。

最近のウズベキスタン人は、

学校でウズベク語、ロシア語、英語を学んでおり、

言葉の壁がなければ、会話も弾むことだろう。

服装は肌を見せないことが宗教上必須とされているが、

近年の都心部では、日本のような

カジュアルなスタイルの女性もいる。

ウズベキスタンへの女の一人旅は、

ひったくりやスリに注意すれば、

都心部と観光地では可能。

多くの国が混ざり合って出来ているウズベキスタンは、

日本人だから、など民族の壁を感じることはなく、

どんな人でも受け入れてくれる優しい地。

ぜひこの機会に、安全で、オシャレな衣装が

待っているウズベキスタンへ、行ってみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク